アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。

他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。

最新情報をお届け致します。


    Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

    これです。

    消費者トレンドなど市場調査を行なうNPD Groupによると、アメリカ史上最も売れ行きのいいゲーム機は、販売台数の点でも、売上高の点から見ても、PlayStation 5なことがわかりました。

    先日、NPD Groupの専務取締役Mat Piscatella氏が調査報告を発表。いわく、PS5は、アメリカで発売後5ヶ月でもっとも販売台数の多いゲーム機になったと。先月、同じくPiscatella氏が、売上高でPS5アメリカ史上最も売れ行きのいいゲーム機の記録を出したと報告していたので、今回のと合わせて、PS5が販売台数・売上高ともに、アメリカ史上売れ行きが最っっっっ高のゲーム機ということに。半導体不足と転売ヤーの悪夢に悩まされるPS5ではありますが、強いの一言。

    残念ながら詳細な数字までは明かされてはいませんが、Piscatella氏いわく、アメリカでの今年のゲーム機への消費状況は爆増。アメリカ2021年第1四半期のゲーム関連(ゲーム機コンテンツ、周辺機器など)への消費は149億ドルで、これは2020年同時期と比較して30%も増えているといいます。

    ソニー2020年度第3四半期決算にて、2020年のみで(発売は11月PS5のグローバル販売台数は450万台だったことが明らかになっています。さらに、今年2月の報告では、十時裕樹CFOが3月末までに販売台数が760万台を超える見込みであること、来年同時期までには販売台数1480万台以上を見越していることを発表しています。

    NPD Groupのリサーチでは、PS5の他にみんな大好きNintendo Switchも大健闘で、こちらは3月の月間トップセラー(販売台数、売り上げ高ともに)に輝いています。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    PlayStation 5 (PS5からのリダイレクト)
    PlayStation > PlayStation 5 PlayStation 5(プレイステーション ファイブ、略称: PS5)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(略: SIE)が2020年11月12日に発売した家庭用ゲーム機。 PlayStation
    36キロバイト (3,597 語) - 2021年4月21日 (水) 08:17



    筆者コメント
    発売からたったの5カ月、まさかまさかのPS5が北米で最も速いペースで売れたコンソールとドル売上げ高の両方で歴代第1位となった。しかもこのニュースは、PS5が金額ベースで最も速いペースで売れたコンソール歴代第1位になった1カ月後に届いたものだというから日本人も驚き!この新記録にも関わらず、2021年3月の販売台数、ドル売り上げ高ともに、第1位は変わらずNintendo Switchであった。しかし、2021年の第1四半期のハードウェアのドル売り上げ高の第1位はPS5となっている。3月のゲームのハードウェアのドル売り上げ高全体は、2020年3月と比較して47%増加しており、6億8000万ドルで3月度の記録を更新しているようだ。年度累計のハードウェアの販売額は合計で14億ドルで、対前年比で81%増となっているので驚き。Xbox Series X よりPS5が評価されている事に筆者は驚きとなぜか「ガッツポーズ」したい気分になった。 ゲームソフトについては、『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』が2021年3月に第1位に返り咲いた。第1四半期と2021年3月末締めの12カ月間の両方で売り上げ第1位のタイトルとなることは間違いないだろうから、ぜひ皆様にもプレイしてもらいたいオススメです。 Nintendo Switch独占の『モンスターハンターライズ』は第2位で、ドル売上げ高に関しては、『モンスターハンター:ワールド』に続いて、2番目に売れた「モンスターハンター」シリーズのタイトルとなる。第3位は『OUTRIDERS』で、XboxとPlayStation、両方のプラットフォームで3位となっている。『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』はNintendo Switchでリリースされたため、2月の第65位から、かなり急上昇している。

    2021年3月の売り上げ上位20タイトルは以下のとおり。 1位『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』 2位『モンスターハンターライズ』 3位『OUTRIDERS』 4位『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』 5位『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』 6位『マリオカート8 デラックス』 7位『アサシン クリード ヴァルハラ』 8位『あつまれ どうぶつの森』 9位『スーパーマリオ 3Dコレクション』 10位『Minecraft』 11位『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』 12位『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』 13位『ポケットモンスター ソード・シールド』 14位『Mortal Kombat 11』 15位『クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース』 16位『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 17位『Madden NFL 21』 18位『NBA 2K21』 19位『スーパー マリオパーティ』 20位『FIFA 21』

    2021年3月に消費者がビデオゲーム、ハードウェア、コンテンツ、付属品を購入した金額は、2020年3月と比較して18%増の56億ドルで3月の記録を更新している。海外のお話しだが、日本発のゲームがこんなに売れていると気分良いですよね?開発者の皆様、素晴らしいですね。それともう一点、全世界的な半導体不足のため、次世代機の供給がいまだに需要に追いついていないことを考えると、これらのハードウェアの売り上げ記録はかなりのものだといえる。また、「Switch Pro」の発売も噂されているが、Nintendo Switchの売り上げの快進撃は衰える兆候を見せていない。筆者的にはSwitch Proかなり楽しみなんですがね〜。グラフィック、機能すべてがこれまでのゲーム機と違う。アメリカの人たちもハイクオリティのゲーム機で遊びたいんだな!でも筆者はまだPS5を手に入れてねぇ~

    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】アメリカで最も販売台数の多いゲーム機がまさかのあれだった!】の続きを読む


    【驚愕】呪術廻戦 アニメ最後に愚痴スレ!このアニメの良さとは?

    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。 本作は、『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol
    210キロバイト (35,152 語) - 2021年4月4日 (日) 01:07



    (出典 img.gamewith.jp)


    筆者コメント
    賛否両論ですね。最近は鬼滅の刃にしても、呪術廻戦にしても結構周りの影響受けて漫画やアニメにハマる方が多いようですね。これもあのウイルスちゃんの影響なのでしょうか?筆者としては、ここはアニメ大国なのでドンドンアニメや漫画好きが増えて話せる相手が多くなってくれた方がありがたい。ですが、中には便乗して好きになった人に対してアンチなコメントをする方もいるようです。まぁ、ジャンプで連載当初から応援してたら「流行ってるからって何を勝手にファン気取ってんだ?」みたいな思いあるかもですね。いや~しかし本当に最近は漫画アニメが突然人気になるねぇ~世の中、あまり知られてなくても結構面白い作品あるよ?筆者のおすすめは「エム・ゼロ」「プリティフェイス」「烈火の炎」とかですかね。気になったら観てね。


    1 マロン名無しさん :2018/09/16(日) 00:16:21.92

    呪術age他漫画sageや呪術宣伝を各所で繰り返す呪術廻戦信者への愚痴スレです。

    作品アンチスレはこちらへ
    呪術廻戦アンチスレ 1
    https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/wcomic/1528973880/


    【【驚愕】呪術廻戦 アニメ最後に愚痴スレ!このアニメの良さとは?】の続きを読む

    このページのトップヘ