アニメ『異世界はスマートフォンとともに。』ゲーム化するも「123」でユーザー逃げる!


<記事内容>

ライトノベルが原作の”なろう系”アニメ『異世界はスマートフォンとともに。』について、2023年4月の第2期放送に先立ちG123によるゲーム化が発表された。タイトルは「異世界はスマートフォンとともに。ハピネスクレイドル」で、RPGゲームとして本日より事前登録を受付開始。

【高画質画像は元記事をチェック】

G123の提供なのでブラウザゲームであることが特徴的で、フルオートで展開するターンバトル制や放置要素も含まれるという。作品に登場するヒロインたちとともに冒険をしたり、親交を深めたりすることができるという。

事前登録にあたって、参加件数に応じてサービス開始時にアイテムを全員に配布する「事前登録キャンペーン」も行われる予定で、事前登録件数が10万件達成で、30連分のガチャアイテムや☆4仲間キャラ「フランシェスカ」など、第2の人生を楽しくスタートできる冒険必需品が手に入る。

■事前登録キャンペーン応募方法
「イセハピ」の事前登録は、以下の方法で参加を受け付けています。
1.ゲーム公式ページにて登録:https://s.g123.jp/j5qnaawn
2.公式Twitterのフォローで登録:https://twitter.com/isesuma_hc
3.公式LINEの友達追加で登録:https://lin.ee/fV4a48x

©冬原パトラ・ホビージャパン/異世界はスマートフォンとともに。2製作委員会©CTW, INC. All rights reserved.


【公式サイト・情報元など関連リンク一覧はこちら】
『異世界はスマートフォンとともに。』がRPGゲーム化:G123新作ゲーム「イセハピ」発表
(出典 news.nicovideo.jp)


異世界はスマートフォンとともに。』(いせかいはスマートフォンとともに。In Another World With My Smartphone)、冬原パトラによる日本のライトノベル。略称「イセスマ」。2013年から小説投稿サイト「小説家になろう」にて連載開始。また、2015年からHJノベルス(…
160キロバイト (24,803 語) - 2023年1月20日 (金) 21:20


<筆者コメント>
「G123によるゲームはクソゲー」ということが話題になっています。なぜかこの「G123」の提供って評判よろしくないですね。今度はどうなのでしょうか?







<このニュースへのネットの反応>

粗製乱造されたラノベアニメが残らず2期来るかもしれない。それはまるで『SIREN』の屍人のように。





また集金ゲーですか。本気出して10年続く様なものを作ったらどうです。まあいつもの有象無象でしょうけど()


有名タイトルの名前を借りて出すゲームがことごとくクソゲーで有名なゴミ123じゃないですか


123かよ・・・。別なところがよかった。


八男の広告で死ぬほどウザかったとこか。


フッ、まるでソシャゲだな


ガワだけ変えてシステムは同じ、の金太郎飴的ゲームでしょ。知らんけど。


廃課金するアニメだったかな


ここはイカサマなしの将棋ゲームで行こう(提案


まるで艦これだな(万物の起源は艦これだから仕方ないけど)


『異世界はガラケーと共に』、まだー?