パクリゲームに批判殺到!批判を受けた作者は、弁明もなく消える

 10000個のNFTが用意されたゲーム『Epic Hero Battles』に盗作問題が浮上し、批判が殺到している。

【画像】2つのゲームを比較すると、背景が完全一致

 ことの発端は、昨年発売されたインディーゲームWildfire』の作者、ダン・ヒンデス氏が、「『Epic Hero Battles』が、僕の作品を自分のものにしようとしている」と2つの画像を並べて指摘したことだ。両者を見比べてみると、たしかにまったく同じ素材が使われていることがわかる。

 指摘を受けた『Epic Hero Battles』の作者は、Twitterで「素材はウェブ開発者から入手したものだが、オリジナルであるかどうかの確認を怠ってしまった。これは自分たちのミスだ。このようなことは二度と起こらないようにする」と釈明した。ところがSNSユーザーがさらに調査を進めたところ、同ゲームのほとんどの素材が他のアーティストが制作したものであることが発覚。批判を受けた作者は、弁明もなくTwitterアカウントを削除した。

 現在多くの情報は削除されているものの、ゲームメディアの『GAME RANT』は、「おそらくこのゲームは、NFTプラットフォーム『OpenSea』でNFTとして主人公を購入して戦うのだろう」としている。より強いキャラクターや武器のために、NFTを購入させる魂胆だったのかもしれない。

 このゲームにどんな開発者が携わっているのか、どのスタジオで制作されているのかは不明だ。当初は今年の11月にリリース予定とアナウンスされていたが、多くのSNSユーザーは、昨今のNFTブームに便乗した盗作犯で、このゲームが本当にリリースされることはないと見ているようだ。

 現状、一度NFTとして登録されると、本当の作者がその所有権を主張することが困難となる。アーティストを守る対策が必要だ。(堀口佐知)

画像=Dan Hindes Twitterより


(出典 news.nicovideo.jp)

非代替性トークン (NFT (トークン)からのリダイレクト)
NFTは、その基盤となるブロックチェーン上で追跡され、購入者にそれを保有する権利の証明を提供する。イーサリアム、ビットコインキャッシュ、Flowなどの一般的なブロックチェーンは、それぞれ独自のトークン規格を持ち、NFTの仕様を定義している。 NFTは、デジタルアート、ビデオゲーム
19キロバイト (2,627 語) - 2021年8月24日 (火) 05:15



『NFT』とは『Non Fungible Token(ノンファンジブルトークン)』 の頭文字をとったものです。

Fungible(ファンジブル)という単語は「代替可能」という意味ですが、最初に否定を示す “Non” がついているので、日本語では「代替不可トークン」または「非代替性トークン」と説明されます。
「代替不可トークン」とは、言葉の通り、代替が効かず、唯一無二であるということを言います。
※トークン(token)とは直訳すると「しるし」

シンプルにいうと、”AはBのものである”と証明するマッピング技術の事を指します。


<このニュースへのネットの反応>

まずNFTって言葉を初めて聞いた。洋ゲー界隈で流行ってるの?


洋ゲーというよりデジタルデータにシリアルナンバーを付けたようなもので、ゲーム関係なく出てきているようだ。  証明書付きの作品の版権みたいなもんだと思えば概ねあってるんじゃないかな?  このゲームの説明で言うと「BOOTHに登録してある購入キャラがみんな他人のパクリだった」って感じかな?


そもそもNFTが何を指すのかがわからなかったから調べてみたけどアイテムを仮想通貨に代替えできるみたいな感じのゲームか・・・・うん、碌なもんじゃないってことはわかった


NTFは世界的に法整備が殆どされてないから仮想通貨のときみたいにICO詐欺の二番煎じで荒稼ぎ出来るかもって思ったんだろうな。


ステルス公式RMTみたいなヤツかぁ。携帯アプリでも外部誘導可能になってくる流れだから色々面倒臭そう。泡みたいな商売やろし


なんか仮想通貨といい、あるのかないのかはっきりしないモノに価値をつけてゼロサムで資産の取り合いするというのがあまりに非生産的すぎておっちゃん付いていけない。


これはゲームだったけど、私が描きましたと成りすまして絵をNFTに登録したら荒稼ぎできるんじゃ...


>これはゲームだったけど、私が描きましたと成りすまして絵をNFTに登録したら荒稼ぎできるんじゃ... もうしてる


これも氷山の一角で日本でも絵師の絵が勝手にNFTで販売されてってケースは結構多い。本格的に規制してかないとあらゆる分野で同様の事例が起きそうだし、なんとか早めに対処してほしい。


見た感じ、要はキャラガチャっぽいが


なを某中華パクリの信者では「パクリしても面白いは良いだよ~」「パクリしてもお前に害あるのか?」だからクリエイターも業界もゆっくり壊れていくね


情報のsourceは何処から?て大事だね。


まずNFTの説明しろよ。新しいゲームジャンルかと思ったら、仮想通貨のビットコインがデジタルのキャラや絵に置き換わったモノで、記事のニュースのゲームの場合、キャラを購入して転売して金儲けする感じになったんだろうな。


どうでもいいことだけどブロックチェーンゲーム(BCG)じゃなくNFTゲームって言うのに違和感がある。


日本での対策は最低でも10年単位でかかるだろうな。法整備にかかわる人間が情報社会に適応してない旧人類ばかりだから


ごめん、ゲームなんぞは小学校卒業したらやるべきものではないと思っているから、どうでもいい。


やっぱりな...胡散臭さだけ加速したわ。


著作者かも怪しい訴訟ゴロが幅効かせてるとか、893の巣だな要するに


また新しい価値観と貨幣価値が生まれてる…