【マクドナルド】ポテトSのみ!どうして国産の『イモ』を使用しないのか?その重要性と今後について!!


 1月9日より、マクドナルドフライドポテトマックフライポテト)の取り扱いを縮小し、Sサイズのみ販売に。コロナ禍の影響で物流が滞り、原料である北米産じゃがいもの在庫が不足したためです。

【画像】マクドナルドが使用しているじゃがいも

 ポテト好きにとっては悲しい事態ですが、ここでひとつの疑問が浮かびます。なぜマクドナルドは国産のじゃがいもを使わないのでしょうか? Twitterでは「農家との契約があるので国産のじゃがいもを使えない」「日本で生産される品種は適さないから使用できない」 といった情報が拡散されています。ねとらぼは同社に取材し、マックフライポテトへのこだわりを聞きました。

●なぜ国産のじゃがいもを使用しないのか

 日本マクドナルドによれば、北米産じゃがいもを使用する理由は大きく3つ。「サイズ」「味」「消費量」です。

 マックフライポテトじゃがいもマッシュせず、丸ごとカットして作っているため、それに見合う大きさの品種が必要となります。さらに「外はカリッ、中はホクホクとしたおいしさ」にもこだわり、ラセットバーバンクなどの北米産品種を使用しているそうです。また、販売量が非常に多く、産地開拓が容易ではない事情もあるとのこと。

 同社は「ポテトマクドナルドの看板商品であり、グローバルで厳格な品質基準が徹底されており、現在国内で多く栽培されている品種では、マクドナルドマックフライポテトに合うジャガイモは残念ながら存在しない状況です」と述べています。

マクドナルドのポテトが販売を休止

(出典 news.nicovideo.jp)





日本マクドナルド株式会社(にほんマクドナルド、英語: McDonald's Company (Japan), Ltd.)は、アメリカ・マクドナルドのフランチャイズ企業。ハンバーガーレストランチェーンのマクドナルドを経営する企業。 アメリカ・マクドナルドのフランチャイズ企業。日本国内のマクドナルドは2018年時点において約2
170キロバイト (23,345 語) - 2022年1月8日 (土) 01:19


筆者コメント
ラセットバーバンクというジャガイモはサイズが大きくなるためフライドポテトに向いており、他のジャガイモではサイズが小さすぎてポテトフライが短くなってしまいます。なので代用も出来ないし、味も少し違います。私も「ラセットバーバンク」の味が好きなので、また多く輸入されることを願うだけです。

<このニュースへのネットの反応>

日本のコメが少なくなったとき海外のコメ持ってきたけどまったく日本人に合わなくてすぐ廃れたアレとかあるし、イモもちょっとした変化でもだいぶ味変わるだろうし悩ましいよねえ もっともマクドナルドの展開規模を考えると日本の量じゃ足りなさすぎて無理ってのもあるんだろうけど


仮に味が合格でも数量の問題がな…全店で同じ味を提供⇒イモの品種統一が必須。その上、年間を通じて同じ味とまで言い出したら…その規模で安定供給できる国内品種などあるだろうか?


逆になぜマクドナルドに国産?


北海道が台風被害でポテトチップスが販売休止になったときもカルビーの要求を満たす品種が北海道でしか栽培してなかったことを反省して産地の分散を進めている マックもステークホルダーの利益に資する為に何らかの対策を講じないといけないだろうね


他の企業でもポテト販売停止のニュースがあったな。まあ「これがウチの味」と言って出してきた品の味を変えるわけにはいかんから、やるなら「マックフライポテト」じゃなく「期間限定!北海道ポテト」とかにするんだろう。そこまで長期間になるかわからんが。


全国に同品質のものを年中(365日ずっと)供給するとしたら国産の1の品種で賄える量が取れるかと言われたら無理。 じゃがいもは量が取れるといっても限度がある。 品種も品質も違っててもいいなら国産だけでも賄えるだろうけどそれじゃチェーン店としては致命的欠陥。学生の授業の題材としてはちょうどいい内容だけど、ネットにあげるネタとしては前提条件がガバガバ


そりゃバーガーより米国産ポテト売るために展開してるような店だもの(^ ^


日本産ジャガイモは概ね糖分が高めで、保存時の温度によっても糖分量が変わる。糖分量が多すぎると焦げやすく"揚げ"には適さないので、ポテチ用を大量に備蓄しているメーカーでは、適した糖分量を維持する保存温度管理が"企業秘密"になっている。


ケニアKFCでもポテト不足があって、ケニア産ジャガイモを使ってないのが発覚してケニア人が不買い運動始めたってニュースがあった。そういう風にはなりたくない


吉野家が牛丼に国産牛を使わない理由とほぼ一緒よね


本社があるアメリカからの契約上の縛りでしょ。


国産芋の市場は荒らしてほしくないがな


吉野家だってアメリカ産の牛肉にこだわっているから複雑な事情がいくつも絡み合っているんだろう


ちゃんと取材できてえらい


少なからず食料自給の需要へと繋がって欲しい所である。


もし契約上の問題が無くてそのラセットバーバンクとやらを日本の気候で作れるのであればラセットバーバンクだけ作ってれば富豪になれそう…とか考えたが、ラセットバーバンクはアメリカでは大きく育つのに日本で作ると大きく育たないらしい(知恵袋より)。国産化できないのはそういう理由もあるのね。


あと病気を持ち込まないために皮剥いた加工された状態で入ってくるからその大量の芋を加工できる工場もないって見掛けたな


マクドナルドなんだから米国産! 日本の小池屋やカルビーなら国産馬鈴薯がいいけど、マクドならアメリカ産ポテトだよ!


理由3つともそりゃーなってなるからなあ。この手の記事にしてはマトモなこと書いてるじゃんってなる……同業他社がゴミすぎるだけともいう


ジャガイモはトマトと同じくオタンコナス科の植物。連作(収穫後続けて栽培すること)を非常に嫌うため,主に休耕を挟み春ジャガと秋ジャガのどちらかの収穫になります。この連作を理由に農場が広大でなければ,継続した収穫が出来ないのが量の問題です


原産地はアンデス山脈で,高山気候特有の高温冷涼には強いのですが,過度の湿潤には弱い傾向があり,海洋気団を持つ温暖湿潤気候である日本においては,降水量に収穫量が左右をされるため,あまり向いていない植物です


アメリカ合衆国やヨーロッパ連合のような,地中海性気候・西岸海洋性気候・内陸気団による温暖湿潤気候のような地域では,比較的結果は大きくなり,豊富な収穫量を得ることができます。日本国では結果を肥大させるだけの根拠が足りなかったり,雨季を理由に長期栽培は向いていない訳です


大規模生産地である北海道では,この結果を肥大させる根拠である昼夜の温度差と,湿潤を保てる降雪,そして温度により細菌環境の整う土壌によって,たくさん収穫することが出来ますが,南部に移れば移るほど,病害や根腐れなどの被害を受けやすくなります。


そんなものをマックのポテトのために栽培するバカがどこに居る?ん?輸入が適してんだよアホ。なにが自給だ。日本国の技術は自給力ではなく品種改良だ。病気や気象に強く,豊富な収穫量,大きな結果,高い栄養分。そんなものを100円で食うだ?100均にする気かアホめ


どんだけズレてんだよ。悲鳴は食糧ではなく安くて多くて美味しいの悲鳴。意味不明。連日のように


そんなにジャガイモばっか食いたいならイギリスに行けイギリスに


メシが不味いって噂だったが検索してきたら美味そうでグルメじゃねぇか。なにが不味いんだ?


うむ。味・調理・内容が単調なのね。魚を素揚げにしてドンって感じか。天ぷらにしろよ(´ヘ`;)


きっと単調な料理にテキトーな調味料をドバーって感じなんだろな(´_ゝ`)不味いではなくワイルドだ( ´∀`)


ワイルジョ(女)と名付けよう(・∀・)参るど(´ヘ`;)