稼ぐためのゲーム『NFTゲーム』はゲーマーにとって邪道?賛否の意見集まる・・・


 昨年から急速に台頭してきたNFTゲームは、依然としてその是非をめぐりゲーム業界で論争が行われている。こうした論争の焦点となっているのは、NFTゲームのある特徴がゲームプレイの魅力を損なうかもしれないという懸念である。

(参考:【写真】12歳の少女が1億8000万円稼いだNFT作品

<「Play To Earn」はゲーマーに嫌われる?>

 アメリカ・イリノイ州にあるデポール大学の学生メディアDePauliaは1月9日、NFTゲームに関する動向をまとめた記事を公開した。その記事では、ゲームとNFTに関する最近のトピックが列挙されている。

 ゲームとNFTの関係を象徴する最近の出来事として注目すべきは、大手ゲームパブリッシャーUbisoftが発表したゲームにNFTアイテムを導入するプラットフォームQuartzである。同社はこのプラットフォームを使ってNFTアイテムを販売したが、ほとんど売れなかった。

 サバイバルアクションゲームS.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl」を開発するGSC Game WorldゲームにNFTキャラクターの導入を発表したが、プレイヤーの反発に合ってすぐに白紙撤回した。

 スクウェア・エニックスの松田洋祐代表取締役社長は、2022年の年頭所感においてNFTに言及した。同社長は、NFTゲームの特徴である「Play To Earn」(稼ぐためにプレイする)が楽しむためにプレイしている現在の大部分のプレイヤーに嫌われていることを率直に認めた。

 このようにNFTをゲームに導入する試みは、今のところ、プレイヤーからの反発にあって思うように進んでいない。

<NFTの導入にはルールが必要>

 前出のDePauliaの記事は、NFTをめぐるゲーム業界関係者の意見も紹介している。「World of Tanks」や「World of Warships」を開発したWargaming社のプロデューサーであり、ゲームデザインの非常勤教授でもあるデポール大学のJJ Bakken氏は、NFTはナンセンスなうえに環境破壊につながると語りNFTを断罪している。NFTが環境破壊につながるのは、NFTを実現する基盤技術であるブロックチェーンの維持に大量の電気を消費するためだ。

 ゲームを開発しているデポール大学コンピュータサイエンス学部のある学生は、NFTをゲームに導入する試みは単に最新テクノロジーの動向に追従しているだけと述べたうえで、願わくはNFTが速やかかつ苦痛に満ちた死を遂げて、二度とゲーム業界に戻ってこないでほしい、と辛らつにコメントした。

 一方でNFTのゲーム導入を支持する意見もある。デポール大学で情報システムを専攻するCody Kroliczek氏はNFTアイテムのコレクターであり、NFTは所有に関する既成概念を変えるポテンシャルがあると評価している。そして、ゲームにNFTを組み込むこと自体は基本的には良いことだが、NFTに関するルールを示して遵守することが大事、とも語った。

 今後、ゲーム開発業者がゲームにNFTを導入する場合、プレイヤーが納得するようなルールを示すことが重要となるだろう。明確なルールもなしにNFTアイテムを提供しても、前述したようなプレイヤーからの反発を招くのは明白だ。

<すでに暴落したNFTアイテムも存在>

 以上のようにNFTのゲームへの導入をめぐってはさまざまな意見があるが、やはり一番の争点となるのはNFTをゲームに導入すると、楽しむためから稼ぐためにプレイの動機が変容してしまうところである。こうした懸念が生じるのは、NFTアイテムゲームに導入すると、これらのアイテムを転売して利益を得られるからだ。

 しかしながら、NFTアイテム転売稼業が成立するためには、当該アイテムの価値が上がり続けるという前提が不可欠である。アラブ系英字メディアAsharq Al-Awsatは1月9日、こうした前提を批判する記事を公開した。その記事によると、現在NFT界隈はバブルの様相を呈しているが、すでに暴落に見舞われたところもある。具体的には、NBA選手のプレイをNFTカード化したNBA Top Shotはすでに数ヶ月で95%以上も下落しているのだ。

 NBA Top Shot のようにNFTを新手の錬金術として安易にビジネス化すると、手痛い目に遭うようだ。NFTには、新たなエコシステムを構築するポテンシャルがある。こうしたポテンシャルを稼ぐためだけではなく、クリエイティブな活動を支援する方向に成長させれば、ゲーム業界はもとより社会全体から好印象を持たれるようになるのではないだろうか。

(参考記事)
https://depauliaonline.com/56243/artslife/nft-integration-with-games-in-2022-is-an-inevitability-despite-ubisofts-failure/?utm_source=pocket_mylist
https://english.aawsat.com/home/article/3403631/tae-kim/video-game-companies-should-think-twice-about-nfts

(文=吉本幸記)

ゴーストリコン ブレイクポイントより


(出典 news.nicovideo.jp)

非代替性トークン (NFT (トークン)からのリダイレクト)
token、略称: NFT)とは、ブロックチェーン上に記録される一意で代替不可能なデータ単位である。NFTは、画像・動画・音声、およびその他の種類のデジタルファイルなど、容易に複製可能なアイテムを一意なアイテムとして関連づけることができ(鑑定書(英語版)と類似)、ブロックチェーン技術を使用して、そのNFT
52キロバイト (7,094 語) - 2022年1月19日 (水) 01:13


筆者コメント
いつかは来ると思っていました。
YouTubeなどの実況で稼ぐのではなく、ゲーム内で稼ぐ時代が!
しかしそれが本当のゲーマーにとっては許されないという声もあります。本当にゲームを愛する者は稼ぐための道具にしたくないのだとか・・・
何となく分かりますが、ネット社会になって来た現在、どんなものがあろうと、何で稼ごうと罪になら中れば私は良いと思いますよ!

<このニュースへのネットの反応>

NFTゲームとは何ぞやと思てググったらRMTを仮想通貨でやるようなゲームか。そら中華の業者の焼き畑にしかならんやろ


俺はググッてもよく分からなかった


アプデでクソゲー化してアイテムのリアル価値が暴落するとか、そういうこと遊びながら考えたくないな


NFTゲームには詳しくないがアイテムやキャラに独自性があるって、なろうの防御力のヤツみたいなもんだろ?主人公側の視点は俺TUEEEEで楽しいかもしれないが、他人が真似できないぶっ壊れプレイヤーがいるなんてクソゲーだし、逆にこれといって差がないならNFTの意味がないし、ゲーム内でRMTが横行すること自体民度最悪になるしまともに遊べるワケねーよ


東京ゲームショウの主催CESAという団体が有って、参加するなら団体の主旨に賛同しなければならない。「日本はRMTを認めている」とか言うアホが稀に居るけど、禁止する法律が出来ていないだけで、団体は反対しているし、参加企業も批准している