チェンソーマン作者、読者に描写を指摘されて一部変更させられる!

 少年ジャンプ+編集部が、藤本タツキさんによる読み切り漫画『ルックバック』の一部表現の修正を発表しました。「ジャンプ+」上では既に修正版が配信中です。

【その他の画像】

 『チェンソーマン』で知られる藤本さんによる、7月19日公開の読み切り作品。同作はその内容のセンセーショナルさから、公開直後にはTwitterトレンド1位を記録。これまでに閲覧数500万以上を記録するなど、大きな評判となっていました。しかし作中の一部表現を巡り、特定の精神疾患を持つ人への差別を助長するのではないかとの批判も見られ、議論を呼んでいました。

 今回修正されたのは、作中の殺人犯まわりの描写。修正前は、犯人が自分の作品を盗作されたと訴え、幻聴や被害妄想により凶行に及んだかのように描写されていました。修正版ではこうした描写が差し替えられ、より無差別な通り魔殺人として描かれています。

 当初の描写に対しては、同作をラジオ番組で好意的に取り上げた評論家荻上チキさんが「特定の精神疾患群に対して、『対話不能な凶悪犯罪者』であるというステレオタイプ的な読解を生み、補強しうるというのは、その通りだと思います」と補足する文章をWeb上で公開したほか、精神科医の斎藤環さんが「私は本作の出版を、2021年の漫画史に刻まれるべき悦ばしい出来事として記憶にとどめたい。だからこそ、紙媒体での出版に際しては、アンチスティグマのための配慮を強く求めたい」と、意見を表明する動きなどもありました。

 少年ジャンプ+編集部は今回の修正について、「作品内に不適切な表現があるとの指摘を読者の方からいただきました。熟慮の結果、作中の描写が偏見や差別の助長につながることは避けたいと考え、一部修正しました」と説明しています。

 『ルックバック』は9月3日に単行本が発売予定です。

ジャンプ+『ルックバック』配信ページより


(出典 news.nicovideo.jp)

ルックバック』は、藤本タツキによる日本の漫画作品。『少年ジャンプ+』(集英社)にて2021年7月19日に公開された、全143ページからなる長編読み切りである。小学生4年生の藤野と、同校に在籍する不登校の京本の、漫画を描く女子2人の人生が描かれている。 藤野は学年新聞で4コマ漫画を連載し、周囲から絶
14キロバイト (1,954 語) - 2021年8月3日 (火) 07:33


筆者コメント
藤本タツキさんの漫画は私もとても好きです!当然アンチや指摘もあるでしょう。でも漫画って何でも表現できるから楽しい訳じゃないですか?そういう指摘を真に受けて修正してちゃドンドンつまらない物になると思うんです。屈してほしくなかったです。本当にダメなものは編集の時点でアウトになります。指摘されて修正ばっかりしてたら本当につまらなくなるよ?
ゾウさんをしなくなった「クレヨンしんちゃん」みたいにね・・・


<このニュースへのネットの反応>

じゃあ通すなよって話だが、見た感じあのくらいの修正なら全然問題ないとオモタ。逆に修正前のセリフ描写に拘って「障害者団体の圧力なんかに屈するな!!」なんて言ってる人たちのほうが見てて危険。まんま予備軍じゃん(何のかは敢えて言わんが)


いや最初読んだ時の犯人への印象は「世の中ヘンな人もいるからなぁ」くらいの感想だったのが、この修正騒ぎのせいで「精神疾患の人はこういうことするかも知れないんだ怖……」ってなりましたよ? ニュースになることで読んでなかった人にも拡散するし、むしろ逆効果なのでは?


クレームがあったから対応しました!っていうのを見るたびに思うんだけど、クレーム=正義じゃないからね? クレーム入れた人が極少数派のたまたま声の大きい人だったら、現状で納得してた多数派は無視されるの? クレームが入ったら100人とか1000人とかに「これは問題ですか? 修正した方がいいですか?」ってアンケートとって対応を決める方が良いんでないの?


テコンダー〇「おっ、そうやな!」


こういうフィクションと現実の区別がつけられないバカ共の為に、全ページに赤大文字で『この物語はフィクションです。実在の法律・人物・地名等とは一切関係ありません!!!!!!』と書いとくべきだな。


フィクションって単語知ってるか?


>くそむし 『実在の病気・症状とは全く関係ありません!』もプラスだな


え、どっか修正するとこあったっけ!?って思ったわ。実際、現実でも適切な治療や投薬を受けてない精神疾患者が被害妄想から起こしてる事件もあるのに、そこを修正しろってのはちょっと変な話な気もする


盗作被害妄想と言えば、京アニ放火犯がまさにそれだったからな…。よく知られた重大事件と被るってのはやっぱ厳しいのかね


より対話不能な精神異常者に差し替えられただけでなんも変わらんよな


そうだな。なら精神疾患者だけじゃなく「中肉中背の男性」が殺人者と言うステレオタイプ的な読解を解くことも、アンチスティグマのための配慮も必要だな


表現の不自由展ってのはこういうものを展示すべきなんじゃないのかね


なお「中学生で漫画描いてるとかオタクかよキモチ悪い」という台詞は修正されなかった模様。人権に配慮したんじゃなく、声の大きいクレーマーだけに配慮したんでしょ。精神疾患に対する差別が広がるより、クレームを入れれば修正させることが出来ると成功体験を与えてしまったことの方を懸念するべき。


ジャンプはすぐクレーマーに屈して原作者に謝罪させたり修正に走る


こういうのがいるから漫画とかアニメの表現の自由がどんどん侵害されてってつまらなくなるんだよ


クレーマーは何にでも文句を言う


殺人犯の創作に対する無念とか才能への嫉妬みたいな動機付けが無くなり舞台装置と化したせいで終盤の展開と主人公の後悔が薄っぺらなものになってしまった。極論、「突然隕石が降ってきた」でも同じ役割を果たせるしな。作品の質を落とす修正は*。


マンガは読んでないけど、盗作妄想兄貴って手に負えないよな。昔ヤベェ先輩隊員がいてな、空き部屋に後輩集めて「これどう見ても俺のSSのパクリなんだよね。なぁ。誰なん?〇〇(人気作家)にアイディア売ったの。犯人名乗り出るまで全員外出禁止な」みたいに大騒ぎすんのよ。でもそいつの書いたつまんねぇSS、そもそもが仮面ライダーのパクリ物だったんだよな。…あの人種は怖い…。


え?これこそ表現の自由なんじゃないのか…?


「特定の精神疾患を持つ人への差別を助長する恐れ」と有るけれど 事実を含めた内容としてキチンと理解させないで「差別だー!」とすればするほど余計な偏見が広がるので対処も表記しないと駄目じゃないかと…(※個人的に浮かんだのが「癲癇【てんかん】」の世間一般の印象と事実の乖離 一時期交通事故が多く「薬をキチンと飲まずにいると危険」が癲癇≒危険に成ってしまっている」)


でもその修正させた”差別を冗長するような盗作被害妄想による凶行”が本当に現実で起こった事件であって。タツキはその不条理性をただコピペして現実とリンクさせただけ。漫画だけ読んで差別を冗長するような奴は、結局現実で起こった事件を見知った程度で冗長する人間なわけよ。『創作物の負の影響力』っていうスケープゴートはいつになったら見直されるんすかね?


あー精神疾患とそれを取り巻く奴らはこういう奴らなんだなあと思ったね。黙っていれば頭のおかしい個人で済んでいたんだけどね


じゃあ誰なら人をころしてよかったのか集英社答えて


クレームを入れたらそれが罷り通ると言うなら、修正したことにもクレームを入れればいいそれをせず、ただネットで文句を言うだけだから、出版社も規制派の声のみを聞かざるを得なくなるこういうことに修正するなと逆にクレーム入れたら流れ変わるんじゃない?


outlastとか海外や日本で問題にならなかったのかチャー研は当時のレーティングでは問題無かったんだろうが


その動機が大事なんですけど?誰だこれにクレーム入れたヤツ。妄想と現実の区別がつかない精神疾患なんじゃないのか


「差別を助長する恐れ」と言えば表現を弾圧できるって事だな。