進化するゲームのグラフィック、しかし捉え方は人それぞれ「ドット絵は古い」ではなく芸術!


<記事内容>

 新しいゲーム機の発売と共に、目覚ましく進化を遂げてきたグラフィック表現。その過程を目の当たりにしてきた我々大人世代にとっては、ドット絵が古くて3Dが新しいという認識を持っている方が大多数であるはず。

 ところが、今の子どもたちにとってはどうでしょう。生まれた時から美麗なグラフィックのゲームに触れているため、大人世代とは少し認識が異なるのかも。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 二児の母でありイラストレーターとして活動する「てらちあ」さんが、子どもたちとのやり取りから感じた「世代によるグラフィック観の違い」を描いた漫画が、ツイッターで大きな注目を集めています。

■ 世代によるグラフィック観の違い

 大きく2コマに分けられた漫画の1コマ目に描かれているのは、大人世代のグラフィック観。「ドット絵」「なめらかな2D絵」「3D絵」と分けられた3種類のうさぎの下に右方向の矢印が付けられており、左から順番に進化してきたことが瞬時に理解できます。


 一方の2コマ目には、てらちあさんのお子さんである、今の小中学生世代のグラフィック観が。「ドット絵」「なめらかな2D絵」「3D絵」の下には三叉の矢印がそれぞれに向けられており、「表現の選択」と書かれています。


 つまり、今の子どもたちは、グラフィックの違いを「新旧」の概念ではなく、「表現における一つの選択肢」として捉えているのでは?という仮説を描いた内容となっています。

■ 大人には「古い」表現でも子どもにとっては「一つの選択肢」

 筆者も幼少時から四十路目前の今現在まで、ずっとゲームが身近にありましたが、この考えには思わず「なるほど」と唸りました。

 確かに、「テラリア」や「アンダーテール」といったドットグラフィックを用いたゲームが人気を博すなど、今でもその表現方法は第一線で活躍しているため、一概に「古い」とは言えないのかもしれません。

 てらちあさんやてらちあさんのお子さんも日ごろからさまざまなゲームをプレイしているそうで、「そういえば娘たちからゲームのグラフィック部分について『古い』『新しい』という評価を聞いたことがないな……」と常々感じていたのだそう。

 ちなみにお子さんがこれまでプレイしたゲームは「マインクラフト」から「スーパーマリオオデッセイ」「モンハンライズ」や「十三騎兵防衛圏」ほかインディーゲームやフリーゲームに至るまで、そのジャンルは多岐にわたります。

 たしかにどれも比較的新しいゲームではありますが、それぞれでグラフィックの表現は全く異なりますから、てらちあさんの仮説は正しいのかもしれません。

 ゲームのジャンルと言えば「RPG」や「アクション」といった内容で区分されてきましたが、これに加え「ドット」「3D」「2D」といったグラフィックの種類でも分けられるようになるかもしれませんね。

■ 投稿に多くの共感の声 「表現の選択」出来る子どもたちが羨ましい

 投稿には5万件を超える「いいね」が付くなど、大きな反響が。「うちの子たちも」といった声など、てらちあさんの仮説に同意の声が多数寄せられました。

 こうした「表現の選択」が出来る子どもたちに対し「うらやましいです。その感覚でゲームをやってみたい!と思ってしまいます」と、羨望の眼差しを向けたてらちあさん。ゲームの進化を知る世代としては、この感覚はどうしても味わえないでしょうから、うらやむ気持ちはとても良く分かります。

 続けててらちあさんは、「こういったものを遊んだ子どもたちがどのようなゲームを作ってくれるのか楽しみすぎるので、絶対長生きしようと思います」と、未来への展望も。

 一時はハードの性能をフルに活かし、いかに美麗なグラフィックであるかを各社がこぞって競っていた時期もありますが、それはもう昔の話。そういや最近は「クソグラ」なんて揶揄もめっきり聞かなくなったような。

 ドット絵でもローポリでも、ただひたすらに面白いゲームがプレイしたい。こう考えているゲームファンはきっと多いはず。今後も我々が想像もしないような、ユニークな発想のゲームが続々と生まれることでしょう。


<記事化協力>
てらちあさん(@terachia_a)

(山口弘剛)

ゲームのグラフィック観に世代間ギャップ?仮説を唱えた漫画に多くの共感の声
(出典 news.nicovideo.jp)


096色中の16色をインデックスカラーで表示できるというスペックで、特にコンピュータゲームの表現力の向上に貢献した。 日本国内のパソコンはまだグラフィックデザインの分野で実用するには貧弱なものであったが、1987年に最初のカラー仕様のMacintosh II(640×480画素、ソフトウェアによるインデック
20キロバイト (2,927 語) - 2022年8月16日 (火) 05:28


<筆者コメント>
ファミコンやゲームボーイなどドット絵ゲームから始めた世代からするとグラフィックの美しいゲームの方が良しとしてしまいがちですが、ドット絵ゲームはそういったジャンルとして捉える方も多いようです。








<このニュースへのネットの反応>

これは「大人」側のほうに共感できないかなぁ





PS1世代としてはGCやPS2でキャラクターの関節の継ぎ目が見えない事に感動したっけなぁ。


昔から作品によって CG のレベルがまちまちだったし、作品の主張・世界観に合わせている感じがあったから、大人側も表現の選択として見ている人が多そう。


CUIベースや「街」みたいなゲーム知ってりゃ世代がどうのこうの言うの自体的外れだってはっきりわかんだね


音楽史や美術史における作風とか手法とかもそんな感じ。後の世代の人間にとっちゃ「印象派!新しい!!」とはならんもんな。


見た目より面白いゲームを作る事に、もっと必死になって欲しい。つまらんゲームを作る良い訳にはならん。画質落としてでも面白い物を頼む。


その表現・CGの進化の頂点がサクラ大戦3OP(CGから描き起こした手描き 2001年)である


ファミリーコンピューターが出始めた頃(1983年頃)に小学生・中学生だった世代は、一番左から順番に視て来たのでしょうけど。 ただ最近は「最初に触れたゲームはプレステだった」という大人も多いでしょうね。


昔何処かでだが、すべてのゲームは3Dになり2Dは廃れると言われていて、ソニーはPS1開発のときに3D描画にこだわりすぎて2D描画を蔑ろにしてしまった(メニューやUIなど2Dで描けば良いところをわざわざ3Dで描かせるくらいに)っていうのを聞いたことがある。それ故に人気ゲーム機となってもアーケードゲームの移植は2D描画スペック不足と作りづらさで苦労したそうな。


これは世代間ギャップじゃない。ゲーマーに興味持ってる人かどうかだよ


「古いゲーム」と「今のドット絵ゲーム」は似て非なるもの。


文字(CUI)は?(半ギレ)


最近のバイオも嫌いじゃないけど、昔のバイオの怖さはローポリの不気味さもあってのものだと思う、でも復権は無理だろうなぁ。


そもそもドット絵と言ってもシステム全体で単色→キャラごと単色→制限のある複数色→各ドット色指定可能と結構差があるのだけれど


ファミコンやMSXあたりは故意に文字化けさせて画を作っている(文字の形データをいじって変形させ、その文字を画面に敷き詰めている)。それを更に動かすとなると狂気の作業が必要になる。見た目はもちろんだけど、技術も知っていると各時代の職人芸で作られているのが判って面白いよ


昔のドット打ちのドット絵と違って今のゲームのドット絵って絵描きが普通に描いた絵をPCに取り込んで画素数を粗く加工しただけに見えるな


PS1時代の時は進化より退化を感じたかな。2Dで表現できて遊べるゲームをわざわざカクカク不気味なポリゴンの3Dにして大事なの失ってんなーって。今ではあの3Dが「味がある」と感じてしまう不思議


新古が産まれるのはセンスとか時流の部分であって、3Dだの2Dだのは絵柄の違いでしかないよ。


ドット職人が少ないから昔のリメイク作品のドット絵は大概劣化してるんだよね