【ゲーム】今の10代には分からない!『グラフィックがヒドい90年代のゲーム』だけどそれが良かったんや!!!!!!!!

プレイステーションの画像

グラフィック荒かった?

「それ今さら言う?」って思うことがある。どう考えても納期に間に合わないペースでダラダラ進捗していて、ギリギリになって「どうにか先延ばしできないかな」みたいなことを深刻そうな顔で相談してきたり。

こういう「今さら言うなよ」ってことは、世の中に山ほど存在している。ゴロゴロと。今回は、まさにその好例とも言える話を紹介したいと思う。(文:松本ミゾレ)

FF7』とかも今の目で見ると拙いけど、当時はそこそこリアルだったよね

先日、2ちゃんねるに「【悲報】90年代後半のゲーム、今見ると酷い」なるスレッドがあった。スレ主はその例として『ファイナルファンタジー7』や『ゼルダの伝説 時のオカリナ』などのキャプチャ画像を添付しつつ「こんなんでよく楽しめてたな」と書き込んでいる。

これ、スレ主が昔これらのゲームで遊んだ経験があるのか、それともこれらのゲームを遊んだことのない若い人なのかってことは不明なんだよね。でも、前者の場合はグラフィックの進化の過程にあったこの時代のゲームを存分に楽しんでいたとも取れるし、後者の場合はたしかに拙いグラなので、「こんなんで楽しめるのか?」と思う気持ちも分かる。

スレッドには賛否含む色んな意見が寄せられているので、ちょっと引用させていただきたい。

「当時はこれで満足してたんか? 嘘やろ?」
「当時はすごかったんやぞ」
「『時のオカリナ』はかなり頑張ってたぞ」
「『FF8』や『クロノクロス』とかのグラは当時衝撃やったんやけどな」

と、こんな感じで、やたら「当時」というワードが目立つんだけども、やっぱりリリース当時の『FF7』なんて僕はたまげたからね、本当に。

だってポリゴンキャラが画面の奥に行くと小さくなって、手前に移動すると大きく表示されちまんだぜ! そんなことすら衝撃をおぼえる程度には、90年代後半のゲーム事情って今とは比較にならないレベルだったのだ。

でも、そんな衝撃なんて今のゲームキッズたちには伝わらないよね。多分何を言っても「懐古ジジイ気持ち悪い」って思われるだけだ。

実際、当時遊んだゲームも今やるとキツかったりする。特にポリゴン系

僕は初代プレステ世代なので、『FF7』やら『女神異聞録ペルソナ』とか『キングスフィールドIII』辺りの超有名タイトルを一通り遊んできた。今でも大好きなタイトルばかりなんだけど、さすがにそれを「もう一度、今やるか?」と言われたら遠慮してしまう。

ペルソナ』は、キャラは2Dなので別にそこまで違和感なく遊べる気はするけど、『FF7』とかポリゴンで表現されてる作品となると、やっぱり粗が目に付いてしまう。それだけ目が肥えてしまったのだ。当時死ぬほど遊んだゲームに対してさえ、そう感じてしまうほどには。

やっぱりカクカクし過ぎてるし、カッコイイよりカワイイというイメージを今となっては抱いてしまう。ダサいとまでは思わないが、気になってしまうようになったというかね。僕みたいなおっさんすらそう感じるんだから、若いゲームファンならきっと噴飯モノなんだろうなぁ。なんか悲しいなぁ。

今も手元には90年代後半にリリースされたゲームがいくつか残っている。でも、『FF7インターナショナル』も『モンスターファーム2』も、面白かった記憶はたしかにあるけど、さすがにもう遊ばないはずだ。

逆に『ファイナルファンタジータクティクス』みたいに、ポリゴンがマップぐらいにしか使われてなくて2D表現のキャラが活躍する系のゲームなら全然今でも遊べてしまうけどね。

「90年代後半のゲーム、グラフィックが酷過ぎる」という投稿を見て感じたこと


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲーメスト』は名作ゲームを振り返るコーナーで「OLDゲーム」としている。これは新作ゲームが「ニューゲーム」と呼ばれたのと対極の言葉だった。『ログイン』1987年6月号では「レトロゲーム」が使われ『アルノナイド』『ブレイクアウト』のようなゲームをリメイクするレトロ
9キロバイト (1,326 語) - 2021年6月13日 (日) 12:23


筆者コメント
1990年代のゲームは今のゲームと比べると当然グラフィックも機能性もかなり劣る。でも当時は年々美しくなっていくグラフィック、特に背景に感動していた。あの頃が懐かしい。


<このニュースへのネットの反応>

その前にスーファミとかのドット絵にならされてるからなぁ


すごくリアルだったのは背景だよね。FF7当時見てもキャラクターはちょっと酷いと思った。FF8くらいになると素直にすごいと思った。序盤の保健室のカーテンの揺れが滑らかで驚いた気がする(と思って確認したら今見るとそうでもなかったw)


カクカクすぎてファミコンソフトよりやりにくい作品も多い時期だったな・・・


PCエンジンCDROMを開発していたハドソンは2Dのアニメーションに全振りしたPC-FXを発表しましたが、その時代既に3Dが注目されローポリのキャラがマップを自由に行動できるシステムやカクカクのキャラがリアルに戦う『バーチャファイター』が脚光を浴びており、健闘も虚しく敢えなく轟沈することになりました。変化に適応できない種は絶滅するという好例です。


個人的にバイオ1(96年発売)の振り向きゾンビは、今見てもゾクッとするぞ。


グラがいくらきつかろうが想像して補えてたからなぁ


バーチャファイターという未来


グラそのものは荒いんだけど逆にそれを上手に活かして味のあるタッチに仕上げたベイグラントストーリーは神ゲー(※90年代ではない)


結局プレステは手を出さなかったなぁ…


バーチャファイターとか闘神伝とかポリゴンカクカクだったけどそれでも凄く楽しめてたからな


見下ろし型の頃のGTAをGTAと言って遊ばせても信じててくれなさそう


「ポリゴン」という技術がようやく浸透していった時期だったんだよね。どのメーカーも色々と試行錯誤していたんだよ。


面白さとか楽しさっての全てがグラフィックで決まるわけじゃないからなぁ


あんな鉄アレイみたいな腕でも初見だと気にならないもんだ。背景のグラフィックはちゃんと作ってるし。


【ファミコン→スーファミ→SS/PS→DC/PS2と時系列を進んだ】現実を考えろ。【今の感覚で昔の作品を見る=時系列の逆行】をしたら評価が変わって当たり前だと気づけ。仮に20年後の誰かが今のゲームを見て同じことを言ったらどう思うか考えろ。


実際サターンはPS以下のポリゴンにムービーと当時でもこ汚いグラフィックだった。バーチャリミックスやストライダー飛竜2とかほんとあんなのがゲームセンターに並んでたのは新鮮やら情けないやら。PC-FXは大失敗と言わざるを得ないが当時のポリゴンを有難がる風潮も大*としか思えない。


逆に今のゲームにグラフィックは求めてない、特に画質


そもそもグラフィックがしっかりしてないと楽しめないだろうってのが幻想なんだよなぁ ゲームの楽しさの本質は全然違うとこにあるから心持ち次第でいくらでも楽しめる 手抜きが見えると興が削がれるけどね


クーデルカとかデスクリムゾンの話、する?ただなあ、技術は日進月歩なわけで、アレだったからこそ進歩の余地があり、その結果がクオリティの向上なんじゃね?ワンクリックの一瞬で進化するRTSの様にはいかないもんよ(これぞオッサンと言われるようなテンプレ)


上で2Dの紙芝居が終わってるなんてコメントありますけど、クロス探偵物語のような作品もある。俺は今の目でFF7とクロス探偵のどちらが奇麗かと100人に聞いたら99人はクロス探偵に軍配を上げると思う


今でもPS初代のゲームやるけど求めてるのはそこじゃないからなぁ自分はめちゃくちゃ楽しんでやってる


確かに90年代後半に「ひどい」谷底があった気がするな。 拙いカクカクポリゴンなんぞに縋ったキャラデザインは、ドット絵時代よりも明らかに劣化していた。


あと海外勢への敗北が確定したのもこのころ。


あのポリゴンの不気味さが凄い好きだった、特にムジュラの仮面


セガしかり、SNKしかり、ポリゴンに対応できない会社は容赦なく淘汰される。そんな時代でしたね……


FF7は当時でもポリゴンキャラがカクカクしてるってのはみんな言ってたね、FF8のイベントムービーのグラフィックは凄い衝撃受けたな