アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!



    アニメで成功した『少年マガジン』からの漫画!ランキングが意外な結果に・・・


    1959年に創刊し、60年以上の歴史を誇る漫画雑誌『週刊少年マガジン』。スポーツを題材とした漫画やヤンキー漫画、ラブコメなど数々の名作を生み出し、アニメ化された作品も数知らず。そこで今回は、アニメ化に成功したと思う歴代の『週刊少年マガジン』連載作品がどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 ゲゲゲの鬼太郎
    2位 東京卍リベンジャーズ
    1位 ???
    全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    1位は『金田一少年の事件簿』!


    名探偵・金田一耕助の孫にあたる高校生の金田一一(はじめ)。大人顔負けの鋭い洞察力を発揮し、周囲で起きる謎多き事件を解決していく。「オレが真犯人を必ず暴き出す!じっちゃんの名にかけて!!」が決めぜりふ。

    放送時期:1997年~2000年
    原作:金成陽三郎
    原案:天樹征丸
    漫画:さとうふみや
    キャスト:松野太紀金田一一 役)、中川亜紀子(七瀬美雪 役)、池澤春菜(金田一二三 役) 他

    2位は『東京卍リベンジャーズ』!


    2017年より連載中。パッとしない人生を過ごしていた主人公の花垣武道が、とあるきっかけで12年前の人生絶頂の頃にタイムリープ。12年後に事件に巻き込まれて死亡した、武道の唯一の恋人だった橘日向が死亡しない未来に変えるため、人生をリベンジしていく。

    アニメタイトル:東京リベンジャーズ
    放送時期:2021年
    原作:和久井健
    キャスト:新祐樹(花垣武道 役)、和氣あず未(橘日向 役)、逢坂良太(橘直人 役) 他

    3位は『ゲゲゲの鬼太郎』!


    週刊少年マガジン』では1965年から1969年まで連載。1967年までは『墓場の鬼太郎』というタイトルで掲載されていたが、1967年11月より『ゲゲゲの鬼太郎』へ改題。幽霊族の少年・鬼太郎が、人間やこの世に悪さをする妖怪たちを懲らしめる物語。

    放送時期:1968年(第1期)~2020年(第6期)
    原作:水木しげる
    キャスト(第6期):沢城みゆきゲゲゲの鬼太郎 役)、野沢雅子目玉おやじ 役)、古川登志夫ねずみ男 役) 他

    このように、2010年代には続編もテレビアニメ化された『金田一少年の事件簿』が堂々の1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~56位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたがアニメ化に成功したと思う歴代の『週刊少年マガジン』連載作品は、何位にランク・インしていましたか?

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票合計数:1,125票
    調査期間:2021年11月01日~2021年11月15日
    アニメ化に成功したと思う歴代の『週刊少年マガジン』作品ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    『週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン、英: WEEKLY SHONEN MAGAZINE)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年3月17日創刊。毎週水曜日発売。略称は 「マガジン」「週マガ」。 W3事件の際、手塚治虫が『週刊少年マガジン
    88キロバイト (8,871 語) - 2021年11月30日 (火) 15:02


    筆者コメント
    まさかの1位が「金田一少年の事件簿」です。申し訳ありません。実は私は金田一少年の事件簿を観たことないんです。探偵・・ですか?ファンが投票した結果です。いつか観てみたいと思いました。2、3位は納得の漫画ですね。パチパチパチ・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【アニメで成功した『少年マガジン』からの漫画!ランキングが意外な結果に・・・】の続きを読む



    【ゲーム】「買って持って帰るまでが楽しい」って思ってしまうゲームがこれ!


    画像はイメージ

    先日、『スーパーロボット大戦30』を購入した。久々にスパロボをやるのでワクワクしてたんだけど、UI面はかなり洗練されてたものの、ちょっと戦闘デモのカクつきが目立った。

    初期型のプレステ4でやっていたこともあるから「こっちのハードの問題かな」と思っていたが、ちょっと検索すると大勢が同様の不満を口にしていたので「仕様か」と納得した。

    デモのカクつきがヤバい場合はスキップして見ないふりも出来るんだけど、よりによってラスボスの戦闘デモがかなりカクカクしていたのにはさすがに閉口した。さすがに最後の戦いぐらいはフルで観たかったのになぁ。

    さらに発売後のアップデートでユニットが1体消えるというバグも発生して、既にそのユニットを主力にしていた僕は呆気にとられた。あと、まだ仲間にしてないキャラクターがイベントシーンに既に仲間入りした後の様子で普通に登場するという展開もあったし。

    こんな具合に、序盤こそ大目に見て高評価のまま楽しみたかったのに、だんだん嫌になってきたソフトに、令和に入って初めて遭遇してしまった。多分もう2週目はやらないと思う。

    シャアが最後までFA百式改を愛機にしてて、赤い機体に乗らないことを徹底してる部分は納得できる理由付けがあって好きなんだけどね。(文:松本ミゾレ)

    ゲーム買ったものの「そこから先やるのはめんどくさいです」という声

    と、冒頭から愚痴ってしまったが、今回のテーマに一応関係があるのだ。先日、ガールズちゃんねる「ゲームを買うまでが楽しい」というトピックが立っていた。このトピックを立てた人物は、ストレスが溜まるとゲームを買いたくなるのだそうだ。

    「どんなゲーム買うか考えて実況とかレビューとか色々調べてワクワクしてレジに持っていき、電源ボタン入れるまでがピーク。そこから先やるのはめんどくさいです。自分でもその状況を理解しているのですが、その電源ボタンまでのピークのためにお金を払ってる状態です。なのでもっぱら中古で買って中古で売るようにしてます。買い物依存症も似たような感じなのかなぁと思ってますが、同じような方いますか?」

    なるほどなるほど、この人の場合はとにかく買うまでの期待感がとにかく大きく、手に入れてしまうと興味を失うタイプのようだ。そんな人もいるんだなぁ。

    でも、これが仮に本人が危惧するような買い物依存症めいた状況だとしても、ブランド品を買いあさっているわけでもないので、そういう意味ではんまり害はないような。もちろん、せっかく買ったゲームをちゃんとクリアしないまま手放すというのは、ゲーム好きからしたら意味が分からない行動ではあるけれども。

    人によって、買ったゲームに興味がなくなるタイミングの違いはあれど…

    僕としては一応、買った以上は一度はクリアしたほうがいいと思っちゃうところ。途中で投げ出すってのがなんか悔しいという気持ちがあるので。

    しかしこの方の場合は買って電源を入れるまでがピーク。そこで興味を失ってしまうわけで、ゲームの総プレイ時間はかなり短いだろう。でも程度問題というか、人はどこかしらのタイミングで絶対ゲームに飽きる瞬間ってのはある。

    たとえばもうラスボス直前、最後のセーブポイントまで到達したら「なんかもういいや」ってなる人もいる。本筋に触れず、サブクエをやりまくって燃え尽きて「俺の冒険はここで終わってしまった!」と感じてやめちゃう人もいる。

    みんな一つのゲームに対して熱心に取り組んで、トロコンするまでやるわけじゃないのだ。実際、このトピックにもこの悩みに対しての理解を示す声がある。いくつか引用していきたい。

    わかる。いざプレイすると疲れる。歳だと思うw」
    「30過ぎてからそうなってきた。『エスプレイド』とか『ダライアスバースト』とか買ったけど全然やってないや。どうぶつの森』みたいな反射神経ほとんどいらないようなのしか遊ばない
    「子供の時は、飽きずに何周もしてたのにw いまや、全クリする前にすぐに苦痛になって放置してそのまま忘れ去る」

    と、こんな具合に、途中でしんどくなってやめちゃうという人は少なくない。しんどくなってやめるという結果は同じなので、買って電源を入れたときがピークっていう人だって別にそこまで異端ではないのかもしれない。まして現代はゲーム以外にも娯楽が多いので、どうしてもそれ1つに集中できない場合もあるだろうし。

    ちゃんとやれば面白いゲームなんて今もいっぱいあるんだけど、モチベーションを維持し続けるってなかなかしんどいのだ。

    「ゲームって、買うまでが一番楽しいような…」 たしかに実際にプレイすると肩透かしをくらうケースもあるよね


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スーパーロボット大戦30』(スーパーロボットたいせんサーティ)は、2021年10月28日にバンダイナムコエンターテインメントから発売されたNintendo Switch、PlayStation 4、Steam用ゲームソフト。 ロボット作品のクロスオーバーゲーム「スーパーロボット大戦
    21キロバイト (2,524 語) - 2021年12月3日 (金) 03:15


    筆者コメント
    この記事内容の思い、すごく分かりますよね。私もよくお店でパッケージを見て面白そうなゲームを購入するんですが、買って帰ってワクワクしてプレイしてみると、全然そうでもなかったってことスッゴクあります!!敢えてどのゲームとは言いませんが、ガッカリしますよねww
    だから買って帰るまでが一番楽しいということですねww

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ゲーム】「買って持って帰るまでが楽しい」って思ってしまうゲームがこれ!】の続きを読む

    このページのトップヘ