【漫画】白髪が増えてきた妻は「みっともない?」と夫に問う!夫の返答に妻はキュンッ!

 年齢とともに変化する自分のルックスが気になり、パートナーに意見を聞いてみたときのエピソードを描いた漫画がTwitterに投稿され、「心強い」「とっても大切なこと」と称賛の声が集まっています。

【画像】漫画を読む

 漫画の作者は、ロシア生まれ、カナダ育ちのパートナーと暮らすはりさん。最近白髪が増えてきたというはりさんは、ある日彼にその姿を「みっともない?」と聞いてみました。

 「妻には若く綺麗でいてほしくない?」と思っていたはりさんですが、彼は「全然」と気にしていない様子です。「人の美しさって若さや見かけじゃないと思うけど」という彼。一方で、はりさんは「でも気にする人多いと思うよ」と、年齢や性別、体型で服や髪型を選んだり、他人にもそうあるように求める人の存在を説明します。確かに、さまざまな選択の時に「私はこうだから」という自分像を基準にしたり、他人の評価を気にしてしまうのは“あるある”ですよね。

 人の考えを押し付けられたり、押し付けたりするのは好きじゃないという彼は、はりさんに「例えば白髪頭でいることや 男性がスカート履いたり お年寄りがタンクトップ着る事に 他の人に何の関係があるの?」と疑問を投げかけます。それは、彼の「誰かを傷つけたりしていないのなら、本人が幸せである事がいちばん重要」という考え方から出た疑問だったのです。彼の考えかたを知ったはりさんは、新ためて彼のことが好きだと感じたのでした。

 自分がそう選択するのであれば、自然のままでもいい、白髪染めをしてもいい、というこの考え方。誰もが彼のように思っていれば、こんなにすてきな事はないと思いますが、「自分自身についてもそう思うこと」は意外に難しいもの。はりさんも、実際には「それでもやっぱり人の目を気にしないって難しい」と思っているそうです。

 この漫画には、「素晴らしい考え方ですね」「こういう事を当たり前のように言えるパートナーの存在は本当に素敵ですし救われますね」という彼の考え方を称賛するコメントが。一方で、「社会との兼ね合いもあるし、難しい所ですね」「ついつい他人の目を気にしてしまいますよね…」という共感のコメントも集まっています。

 「周りに自分がどう思われたいか」を考え、実践するのもまた自分の選択。どんな選択をしても、自分が選んだことに自信を持つことが大切なのかもしれません。

 はりさんは、この他にもTwitterアカウントやコスモポリタンジャパンで、パートナーとの日々を描いた漫画を公開しています。

画像提供:はりさん

シンプルだけどすてきな考え方


(出典 news.nicovideo.jp)

漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
39キロバイト (5,795 語) - 2021年8月31日 (火) 17:52


筆者コメント
外国人ならではの返しですね。日本人男性ってこういう言葉が照れくさくて、面と向かって言えなかったりするんですよね。最近の若い男性は言えるかも知れませんが、昭和の日本男児って言えないだなぁ~これが!勿論女性はこういう言葉はハッキリ言ってもらえるとキュンと来るんでしょうね?見習おう・・・

<このニュースへのネットの反応>

若くて可愛い方が良いに決まってる。だからといって浮気や不倫は駄目だが奥さんはいつまでも可愛い方がいい。


この旦那さんめちゃくちゃいい男だよね。Twitterでは有名な人。


遠回しにこの奥さんが若くもないし可愛くもないと言っている


白髪とかどうでもいい。髪が薄いのは結構辛い


白鵬が増えてきたって読んじまった


若くて綺麗な嫁と老いた嫁なら若くて綺麗な嫁がいいけど、若くて綺麗な白鵬と老いた嫁なら老いた嫁がいいわ。


落ち着いてるおばさんとケバイおばさんなら落ち着いてるおばさんの方が良いでしょ、一緒に並んで外歩くなら尚更。


一緒の時を刻めるのが羨ましいわ 


ロシア生まれか・・・なるほど。ロシア女性は若い時は物凄く美人だが歳を取ると凄い勢いで美しさが失われるという。そんなロシア高齢者に比べれば日本人妻はいつまでも美しい。不満などあるわけがない


「誰かを気づけてでも、本人が気分良くいたい」→「誰かを傷つけてでも、本人が気分良くいたい」 の間違いでした。大変失礼いたしました。


異常に外見にこだわるのは韓国と日本の男性の特徴。なんだかんだよく似てるんだよね。


新ためて」の変換ミスには気付いて欲しかった