ゲーム『龍が如く』という名作を生み出した男「名越稔洋」Twitterアカウントを開設!←作ってなかったんかいww


 ゲームクリエイターであり、 名越スタジオ代表取締役社長の名越稔洋氏は9月16日、自身のTwitterアカウントを開設した。


 名越稔洋氏は2020年までの『龍が如く』シリーズ『JUDGE EYES』シリーズを手掛けたゲームクリエイターだ。

 同氏は1989年にセガへ入社後、CGデザイナーとして『バーチャレーシング』、『バーチャファイター』の開発に参加したのち、『デイトナUSA』『モンキーボール』などの開発に携わっている。そして、前述のとおりにセガにて『龍が如く』シリーズや『JUDGE EYES』シリーズの開発に深く携わってきた人物だ。

 2021年の10月には2011年よりセガ内に設立されたゲーム開発チーム「龍が如くスタジオ」の再編成が発表され、あわせて名越稔洋氏はセガを退職すると発表。2022年1月には、自らが代表を務める新会社「名越スタジオ」を設立したことを公表した。

 「名越スタジオ」はNetEase Gamesの傘下となっており、『龍が如く』シリーズや『JUDGE EYES』シリーズ、『スーパーモンキーボール』などに携わった、名越稔洋氏にゆかりのあるスタッフが所属している。今回Twitterが開発されることで、同アカウントから「名越スタジオ」の新作ゲームに関する情報も期待したいところだ。

 なお、名越稔洋氏の投稿によると、同アカウントではエンタメと猫について発信されるという。


 9月16日には、名越スタジオと電ファミニコゲーマーのコラボ企画として、名越稔洋氏を招いた公開インタビューがTwitterのスペースにて実施された。

 電ファミニコゲーマーでは同オンラインイベントのレポート記事を後日公開するため、名越稔洋氏のファンは欠かさずチェックしよう。

『龍が如く』の生みの親・名越稔洋氏がTwitterアカウントを開設_001
名越稔洋氏のTwitterはこちらNagoshi Studio - 名越スタジオの公式サイトはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

名越 稔洋(なごし としひろ、1965年6月17日 - )は、日本のゲームクリエイター。セガ所属を経て、株式会社名越スタジオ代表取締役社長。 山口県下関市出身。東京造形大学映画学科卒業後、1989年にセガへ入社。AM2研の鈴木裕が手掛ける『G-LOC』や『バーチャレーシング』、『バーチャファイター』…
14キロバイト (1,798 語) - 2022年9月20日 (火) 10:18


(筆者コメント)
ぱっと見、超いかちぃ男性の名越稔洋さん!
私が大好きなゲーム「龍が如く」の生みの親であり、尊敬する方の1人でもあります。「龍が如く」の主人公である桐生一馬の生き方は私の生き方にも影響するほど男らしく真っすぐな生き様です。主人公が交代してしまいショックでしたが、「8」でまた彼が返って来ます。楽しみ過ぎます。
話しを戻しますが名越稔洋さんまだTwitterアカウント開設してなかったんですねww

<このニュースへのネットの反応>

ねこです。よろしくお願いします。





レイシストだ!


こいつトナにも関わってたんか…(スカッドレースをプレイしながら)


金ネクマンだ


チー牛おじさん


失言か誤爆で恥かくのが関の山だぞw


顔が歌舞伎の化粧みたいに見えるんだけど、なんか狙ってるの


手当たり次第チー牛認定して遊ぶのかな?


~サブストーリー~Twitter開始


このおっさんゴールデンカムイにでも出そうなツラ構えしてんな


チー牛の人


このおっさんなんぞより、ともくんの方が需要あるだろ。