女性画像

画像はイメージ

アニメ好きにとってアニメーターは憧れの職業だろう。クリエイティブ職の40代女性(東京都/年収500万円)は、そもそもブラックで有名だったというアニメ制作会社に入社。実は業界の人から「そこへは行くな」という忠告を受けていたという。そこで経験したブラックな実態を明かしてくれた。(文:林加奈)

※キャリコネニュースでは引き続きアンケート「仕事を即行でやめた人」を実施しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HF78WM9H

入社初日は昼食ナシで待機、仕事は19時半から始まった

CG制作やアニメーションを手掛けるその会社は、女性が入社した初日からすでにブラックな一面をのぞかせていた。

「入社初日、セキュリティのかかった小会議室で事務的オリエンテーションが終わり『待っててね』と現場スタッフに引き渡しを待たされてから1時間半待たされた。その区画から出るセキュリティーカードもない、事務の人の名前も知らない。その間、外にも出れない、暑い日で水分補給もできない。昼休みの説明もなく、昼食ナシ」

やっと解放されたと思いきや、すぐに会議~PC環境設定等を行い19時半くらいから具体的な仕事の説明が始まったため、女性は内心「えぇ~、今から?初日なんだから帰らせて~」と思ったという。

驚愕の離職率…25~30人のチームは1年で53人が退職

実際に業務が始まると、ブラックな労働環境の現実が次々と明らかになった。

「仕事のスケジュールは新規のみでぎっしり埋まっていて、修正が入っても『リスケしない』って会社だった。メンター的な人の指導を受けながら作業し『これならチェックに出せる』という段階でチェックに出したところ、8割ダメ出しされた挙句、メンターの人に大罵倒された」

女性はアニメーターの仕事が決まる前に、父親が倒れ意識が戻らない状態だった。そうした中でこの状況。

「涙が止まらなくなって、ティッシュもなくて涙ダーダー流しながら、罵倒されながらデータを直しました」

と振り返っている。

ブラックな職場に耐えきれず、2か月で退職した女性。その後他の人に話を聞くと、1チーム当たり25~30人の職場で、1年で53人が退職していたことがわかった。「もちろん辞めて正解だった」と心境を明かしている。

あるアニメ制作会社のブラックな労働実態 「8割ダメ出しされ、罵倒されて涙ダーダー流しながらデータを直しました」


(出典 news.nicovideo.jp)

アニメ制作会社アニメせいさくがいしゃ)は、アニメーションの実制作を業務とする会社である。 企画、製作から制作までを行う元請け、元請制作会社から一括して仕事を受注し制作業務全般を行うグロス請け(下請け)、作画・背景美術・撮影など制作工程別に仕事を請け負う専門スタジオの3つに分けられる。 日本動画協会による2015年の調査では、全体の87
25キロバイト (2,136 語) - 2021年11月25日 (木) 13:49


筆者コメント
いくらアニメが好きでもそれを仕事にしてしまうのは止めるべきだとよく聞きます。休みがなくなるほど働かされ、イヤになるほどやり直しがある仕事。好きで入っても嫌いになって辞めるんでしょうね。

<このニュースへのネットの反応>

「そこへは行くなという忠告を受けていた」「仕事が決まる前に、父親が倒れ意識が戻らない状態だった」 なんでその状況で入社しようとするの??


狭い業界だから内部事情も結構見えるから他の人がいくなっていうのは割とガチ目なやつだよね


そんな会社が本当にあって今でも続いているなら、代わりは幾らでも居るって証明されてて怖い。


相手会社名を「匿名」にしてるから話モリモリ創作しほうだい


嘘松記事