【ゲーム】敵の攻撃を吸収して大きな攻撃をブチかますシューティングゲーム『DRAINUS』とんでもなく面白い!


 5月22日(日)に開催された「INDIE Live Expo」の2日目にて、『DRAINUS』の最新映像が公開された。

 本作は「東方Project」を題材にした『Touhou Luna Nights』や小説『ロードス島戦記』をもととする『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』など、「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンルの作品を複数手がけてきたスタジオ「Team Ladybug」による最新作。オリジナルの横スクロールシューティング作品となっている。

Steam向け横スクロールシューティングゲーム『DRAINUS』発売開始1
(画像はYouTube「DRAINUS (90秒バージョン)」より)

 シューティングゲームとしての特徴は、敵の攻撃を「吸収」できる点だ。ガードゲージを消費して敵弾を吸収し、その後には「リフレクター」と呼ばれる、ホーミング攻撃が自動で行われる。リフレクターは敵の攻撃を吸収すればするほど威力が高まるので、ピンチを切り抜ければそれだけ強力なカウンターを放つことができるというわけだ。

 いわゆる「粒」状の弾だけではなく、照射されるレーザーも吸収可能。もちろんガードゲージには上限があるため永遠に吸収し続けることはできないが、画面の大半を埋め尽くすような攻撃をもたやすく潜り抜けられるユニークなシステムとなっている。一方で一部の物理的な攻撃は無力化できないので、吸収と回避を使い分けるプレイングが求められる。

Steam向け横スクロールシューティングゲーム『DRAINUS』発売開始2
(画像はYouTube「DRAINUS (90秒バージョン)」より)

 敵を倒すことで溜められる「エネルギータンク」を複数集めれば、機体の新たな攻撃方法や、いざというときに守ってくれるシールドといった機能を拡張できる。戦闘の最中でも一時停止してアップグレードを行え、解放済みの機能ならば付けかえることもできるので、いつでもプレイスタイルや戦術を変更し、局面に対応することが可能となっている。

 『DRAINUS』はPC(Steam)向けに5月22日(日)より配信開始となる。数々の有名IPの関連作も手がけてきた名門インディースタジオによる最新作に、この機会に触れてみてはいかがだろうか。

Steam『DRAINUS』販売ページはこちら「Team LadyBug」公式サイトはこちら「Team LadyBug」公式YouTubeチャンネルはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

コンピュータゲームのジャンル > シューティングゲーム シューティングゲーム(英: shooting game)は、敵を撃つことがメインの、コンピュータゲームのジャンルのひとつ。STGやSHTと略記される場合もある。 主に弾丸やレーザー光線などの飛び道具を用いて敵(敵の機体、敵の兵器、敵の生物、敵のエイリアン、敵の兵など)を撃つ。
88キロバイト (11,910 語) - 2022年5月19日 (木) 08:56


(筆者コメント)
敵の攻撃をかわして攻撃を当てるゲームならたくさん見て来ましたが、このゲームはひと味違う。敢えて敵の攻撃を受けてそれを吸収し大きな力に変え撃退!単純なゲームに見えるが中々おもしろいんです。

<このニュースへのネットの反応>

ダライアスと読み間違えた人。素直に挙手しなさい。(・ω・)ノ





どちらかというと最初で斑鳩かと思ったわ


横だからシルエットミラージュかな


ギガウイング思い出した。


だれか氏 ホントだ!ダライアスじゃない!


トレジャー作品系?


読みはドライナスかドレイナスでいいのか?


ドレイナスじゃないかな、Drain(吸う)とUs(我々に)で


弾吸ってる間はショットが打てないっぽいな、いい塩梅だ。砂漠ステージはめちゃくちゃメタルブラックだし、グラディウスっぽいボス、GTみたいなボスもいてオマージュ半端ない。すばらしい