大阪に漫画『ザ・ファブル』の殺し屋が武器としてサンマを持つ広告が好評!これは笑うww


 漫画『ザ・ファブル The second contact』の巨大でユニークな広告が、大阪各地に登場し話題を呼んでいます。いかつい殺し屋たちが、武器じゃなくてサンマ持たされてる……!

【その他の画像】

 同作は伝説の天才殺し屋「ファブル」ことアキラが、訳あって表の社会で一般人として暮らしながらも、裏社会の事情に巻き込まれる物語。ゆえに作中では、しばしば物騒なシーンが描かれます。

 こうした“せっかくの見せ場”は広告規制に触れるため使えないのですが、今回のポスターでは問題を「サンマの起用」で解決(?)。アキラが刃物や銃の代わりにサンマを構えることで、表現をぐっとマイルドにしました。それでいて、「たいがいのことは知恵と工夫で乗り切れる」というせりふもあって、「アキラならサンマでもどうにかできそう」といった迫力を感じさせるのだからすごい。

 「いい――サンマだな――」「プロはサンマでも宣伝できる」「サンマなら誰も傷つけねえ――」など、せりふまでサンマ寄りに改変された広告は、Twitterで「こんなん笑うわ」「ズルいわこんなん」と大好評。広告は道頓堀やなんば、心斎橋や梅田、御堂筋など大阪各所で、第1弾が11月11日まで掲出されており、11月14日から11月18日には第2弾が登場する予定です。

画像提供:ながれ兄さん

「※広告規制により、サンマを持たされています」――とりあえずクチバシが黄色くて新鮮そうな良いサンマですね!


(出典 news.nicovideo.jp)

ファブル』は、南勝久による日本の漫画。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。第2部として『ファブル The second contact』と改名し、2021年34号より連載。 2017年、第41回講談社漫画賞一般部門受賞。2022年…
104キロバイト (16,631 語) - 2022年11月7日 (月) 14:59


(筆者コメント)
こういったコラボの広告って良いですよね。
殺し屋なのにクスッと笑えます。

<このニュースへのネットの反応>

本文「―」は「ダッシュ」だが───プロは「罫線」を使う────





お船のあれも多分それや


どんなサンマでも常に6秒以内に食せって訓練してたから……


最近アキラの猫舌設定忘れてるみたいで寂しい


第二弾は全裸で七輪使ってサンマ焼くんだろうなぁー


ザ・ファーwwwブル


ここは目黒か


阪急梅田地下のとこで見たわw


つまんね