アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!



    中国が作る「日米ゾンビゲーム」がすごいとかなり話題に!発想とクオリティに感激!!しかしコメントがエライことに・・・


     近年、中国企業が制作するゲームの質が大きく向上しているが、ここにきて中国企業が「日本を題材」にしたゲームを作ったという。日本に文化侵略された昭和の米国でゾンビと戦う、という設定のゲームだ。中国のQ&Aサイト・知乎はこのほど、中国企業が作ったゲームが、意外と外国人に受けていると紹介する記事を掲載した。

     記事の中国人筆者はまず、このゲームの内容を初めて知った時、「テーマも内容もあまりに突飛すぎる」と感じたそうだ。それもそのはず、「日本の昭和時代と、日本に文化侵略された米国のストーリーという組み合わせ」は、イメージするのが難しい。しかもそこにゾンビが出てきてB級ホラー映画のような作りになっていると伝えた。

     中国人筆者によると、内容を聞くだけでは突飛に感じられるが、「予告編を見た中国人ゲーマーは、ほとんど全員が親指を立てた」そうだ。全くあり得ない設定だからこそ面白いという心理と、昭和設定の米国にちりばめられた日本製品の広告や日本風の地名など、細かな設定が良くできていると感心したと伝えている。

     しかも、このゲームの反応は意外と「外国でも良好だったらしい」と紹介している。中国人ゲーマーらは、自分たちは気に入ったが、外国人はどう感じるか、特に日本人の反応がどうか気になっていたようだ。しかし思いがけず日本人を含む外国人から評判が良く、むしろ期待されているようだと嬉しそうに伝えた。確かに日本のネット上でも好意的な声が多いようだ。

     記事の中国人筆者は、中国初のゲームがとうとう世界に広まり、日本人にまで期待されていることに満足している様子だ。日本を追いかけてきた印象の中国のゲーム業界だが、ずいぶん質を高めてきていることが分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    中国企業が制作した「日本を題材」にしたゲーム、「日本でも期待の声が!」=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    シューティングゲームの分類方法はいくつもあるが、視点、スクロール方向、攻撃手段などによって分類されることが多い。大別すると、2Dシューティング / 3Dシューティング、ガンシューティングゲームに分類される。#分類・種類 広義のアクションゲームの下位概念、と分類する方法もあり、アクションゲーム
    88キロバイト (11,926 語) - 2021年12月19日 (日) 17:53


    筆者コメント
    私もこのゲームはとても楽しみです。
    日中米が関係するゲームなんてすごく珍しいじゃないですか?

    舞台は日本に文化を乗っ取られたアメリカで、なぜかゾンビを倒すゲーム。聞いた感じは「はぁ?」ってなりますが、興味深いです。

    私も発売と同時にやってみます。

    しかしまぁ、下のコメント荒れてるなぁww

    <このニュースへのネットの反応>

    【中国が作る「日米ゾンビゲーム」がすごいとかなり話題に!発想とクオリティに感激!!しかしコメントがエライことに・・・】の続きを読む



    映画「呪術廻戦」公開!漫画・アニメが日韓関係を良くする秘密兵器だった!!!


    (金 愛:フリージャーナリスト)

    JBpressですべての写真や図表を見る

     日本や世界で話題となっているアニメ「呪術廻戦」初の映画「劇場版 呪術廻戦 0」が2月に韓国で公開されることが決まった。反日不買運動の余波が残っていた韓国で大成功を収めたアニメ映画鬼滅の刃」に続き、多くの人々が「劇場版 呪術廻戦 0」の公開を心待ちにしている。

     いまや韓国メディアで「ノージャパン」を目にすることはない。若い韓国人は日本のアニメを楽しんでいる。

    ノー・ジャパンを終息させた日本漫画

     2020年に「呪術廻戦」がテレビアニメ化されると、韓国でもアニメ専門放送局のアニプラスと動画配信サービスのワッチャが放映して人気を集めた。「劇場版 呪術廻戦 0」についても、「ドラえもん」やスタジオジブリの作品など、日本のアニメを輸入している韓国・大元メディアが放映権の取得に名乗りをあげた。

    劇場版 呪術廻戦 0」の公開を前に、韓国ファンの期待は高まる一方だ。

    呪術廻戦シリーズ」を読み漁ったという30代の男性Aさんは、「内容を知らない友達と一緒に映画館に行く。この面白い漫画を一人でも多くの人に見てほしい」と話している。

     日本における「劇場版 呪術廻戦 0」の興行収益と観客動員をリアルタイムオンライン掲示板に投稿しているBさんも、「韓国公開を控えた今、『劇場版 呪術廻戦 0』の成功を祈っている。反日を離れ、私が愛する呪術廻戦の興行が日本だけでなく、韓国でも大成功することを願っている」と続けた。

     韓国で「劇場版 呪術廻戦 0」の公開が大きな関心と期待を寄せている背景に、昨年、大成功を収めた映画「劇場版鬼滅の刃無限列車編」の影響があることは間違いないだろう。反日不買を完全に終息させた映画である。

    劇場版鬼滅の刃無限列車編」の放映権を取得したのは、SMGホールディングスという従業員十数人の小規模な映画会社だった。日本製品の不買運動の余波とコロナ禍の影響もあり、SMG社が期待したのは20万人から30万人程度の観客動員数で、最大でも50万人を超えることはないと見ていた。

     ところが、蓋を開けてみると人気は沸騰。旭日文様を巡る論争を呼び起こして「反日不買運動」の標的になったが、210万人の観客を動員し、ユン・ヨジョン主演の「ミナリ」(109万人)を抜き、2021年度の観客動員数で2位を記録した。

    韓国の出版産業を救った日本漫画

     また、紙の書籍離れによって苦境に喘ぐ出版業界や書店業界にとって、日本漫画は文字通りの救世主になっている。日本関連の書籍は、2019年夏から広がった日本製品の不買運動で落ち込んだが、一時的な減少に過ぎなかった。日本のコンテンツから逃れられない韓国人の姿を浮き彫りにしたといっていいだろう。

    鬼滅の刃シリーズは、オンライン書店「イエス24」で、2021年上半期の漫画ベストセラーの1位から25位までを独占した。その結果、上半期における漫画分野の販売額を前年同期比で30%も押し上げた。

     韓国最大の書店チェーン「教保文庫」の週間ベストセラーも同様だ。漫画『鬼滅の刃』最終巻は2021年3月の出版以降、1カ月以上連続して総合部門1位を記録した。教保文庫で漫画が総合1位になったのは、2014年の韓国作家ユン・テホ氏の「未生」以来、7年ぶりである。

     教保文庫の昨年上半期の漫画販売額は前年同期比61%増で、最多販売を記録した。中でも日本漫画は67%増である。 日本の漫画が韓国漫画出版産業を救ったというのは誇張でも何でもない。

     教保文庫が分析した「鬼滅の刃」の購入層は、20-30代が55.6%、女性が68.1%で、20-30代の若い世代と女性が「鬼滅の刃」に熱狂したことになる。

    反日を超える日本コンテンツが描く未来

    鬼滅の刃」に魅せられた韓国人は他の日本漫画にも関心を寄せた。「ドラゴンボール」「スラムダンク」「ONE PIECEワンピース)」など、ブームが過ぎた日本漫画コンテンツも注目を浴びて市場が拡大した。また、ネットフリックスやワッチャといったオンライン動画サービスでも日本アニメに接する韓国人が増えている。

     韓国の日本漫画市場は、1990年代に「ドラゴンボール」「スラムダンク」「クレヨンしんちゃん」が、2000年代には「ONE PIECEワンピース)」や「花より男子」などが人気を集めた。「クレヨンしんちゃん」は現在も韓国人から愛されている長寿番組の一つである。

     金大中大統領は、1998年から2004年までの6年間に、日本の大衆文化を4回にわけて開放した。日本の漫画が堰を切ったように韓国市場を席巻し、「クールジャパン」という言葉が流行るほど、韓国の漫画やコンテンツは日本風に染まっていった。根強い反日感情も、日本漫画への愛情を阻止することはできなかったのだ。

     韓国人は、高いクオリティを誇る日本の漫画を愛している。「鬼滅の刃」に続く「呪術廻戦シリーズに対する愛情も、反日感情を上回る。韓国のアニメファン文在寅政権における反日の不条理を感じ、体験したが、今後政権がどのように変わろうとも、韓国の日本漫画人気が衰えることはないだろう。

     現与党議員でさえ「銀河鉄道999」や「ガッチャマン」のコスプレで反日を叫んでいるのだから。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  鉄条網を乗り越え韓国にたどり着いた脱北者が独裁国家に戻る理由

    [関連記事]

    日本産食材を心待ちにする韓国人に背を向ける左派政権の輸入規制

    北朝鮮軍の軋轢で始まった主席宮攻防訓練の激しすぎる結末

    韓国の出版・書店業界を救った日本の漫画(写真:Lee Jae-Won/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アニメーション > アニメ アニメは、アニメーション(英語: animation)日本語における略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事ではとくにことわりがなければ主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ、劇場アニメ、OVAなど)について記述している。
    110キロバイト (15,786 語) - 2022年1月18日 (火) 05:14


    筆者コメント
    日本の漫画・アニメはどの国にも評価され、国同士の関係を良くする秘密兵器だと私は思っています。
    難しいことは政治家に任せて我々一般市民は仲良く互いの文化を学べば良いと思うんですがね?

    でもやっぱり私の身近にも「韓国人がどうの、中国人がどうの!」言ってる日本人がいるんですよ!
    何かされたならまだしも、ウダウダと細かいこと言って恥かかせるんじゃないっての!

    日本人は仏の如くドンと構えてようよ?
    でないと小物に見えるよ?ww

    <このニュースへのネットの反応>

    【映画「呪術廻戦」公開!漫画・アニメが日韓関係を良くする秘密兵器だった!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ