アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: 漫画・アニメ


    【漫画】白髪が増えてきた妻は「みっともない?」と夫に問う!夫の返答に妻はキュンッ!

     年齢とともに変化する自分のルックスが気になり、パートナーに意見を聞いてみたときのエピソードを描いた漫画がTwitterに投稿され、「心強い」「とっても大切なこと」と称賛の声が集まっています。

    【画像】漫画を読む

     漫画の作者は、ロシア生まれ、カナダ育ちのパートナーと暮らすはりさん。最近白髪が増えてきたというはりさんは、ある日彼にその姿を「みっともない?」と聞いてみました。

     「妻には若く綺麗でいてほしくない?」と思っていたはりさんですが、彼は「全然」と気にしていない様子です。「人の美しさって若さや見かけじゃないと思うけど」という彼。一方で、はりさんは「でも気にする人多いと思うよ」と、年齢や性別、体型で服や髪型を選んだり、他人にもそうあるように求める人の存在を説明します。確かに、さまざまな選択の時に「私はこうだから」という自分像を基準にしたり、他人の評価を気にしてしまうのは“あるある”ですよね。

     人の考えを押し付けられたり、押し付けたりするのは好きじゃないという彼は、はりさんに「例えば白髪頭でいることや 男性がスカート履いたり お年寄りがタンクトップ着る事に 他の人に何の関係があるの?」と疑問を投げかけます。それは、彼の「誰かを傷つけたりしていないのなら、本人が幸せである事がいちばん重要」という考え方から出た疑問だったのです。彼の考えかたを知ったはりさんは、新ためて彼のことが好きだと感じたのでした。

     自分がそう選択するのであれば、自然のままでもいい、白髪染めをしてもいい、というこの考え方。誰もが彼のように思っていれば、こんなにすてきな事はないと思いますが、「自分自身についてもそう思うこと」は意外に難しいもの。はりさんも、実際には「それでもやっぱり人の目を気にしないって難しい」と思っているそうです。

     この漫画には、「素晴らしい考え方ですね」「こういう事を当たり前のように言えるパートナーの存在は本当に素敵ですし救われますね」という彼の考え方を称賛するコメントが。一方で、「社会との兼ね合いもあるし、難しい所ですね」「ついつい他人の目を気にしてしまいますよね…」という共感のコメントも集まっています。

     「周りに自分がどう思われたいか」を考え、実践するのもまた自分の選択。どんな選択をしても、自分が選んだことに自信を持つことが大切なのかもしれません。

     はりさんは、この他にもTwitterアカウントやコスモポリタンジャパンで、パートナーとの日々を描いた漫画を公開しています。

    画像提供:はりさん

    シンプルだけどすてきな考え方


    (出典 news.nicovideo.jp)

    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    39キロバイト (5,795 語) - 2021年8月31日 (火) 17:52


    筆者コメント
    外国人ならではの返しですね。日本人男性ってこういう言葉が照れくさくて、面と向かって言えなかったりするんですよね。最近の若い男性は言えるかも知れませんが、昭和の日本男児って言えないだなぁ~これが!勿論女性はこういう言葉はハッキリ言ってもらえるとキュンと来るんでしょうね?見習おう・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】白髪が増えてきた妻は「みっともない?」と夫に問う!夫の返答に妻はキュンッ!】の続きを読む


    【ガンダム】クオリティがSNSで話題!人気モデラー『ル・クルーゼ氏』ハサウェイ・ノア専用「試作ミノフスキークラフト装備型νガンダムを制作!

     新たな宇宙世紀を紡ぐ「UC NexT 0100」プロジェクト第2弾として今年6月に映画公開された『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』。本作をきっかけに、登場機体を制作、発表した人も多いなか、フォロワー数8600人超の人気モデラーのル・クルーゼ(@le_creuset3)さんは、オリジナルの機体『ハサウェイ・ノア専用「試作ミノフスキークラフト装備型νガンダム」』を制作。そのクオリティSNSで話題となった。ハサウェイ・ノアの搭乗機といえば、ジェガンやクスィーガンダムが知られているが、なぜアムロ・レイの搭乗機であるνガンダムに乗ることになったのか。そこには、ハサウェイアムロへの思いがあった。

    【アザーカット】超音速飛行で敵に気付かれぬまま、全てを破壊…劇中を彷彿とさせるフライトモードの『ハサウェイ・ノア専用νガンダム』

    ■巨大な三角に見えたクスィーガンダムスタイリッシュにしたい

    ――映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が話題となりましたが、ガンダムファンとしてご覧になって、どのように感じましたか?

    ル・クルーゼ】正直、原作を知らないし、クスィーとペーネロペーデザインも好きではなかったので、あまり期待していませんでした。ところが、見終わる後には過去最高のガンダム作品に。初めて同じ映画を劇場で2回見ちゃいました(笑)。

    ――それはすごいハマりようですね。具体的にどんなところがすごかったですか?

    ル・クルーゼ】冒頭の市街地戦でのリアルモビルスーツ同士の戦闘描写で戦争の怖さを感じました。また、ハサウェイや、ギギ、ケネス、レーン、ガウマンなどのキャラクターも魅力的。最後のクスィー VS. ペーネロペーの迫力ある戦闘シーンは鳥肌モノでした!

    ――確かに迫力のシーンに目がいきがちですが、登場人物の心の機微が細かく描かれていましたね。SNSで話題になった『ハサウェイ・ノア専用「試作ミノフスキークラフト装備型νガンダム」』も映画をきっかけにイメージがわいたのですか?

    ル・クルーゼ】そうですね。映画で見たクスィーのカッコ良さに一目惚れをしたのですが、ツイッターには次々とかっこいいクスィーがアップされておりました。なので、そのなかでも目立たせるためにどうすればいいかと考え、自分の作風でもある、設定通りではない人とは違うオリジナルクスィーをミキシングで作ろうと決めました。

    ――なるほど、そのアイデアとしてνガンダムとのミキシングを考えられたわけですね?

    ル・クルーゼ】そうですね。クスィーはかっこいいのですが、全体的にスタイルが悪く、巨大な三角にしか見えなかったので、スマートでスタイリッシュにしたいなと思いました。しかし私は元キットを改造してスタイル変更する技術がないので、手っ取り早く同じ系統のνガンダムにクスィーのパーツを着せて、強化アーマーのようにした方が違和感ない理想的なスタイルになるなと閃きました。

    ■回収されたνガンダムに宿るアムロの意志から物語をイメージ

    ――完成作をSNSアップされた際、「ハサウェイアムロの意志のみを受け継いで、連邦のエースパイロットに…という妄想」という言葉が添えられていましたが、これはどういった意味を込められたのでしょうか?

    ル・クルーゼ】実はこの作品の前に、シャアの意志のみを受け継いだハサウェイ専用機「サザビー typeペーネロペー(通称サザペー)」を制作していたので、今度はアムロの意志のみを継いだ機体にしてみました。

    ――なるほど、シャアアムロ、それぞれの意志を反映したモビルスーツサザビーνガンダムという搭乗機で表現されたわけですね。本機制作の背景に、どのような物語をイメージされたのですか?

    ル・クルーゼ】アクシズショックでアムロが行方不明になり、宇宙空間に漂っていたνガンダムの機体のみが回収。ハサウェイは、(連邦軍の味方である)チェーンを撃墜してしまったことに対し、アムロに負い目を感じ、苦悩します。そんな時、ブライトに勧められてハサウェイは正式に連邦軍に入隊。回収されたνガンダムを専用機とし「アムロの再来」と呼ばれるほどのエースパイロットに急成長を遂げます。なぜならそのコクピットにはアムロの魂が宿っていたから…みたいな物語を妄想しました(笑)。

    ――アムロの意志が生きるνガンダムは強いですね。本作制作時に大変だったのはどんなところですか?

    ル・クルーゼ】何より苦労したのが、クスィーとνガンダムが同じ1/144スケールなのにサイズが全然違うところ(笑)。組んだ時に違和感なくできるか心配でしたが、幸いアーマーとしてならワンサイズ大きくてもそれらしく見えたので結果オーライでした。あと、苦労ではありませんが、私は筋彫りやプラ板工作ができないので、デカールワークは特にこだわって、自分の個性を出しました。

    ――確かに迫力が増し、デカールによってスタイリッシュな印象になりました。完成作を発表されると、多くの人からたくさんのいいねや、コメントが寄せられましたが、これらはどう受け止めていますか?

    ル・クルーゼ】妄想を爆発させ、ありそうだけどなかったという隙間をつき、劇中にも出てきそうな違和感ない機体を作ることを信条としているので、サザペーも含めて、自分史上最高に頑張った2体に達成感を感じました。

    ――こういったSNSを通じてのコミュニケーションも、ガンプラモデラーの一つの交流の在り方になっていますね。

    ル・クルーゼSNSが普及した現代ではガンプラを通じて同じ趣味嗜好をもつ全国各地のモデラーさん達と出会い、仲良くなることが出来、ひとりで楽しむ趣味から、皆で一緒に楽しむモノに変化してきました。ガンプラやってて良かったなと思います。

    『ハサウェイ・ノア専用「試作ミノフスキークラフト装備型νガンダム」』 制作・画像提供/ル・クルーゼ氏 (C)創通・サンライズ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    機動戦士Ζガンダム > 機動戦士Ζガンダムの登場人物 > ハサウェイノア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア > 機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの登場人物 > ハサウェイノア 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ > ハサウェイノア ハサウェイノア(Hathaway Noa, U.C.0080年以降 -
    16キロバイト (2,251 語) - 2021年9月6日 (月) 03:27


    筆者コメント
    ほうほう・・・シンプルにすげぇ・・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ガンダム】クオリティがSNSで話題!人気モデラー『ル・クルーゼ氏』ハサウェイ・ノア専用「試作ミノフスキークラフト装備型νガンダムを制作!】の続きを読む


    『こち亀』201巻が10月4日発売予定!なぜか評判が悪い・・・?

    1976年9月に連載を開始し、40周年の2016年9月に200巻の発売と同時に連載最終回を迎えたこちら葛飾区亀有公園前派出所』(著・秋本治)だが、今年は誕生から45周年のアニバーサリーイヤーということで、記念すべき201巻が10月4日(月)に発売。その書影が初公開となった。

    記念すべき201巻は、お祭り気分のトロピカルな表紙。ジャンプコミックス初収録の内容は、2016年開催の「こち亀展」で展示された、会場限定の「想い出の巻」、リミックス『平成こち亀』シリーズ収録の描き下ろし3編、2017年以降に「週刊少年ジャンプ」に掲載された新作7編などとなっている。

    また 45周年の記念施策も続々。アニメ版で主人公両津勘吉の声を演じたラサール石井YouTuberHIKAKIN、『銀魂』の空知英秋など各界のファンがレコメンドする3話が読める特設ページの期間限定OPENをはじめ、既刊を再編集したリミックス版の発売、さらには描き下ろしの新作読切など話題盛りだくさんとなっているので、こちらもチェックしておきたい。

    (C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載された。通称及び公式略称は「こち亀こちかめ)」。単行本は全200巻に及び、2021年に『ゴルゴ13』に抜かれるまでは「最
    131キロバイト (13,959 語) - 2021年9月14日 (火) 10:39


    筆者コメント
    最終回を迎えたはずのこち亀、なぜか201巻発売!ちょいちょいジャンプで出してたけど、長年頑張ったら特別扱いなんですね?ネタ切れになったから止めたんじゃないの?まぁ良いのだけれども今の時代からすると少し絵が古いかな・・・そして結構コメントが荒れている!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【『こち亀』201巻が10月4日発売予定!なぜか評判が悪い・・・?】の続きを読む


    【漫画】自殺しようとする女性を止める死神の物語に何だかホッコリ・・・

     いじめを苦に自殺をはかった少女が、死神との出会いをきっかけに変わっていく漫画、「自殺を止めるポンコツ死神」に感動の声が集まっています。作者はTwitterユーザーのがっしーさん。

    【漫画を読む】首吊り少女の前に現れた“自殺を止める死神”の漫画

     主人公が今にも首をくくろうとした瞬間に突然現れ、「まーそう急ぐな」と止めに入る死神。それは親切でなく、自身の成績アップを狙ってのことでした。自殺は人間自身が魂を刈り取る行為なので、死神の手柄にはならないというのです。

     死神の都合など知ったことかと、再びロープに手をかける主人公に、死神は説得のため「アンタはあと1カ月以内に死ぬ」と重大な事実を暴露。どうせなら自殺でなく寿命の通りに死んで、自分に魂のポイントを稼がせてほしいと懇願してきました。

     「期限が決まっているならいいか」と納得し、主人公は死ぬのを先延ばしに。自殺をはかった事情を話すなか、死神に言われた「アンタどうせ死ぬんだからどうでもいいだろ?」のひと言がもとで、ある決意を固めます。

     捨て鉢になった彼女の決意とは、いじめっ子への反抗。いじめの証拠を撮られてうろたえ、「イジメじゃなくて“いじり”」「“死ね”とは書いてないのでイジメには入らない」などと詭弁を弄する相手に、「アンタらがすがすがしいクズでよかった、心おきなくやれる」とナイフを突き立てます。

     実は、ナイフは刃が引っ込むタイプおもちゃだったのですが、相手に「こいつと関わるとヤバい」と思わせるには十分だった様子。クラスから浮いた状態に変わりはありませんでしたが、いじめからは解放されました。

     やがて主人公は「どうせ死ぬんだし!」と何事も思い切って行動できるように。髪もばっさりと切り、好きな漫画がきっかけで友達もできました。しかし皮肉なことに、生活が充実していく一方で、宣告された“最後の日”は刻一刻と近づいてきます。

     周囲の目を気にして何もできなかった過去を悔やみ、「どうしよう……死ぬの……ちょっと……嫌になってきたかも……っ!」と泣きじゃくる主人公に、死神は「後悔している間にも寿命は近づいてくるのだから今を楽しめ」と、淡々と諭します。いよいよ訪れた運命の日、いったい何が起きるのか? ぜひ漫画本編でご覧ください。

    作品提供:がっしーさん

    自殺しようとする少女に「アンタは1カ月以内に寿命で死ぬ」と伝える死神


    (出典 news.nicovideo.jp)

    死神(しにがみ)とは、生命の死を司るとされる神で世界各地に類似の伝説が存在する。冥府においては魂の管理者とされ、落語など様々な娯楽作品にも古くから死を司る存在として登場する。 西洋において死の概念が擬人化されて、生きた骸骨として描かれるようになったのは中世以降である。伝承における登場人物として、大鎌
    9キロバイト (1,246 語) - 2021年9月9日 (木) 13:52


    筆者コメント
    結末が知りたい!地味にこういう漫画って気になるんですよねww


    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】自殺しようとする女性を止める死神の物語に何だかホッコリ・・・】の続きを読む


    【漫画】味は最高!だけど店主に欠点が・・最後は悲しい気持ちになる店!を描いた漫画に共感の声

    マジで悲しくなるからやめてあげて欲しい――。

    漫画家のカエルDX(@kaeru_dx)さんが、そんなコメントと共に投稿した絵日記が共感を呼んでいる。

    それはカエルDXさんが、蕎麦屋に来た時のこと。

    画像はカエルDX(@kaeru_dx)さんが2021年9月4日に投稿したもの(編集部でトリミング、以下同)

    手を合わせて「いただきます」のポーズ。すると、厨房の奥から声が聞こえてきた。

    どうやら店主が新人さんに向かって、何か話しているようだ。

    「新人バイトさんかな?頑張れ~」と心の中でつぶやくカエルDXさん。

    そのまま蕎麦をズズッとすすった、その時だ。

    めちゃ聞こえてくる......

    舌打ちする店主、萎縮する新人

    「何で言ったことが出来ないんだ!?」
    「はい...」

    店主の怒声が耳に入ってきて、思わず箸を止めてしまうカエルDXさん。

    さらに「それにさっきそこ掃除しとけって言ったよな!?」と店主。

    新人さんが、小声で「すいません...」と答えるも、

    「ったく...」

    と、イラついた様子で舌打ち。 そんなやり取りが筒抜けだったので、カエルDXさんはというと......。

    美味しい蕎麦なのに......

    左目から、涙をポロリ。背景のカラーも、もう真っ暗になってしまっている。

    当時カエルDXさんは、どんな心境だったのだろう。Jタウンネット記者が12日、話を聞いてみると......。

    「そもそもこんな教育しちゃダメじゃん」

    「僕も色々とバイトをし、それなりに怒られた経験があるので胸が痛かったです」

    過去を振り返り、辛い気持ちになってしまったようだ。

    カエルDXさんが、この絵日記を投稿したところ、ツイッターには

    「聞いてる方も辛いです」
    「自分が言われてるみたいに感じて辛くなる......」
    「客の前で叱るな。そばが不味くなる」
    「指導は裏でやってほしい......。とくに飲食店ではかなり響く......グサグサと」
    「味は半減するし、くつろげなくなる。一概には言えないが、なるべくお客の前で荒げないでほしい」
    「客の見えないところだったらいいとか言ってる人多くてビビる そもそもこんな教育しちゃダメじゃんパワハラ

    などの反応が寄せられ、8万件を超える「いいね」が付いている(14日夕時点)。

    「悲しくなる」という気持ちに共感する声や、店主が新人に行った「指導」に対して、「そもそも怒鳴るなんて......」と憤るコメントが寄せられている。

    カエルDXさんはこれらの反響について

    「怒って指導するというのが今の時代にそぐわないという変え方もあるので、指導者の立場にいる人は今一度文言の一つ一つを吟味して指導にあたってもイイのではないかと思います」
    「この漫画を通して社会が少しでも優しい方向に進むとイイですね」

    と語った。

    カエルDXさんは、まんがタイムきららフォワードで「観音寺睡蓮の苦悩」を連載中。

    またブログ「カエルDXのオタ活日記」で、今回のケースとは逆に通いたくなる飲食店や、自由すぎるインド料理屋の面白エピソードなどを発信している。

    どんなに味が良くても、一気にマズくなる... 飲食店で味わった「マジで悲しくなる」出来事に共感


    (出典 news.nicovideo.jp)

    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    39キロバイト (5,795 語) - 2021年8月31日 (火) 17:52


    筆者コメント
    やるなら後でやってほしいというのがシンプルな感想ですww
    おいしく食べてる前でごにょごにょやるなよ!ってなww


    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】味は最高!だけど店主に欠点が・・最後は悲しい気持ちになる店!を描いた漫画に共感の声】の続きを読む

    このページのトップヘ