日本に侵略されたアメリカが舞台のゾンビゲーム『昭和米国物語』が発売前なのに評判!既に面白そうww


 インディーデベロッパーのNEKCOM Gamesは、日本に文化植民地にされたアメリカが舞台アクションRPG昭和米国物語』を正式発表し、トレーラーと公式サイトを公開した。

 対象プラットフォームはPS4PS5、PC(Steam)。発売日と価格は未定。日本語字幕と日本語音声に対応している。

 『昭和米国物語』は、日本の文化植民地となったアメリカで、怪獣やゾンビヤクザの危機を乗り越えて復讐の旅をするアクションRPG

 舞台は昭和66年のアメリカ。強大な経済力を有する日本によって国土の大半が買収され、大量の移民の流入した。その結果、ふたつの文化が衝突と融合を繰り返して「昭和アメリカ」という文化が誕生した。

(画像はSteam:昭和米国物語より)
(画像はSteam:昭和米国物語より)

 アクション映画のスタントマンを生業とする19歳の少女「千草蝶子」は、妹とともにかつてハリウッドと呼ばれていた「ネオ・ヨコハマ」に到着するが、空港で謎の集団に襲われ生き埋めになり、妹とは行方不明になった。

 蝶子が目覚めたとき、そこは原因不明の大災害によって世界が一変していた。ゾンビや怪獣が出現し、ヤクザが暴れまわり秩序は崩壊していたのだ。こうして蝶子は、妹を探し復讐を果たすためにアメリカ横断の旅に出るのであった。

(画像はSteam:昭和米国物語より)
(画像はSteam:昭和米国物語より)

 本作は80年代の日本カルチャーに影響を受けており、攻撃を重視したアクションスタイリッシュな戦闘を繰り広げていく。成長システムがあり詳細は不明だが「懐かしさを感じさせる育成&成長システム」になっているとのことで、昭和を彷彿とさせるアイテムが登場するようだ。

(画像はSteam:昭和米国物語より)

 主題歌には「大事MANブラザーズバンド」による1991年の楽曲「それが大事」が使用されており、トレーラーでもポスト・アポカリプスの昭和アメリカの世界観と奇妙な相性を感じさせるものになっている。

 なお「それが大事」は90年代前半に香港の歌手や台湾のグループによって、広東語や北京語でカバーされており、近年では2013年の中国映画『So young 〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』でも広東語でカバーされているなど、一定の知名度があるようだ。

(画像はSteam:昭和米国物語より)
(画像はSteam:昭和米国物語より)

 開発しているのは中国の武漢市に拠点を置くNEKCOM Games。中国とアメリカのゲーム開発者によって2011年に設立したインディーゲームスタジオとなり、2017年にはホラーパズルゲームDYING: Reborn』を発売している。

 本作のような歴史改変ものは戦争がきっかけで枝分かれしている場合が多いが、経済的な背景の歴史改変ものは珍しいといえそうだ。

 日本の昭和カルチャーに加えて、アメリカゾンビ、怪獣、復讐劇と設定を盛りに盛った世界観の『昭和米国物語』が気になった人はウィッシュリストに登録してみてはいかがだろうか。

Steam『昭和米国物語』はこちら『昭和米国物語』の公式サイトはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

昭和(しょうわ)は、日本の元号の一つ。 大正の後、平成の前。大化以降246番目の元号である。昭和天皇の在位期間 である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。 ここでは日本史の時代区分上、グレゴリオ暦(西暦)において20世紀の大半を占める昭和時代(しょうわじだい)についても記述する。
149キロバイト (23,126 語) - 2022年1月1日 (土) 08:44


筆者コメント
日本、アメリカ、中国のコラボですか~
内容がどんなものか分かりませんが、面白そうですね!でも中国のゲームなので日本人とアメリカ人を滅多打ちにして発散するのが目的なんでしょうねww

<このニュースへのネットの反応>

いかにも中国が考えそうなゲームだのう・・・スルーでええか


習のプニキのせいでここも潰れるかもね


何で例のプールがあんだよ(冷汗)


なんかもういろいろカオスすぎて笑っちゃうんすよねwww批判する気も湧かねぇわ、笑は地球を救うんやなって。


まあいわゆるバカゲーだよねw政治色出してこなきゃ別にかまわんよ、あと昭和66年ってのも伏線かな、昭和天皇もゾンビ?


自動車の破壊シーンは?


ゾンビと怪獣要素かー。上でも言ってるけど政治要素が無いならバカゲーとして楽しいかもしれんよ


一々細かい所から他国の文化や雰囲気を不快にさせる辺りが中共の手口その物ですね  余所様に敬意を払ったり(ギャグにするなら)徹底したギャグにしない辺り中途半端なんだよなぁ


ダイハードのナカトミとかデッドスペースの石村とか、日本企業の台頭説明はかなり昔からある題材ではあるんだけど、現代中国にやられると抵抗感あるのなんでやろ…。


最後は武漢市を舞台に、謎のウイルス兵器Xiを食い止めるため黄色いクマと死闘を繰り広げるのかな?


この設定でアメリカ→中国は遠いだろw


高城の男の逆バージョンですねあのプールとかドリルとかコロニーのパロとかアメリカより中国のが日本文化に洗脳されそうでワロタ


アイサツは大事、古事記にもそう書かれている。


トレーラー見たけどロムネ(ラムネ)とか謎の日本語看板がいい味は出してた。ゲーム的にはデッドライジングっぽいのかな。こういうバカゲーは好物です。


どこかの国じゃあるまいし日本もアメリカも笑って済ませるよ


キャッスル作戦ブラボー実験を10回くらいして終息だ


いやアイビー作戦キング実験を100回くらいか


日本要素いらないだろうこれ アメリカ単体で可能


レトロアメリカンならぬノスタルジックアメリカン。先入観はともかく、とりあえず黙ってトレイラーは観とけ。この雰囲気、好きな人には間違いなく刺さるぞこれ。


共産党に粛清されないといいね


タイトルもゲームの紹介文にも全くプレイしたくなる要素が無い…。中国ってなんで面白そうと思えない*みたいな設定作りたがるんだろう?


中国で他国文化を茶化すのは出来ても自国文化を題材に茶化すのは絶対出来んからな・・・煽り抜きで本当にもったいないわ。


本国を舞台にすると粛清されるからにしてもカオスな設定だな


突き抜けるならこれくらい突き抜けた方が良いし、中国のデベロッパーが開発したって事にしないとヤバいわな。バカゲーになるにしろ、クソゲーになるにしろ、半端にだけならなければよいのでは


トレイラー見たらやりたくなった。こう言うバカゲー好き。


中々カオスで面白そうだ。ただ日本人がプレイしても面白い出来だと作者投獄されそう


アメリカがfalloutで好き勝手描写したのを、中国がやり返した、という印象。(BGMが大事マンなのもインクスポッツめいた趣向)


以前ホームフロントってゲームがあったからな。あれが許されるならこれも全然アリだろ。それよりもゴーストオブツシマといいこれといいこういう日本要素が入っていて尖ったゲームが日本から出ないのが残念だと思う。とりあえずプレイ予定。


中国を舞台に同じ様なゲームを他の国が作ったら中国はさぞお怒りになりそうだね


「ゾンビや怪獣が出現し、ヤクザが暴れまわり」 > 外人の中ではゾンビ、怪獣と肩を並べるのか日本のヤクザってのは。