アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: ゲームNews



    中国が作る「日米ゾンビゲーム」がすごいとかなり話題に!発想とクオリティに感激!!しかしコメントがエライことに・・・


     近年、中国企業が制作するゲームの質が大きく向上しているが、ここにきて中国企業が「日本を題材」にしたゲームを作ったという。日本に文化侵略された昭和の米国でゾンビと戦う、という設定のゲームだ。中国のQ&Aサイト・知乎はこのほど、中国企業が作ったゲームが、意外と外国人に受けていると紹介する記事を掲載した。

     記事の中国人筆者はまず、このゲームの内容を初めて知った時、「テーマも内容もあまりに突飛すぎる」と感じたそうだ。それもそのはず、「日本の昭和時代と、日本に文化侵略された米国のストーリーという組み合わせ」は、イメージするのが難しい。しかもそこにゾンビが出てきてB級ホラー映画のような作りになっていると伝えた。

     中国人筆者によると、内容を聞くだけでは突飛に感じられるが、「予告編を見た中国人ゲーマーは、ほとんど全員が親指を立てた」そうだ。全くあり得ない設定だからこそ面白いという心理と、昭和設定の米国にちりばめられた日本製品の広告や日本風の地名など、細かな設定が良くできていると感心したと伝えている。

     しかも、このゲームの反応は意外と「外国でも良好だったらしい」と紹介している。中国人ゲーマーらは、自分たちは気に入ったが、外国人はどう感じるか、特に日本人の反応がどうか気になっていたようだ。しかし思いがけず日本人を含む外国人から評判が良く、むしろ期待されているようだと嬉しそうに伝えた。確かに日本のネット上でも好意的な声が多いようだ。

     記事の中国人筆者は、中国初のゲームがとうとう世界に広まり、日本人にまで期待されていることに満足している様子だ。日本を追いかけてきた印象の中国のゲーム業界だが、ずいぶん質を高めてきていることが分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    中国企業が制作した「日本を題材」にしたゲーム、「日本でも期待の声が!」=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    シューティングゲームの分類方法はいくつもあるが、視点、スクロール方向、攻撃手段などによって分類されることが多い。大別すると、2Dシューティング / 3Dシューティング、ガンシューティングゲームに分類される。#分類・種類 広義のアクションゲームの下位概念、と分類する方法もあり、アクションゲーム
    88キロバイト (11,926 語) - 2021年12月19日 (日) 17:53


    筆者コメント
    私もこのゲームはとても楽しみです。
    日中米が関係するゲームなんてすごく珍しいじゃないですか?

    舞台は日本に文化を乗っ取られたアメリカで、なぜかゾンビを倒すゲーム。聞いた感じは「はぁ?」ってなりますが、興味深いです。

    私も発売と同時にやってみます。

    しかしまぁ、下のコメント荒れてるなぁww

    <このニュースへのネットの反応>

    【中国が作る「日米ゾンビゲーム」がすごいとかなり話題に!発想とクオリティに感激!!しかしコメントがエライことに・・・】の続きを読む



    RPGでイライラさせてくる敵キャラといえば?どんなキャラ?


    イメージ画像

    画像はイメージ

    RPGで遊んでいると、色んな場面でプレイヤーイライラさせる敵が登場する。こういうのはイライラさせることが仕事というか個性なので、それ自体が強い印象をあたえてくれるもの。

    しかしそんな敵とのエンカウントが続いて「もういいって…」とため息が出た、という経験を持つ人も多いはず。

    こっちが1人しかいないときにマドハンドがいっぱい出てきて、1体ずつ倒してもどんどん仲間を呼んでキリがなくなるとか。序盤でまだ毒消しもないのに毒状態にさせる敵にまんまとやられてしまい、町の手前で息絶えたとか。あとちょっとでシドーを倒せると思ったのにベホマを使われたとか。(文:松本ミゾレ)

    「もう少しで倒せそうなところで自爆する」という声も

    先日、5ちゃんねる「三大ゲームでムカつく敵キャラ『仲間呼ぶヤツ』『体力回復するヤツ』」というスレッドが立っていた。スレ主はもう1つ、何かムカつく敵の特徴がないかを募っているわけである。

    スレッド自体はそこまで盛り上がらなかったものの、既に仲間を呼ぶ、回復するなどのウザい敵あるあるが表題に挙がっていたのが理由だろう。しかし、それでも別のベクトルの意見を挙げている人もいたので、ちょっとその声を紹介していきたい。

    倒しても負けたことにされるヤツ
    レベル下げてくる
    「もう少しで倒せそうなところで自爆する」
    眠らしてくる奴

    ゲームによってはイベント戦で本来負けるべき敵に勝ったとしても、それがストーリーに反映されずに「くっそ~」と主人公が悔しがる、みたいなことがよくある。あれも、どうにかして負けイベントのボスを倒そうと思ってレベルアップしまくった経験を持つ人には屈辱だろう。

    レベルを下げる。つまりレベルドレインを忌み嫌う人もいる。『ウィザードリィ』のグレーターデーモンなどがその代表格か。アレも悪夢みたいな敵だったなぁ。

    また眠らせる敵にイラつくという声も。これはさらに眠っている間に回復したり、仲間を呼ぶみたいな最悪のコンボをかます敵もいるので、余計にしんどいんだよね。

    戦闘終了後に再設定を強いるタイプの敵、めっちゃ嫌じゃない?

    ただ、そんな連中よりも一番しんどく感じるのが、倒した後にメニュー画面を開かせるような手間を生じさせるタイプだ。

    たとえば『女神異聞録ペルソナ』だと、バックアタックされると陣形が崩れてしまう。その時点で戦闘が不利になるが、なんとか悪魔を退けても、そのまま次のエンカウントになったら陣形が崩れたままになっている。

    だからバックアタックされた戦闘に勝利したら、いちいちメニューを開いて陣形を再設定しなければならなかった。これが嫌で嫌で。バックアタックの頻度自体は低いから、頻繁に陥る手間ではないんだけどね……。

    また、こっちの装備を外してしまったり、破壊したり、装備レベルを下げるような敵も嫌だったなぁ。理由は再装備がめんどくさいってのと、破壊された場合は最悪、また武器屋などで代わりを購入しなければならないという点。それが一品モノだった場合にはもう本当に目の前が真っ暗になったもんである。

    特殊攻撃が装備品のレベルを下げる系の敵も、やはりリカバリーの手間が生じるから苦手だった。こういう敵は一度遭遇すると最大限の警戒をするようになるんだよね。

    戦闘では真っ先に狙うようになったり、そもそもそいつらの特殊攻撃を防ぐためのアイテムスキルを装備するようになったり。できれば会いたくないんだけど、でも一度はそういうめんどくさい敵のムカつく攻撃の標的にさらされないと、本当の意味でそのゲームを満喫した気分にならないのでは? という気持ちも。

    そういえば、最近はあんまり極端に理不尽なことをしてくる敵が出るゲームもあんまり見かけなくなった。それはそれで寂しい気持ちにもなるから、人間わがままなものだ。

    ゲームでムカつく敵キャラといえば? レベル下げてくる、武器破壊、仲間を呼ぶ……


    (出典 news.nicovideo.jp)

    RPG(アールピージー) ロールプレイングゲーム(role-playing game) - テーブルゲーム、もしくはそれに起源するコンピュータゲーム。 テーブルトークRPG コンピュータRPG RPG (プログラム言語)(Report Program Generator) -
    1キロバイト (246 語) - 2022年1月15日 (土) 08:15


    筆者コメント
    私は上の記事でも記載されている様に「倒しても負けたことにされる敵」が一番嫌ですね!
    負け確定の敵キャラを何とか倒したのにムービーに切り替わった時、負けたことになってることありますよね。
    「勝った時のムービーも準備しとけ!」って毎回思います!!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【RPGでイライラさせてくる敵キャラといえば?どんなキャラ?】の続きを読む



    【原神】新キャラ登場!名前は「ウンキン」かわいいけど名前が・・・ww


    大ヒット中のオープンワールドアクションRPG「原神」のVer.2.4「流るる星霜、華咲きて」が5日にリリースされ、新キャラクター・雲菫(ウンキン)が登場した。中国伝統演劇で使われる頭飾りや刺繍の入った三角旗、京劇の歌唱など、雲菫には中国伝統演劇の要素がたくさんつまっており、世界のゲーマーの注目の的となっている。そして、数多くのネットユーザーがここ数日、中国国際テレビ(CGTN)が2年前にアップした京劇動画を視聴しており、再生回数が一気に10万回以上増えた。ゲーマーからは、「ここに来たのは雲菫の歌声がきかっけで、中国のクラッシックアートへのリスペクトの表れ」といったコメントが寄せられている。文匯報が伝えた。

    上海のmiHoYo(米哈游)が開発した「原神」は現時点で、175カ国・地域で配信されている。電気自動車メーカー・テスラのイーロン マスク最高経営責任者(CEO)が以前にSNSに「原神が待ちきれない」と書き込んだことがあるほど、このゲームは世界中で人気となっている。「原神」は戯曲マスターとしての雲菫のキャラクターをより良く表現するために、上海京劇院の京劇役者である楊揚(ヤン・ヤン)氏を特別に起用して歌唱パートを演じてもらい、戯曲とゲームという見事な化学変化を引き起こした。

    雲菫は璃月港にある和裕茶館の看板役者。地元で有名な戯曲マスターで、 劇をよく観る「璃月」の人なら誰でも知っており、「雲先生」が作り上げた戯曲が続々と披露される。そして、花槍をクルクルと回転させる「雲菫」の待ち受けアクションが設計されているほか、敵に通常攻撃ダメージを与える時、雲菫自身の防御力を基準にダメージがアップする「飛雲旗陳」という技を使うこともできる。中国語だけでなく、英語、日本語、韓国語の吹き替えにも、中国語の節回しが採用されている点は注目に値し、世界中のゲーマーが本場の戯曲を楽しむことができるようになっている。

    雲菫の爆発的人気は決して珍しいケースではないことも喜ばしい点だ。中国のゲームの海外進出は近年、安定して増加しており、海外進出したゲームのダウンロード回数や利用時間、ユーザーの課金なども増加の一途をたどっている。「中国ゲーム産業報告」の最新統計によると、2021年、中国が独自に研究開発したゲームは、海外市場で大人気となっており、売上高は前年比16.59%増の180億1300万ドルに達した。うち、米国、日本、韓国市場での売上高の割合が最も高くなっている。

    中国のゲームパブリッシャーは海外進出を大々的に進めており、多くの国や地域で人気ランキングにランク入りしているゲームも多い。それらゲームが海外のゲーマーの間でも人気になっている主な理由は、そこに含まれる中国の要素だ。miHoYoの劉偉(リウ・ウェイ)総裁は、「ゲームをキャリアーとした発信形式は、文化・ソフトパワーの発信において、特に高い優位性を誇る。中国の歴史を背景とし、中国のゲームをキャリアーとし、中国の価値観をスピリッツとすることで、多くの海外の若者に中国文化、風習、哲学、思想に触れてもらうことができる」との見方を示す。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

    大ヒット中のオープンワールドアクションRPG「原神」のVer.2.4「流るる星霜、華咲きて」が5日にリリースされ、新キャラクター・雲菫が登場した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    原神』(げんしん、英: Genshin Impact)は、中国のゲーム会社、miHoYoによって開発および運営されるオンラインゲームである。 内容は基本プレイ無料(アイテム課金制)スタイルのオープンワールド型アクションRPG。PC(Microsoft Windows)、スマートフォン(iOS /
    88キロバイト (13,849 語) - 2022年1月11日 (火) 00:47


    筆者コメント
    ウ〇コとキン〇マ足したような名前なのが気になりますが、可愛いくてお嬢様っぽい見た目におじさんはキュンと来たよ!
    かなり汚い言葉使ってますが、内心ワクワクですww

    <このニュースへのネットの反応>

    【【原神】新キャラ登場!名前は「ウンキン」かわいいけど名前が・・・ww】の続きを読む



    【バーチャファイター】人気プレイヤー、対戦相手に精神的ダメージを与えられ引退・・・?


    image:秒刊SUNDAY

    バーチャファイターといえば、日本が誇る3D格闘ゲームのひとつです。初めて登場した際には、ポリゴンで描かれた、カクカクのキャラクターが、ヌルヌルと動く様子には衝撃的でした。そんなバーチャファイターは今ではゲーセンではなく、自宅で対戦できるオンラインが盛んです。そのオンラインプレイで、人気プレイヤーにとある問題が勃発。引退する騒ぎに発展しております。

    問題が起きているのは「バーチャファイターeスポーツ

    問題が起きているのは、バーチャファイターeスポーツ(バーチャ)。PlayStation®4専用ゲームで、ダウンロードをしてプレイするオンライン格闘ゲーム

    その中の配信者「斉藤あゆみ」さんは、吉本興業所属の東京NSC20期生。芸歴7年目で、配信者。バーチャの配信も行っており、段位も「名人」とかなりの実力者。

    しかしながら、対戦中に、コメントで「煽り」を受けて、心が折れてしまい、そのまま引退宣言を行うというハプニングに。

    その対戦の様子がこちら。

    斉藤あゆみさんは、右の「日守剛」。対する相手は左の「鷹嵐」。

    斎藤さんは「なんで煽ってくる?」「なんで煽るんだろう」などと、相手の煽り挑発に屈してしまう様子が伺えます。

    それに対し、相手は「バーチャは煽りが多いから仕方がない」「負けなければいい話」などと反論。

    結局、斎藤さんはバーチャのみならず「格闘ゲーム」を引退宣言。

    この件に関し、バーチャの経験もある筆者の推測だが、相手プレイヤーの言うように「バーチャ」において「煽り」はたしかに多かった。

    また、当時ゲーセンだったが、台バン・連コインは当たり前。たとえ、現地では仲良かったプレイヤーネットでは誹謗中傷を行っているなど、影で陰湿な行動を起こすものも。

    その様子を見ていて、決して気持ち良いものではなく、精神的にもやられてくるのは仕方がないものだ。

    基本的にバーチャをはじめ「格闘ゲーム」において、強いプレイヤーが優位であるのは仕方がない。

    自宅ならば、さらにその行動はエスカレートする。それを承知の上で、覚悟してプレイするしかなさそうだ。

    ※余談だが、バーチャ全盛期の「ブンブン丸」や「新宿ジャッキー」は元気だろうか。「大須アキラ」氏は、あまりの取り巻きの多さに、対戦することすら出来なかった。

    Sourceバーチャファイターeスポーツ



    画像が見られない場合はこちら
    バーチャ女性人気プレイヤー、煽られて「引退」する騒ぎに


    (出典 news.nicovideo.jp)

    バーチャファイター』 (Virtua Fighter) は、セガの1on1タイプ3D対戦型格闘ゲーム。オリジナルプラットフォーム(原典)は1993年より日本の業務施設(ゲームセンターなど)用、いわゆるアーケードゲーム(ACゲーム)として稼働を開始。AC版のシステム基板は「セガ・モデル1」を使用している。
    45キロバイト (4,542 語) - 2021年10月15日 (金) 00:37


    筆者コメント
    今や簡単にネットを通じて人とすることができる代わりに、簡単に人を傷つけることもできるのです。SNSって怖いですね・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【バーチャファイター】人気プレイヤー、対戦相手に精神的ダメージを与えられ引退・・・?】の続きを読む



    中国ゲーム会社が約1万4000社が閉鎖!ゲーム作ることを許されない国になる・・・


     中国当局が新作ビデオゲームを承認せず、その余波で2021年7月以降に中国のゲーム関連企業1万4000社が閉鎖したと、香港の英字メディアSouth China Morning Postが報じている。

    Image by Unsplash

     中国は、著作権を扱う行政機関である国家新闻出版署(The National Press and Publication Administration)ビデオゲームライセンスを担当しているが、現在、ビデオゲームの新作タイトルが2021年7月末から承認されない状況が続いている。

     このため多くの中国のゲーム関連企業が閉鎖に追い込まれ、その数は約1万4000社にも及ぶという。

     なお2018年でもビデオゲームの新作タイトルが承認されない時期が9か月間が続いたことがあり、これがこれまでの規制の最長期間となっている。なお2020年中に閉鎖された1万8000社のゲーム関連会社が閉鎖しており、今回の数は2018年と比較しても閉鎖が加速していることを意味している。

     そのためTikTokを運営するByteDanceオンライン検索大手のBaiduなどは、ビデオゲーム部門に関わる従業員を解雇することで損失を切り詰めているという。また一方、業界トップのテンセントNetEaseは、海外市場にリソースを投入しているとのこと。

     中国当局が経済的に成長を続ける中国のビデオゲーム産業を規制する詳しい理由は不明だが、ビデオゲームが未成年に悪影響を及ぼすものと見なしており、スポーツや勉強にもっと時間を割くことを望んでいるという。

     また2021年3月の政治集会では、習近平国家主席からビデオゲーム依存症について言及したことがあったという。(参考

     逆風が巻き起こっている中国のビデオゲーム産業。今後どのように状況が推移するのか注目といえそうだ。

    South China Morning Postによる記事はこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    テンセント(簡体字中国語: 腾讯、繁体字中国語: 騰訊、英語: Tencent、拼音: Téngxùn)は、中華人民共和国広東省深圳市に本拠を置く、付加価値サービスとオンライン広告サービスを提供する投資持株会社。インターネット関連の子会社を通してソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタント
    37キロバイト (4,090 語) - 2022年1月3日 (月) 20:14


    筆者コメント
    またゲームが国民を堕落させると騒いでいるようですね。しかし、中国にも素晴らしいゲーム会社が沢山あるのに本当にもったいないと思います。閉鎖されたら授業員はどこで金儲けするのだろう?ホームレスになるのかな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【中国ゲーム会社が約1万4000社が閉鎖!ゲーム作ることを許されない国になる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ