アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: 漫画・アニメ


    【ワンピース】まさかのアニメで発覚!影の正体はヤマトだった!!!


    PIECE (アニメ) 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』を原作とするテレビアニメ。 1999年10月20日よりフジテレビ系列で放送中。フジテレビ系列のアニメ番組では、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』に次ぐ長寿作品となっている。2019年現在、東映アニメ
    118キロバイト (13,257 語) - 2021年7月16日 (金) 01:10


    筆者コメント
    アニメワンピース984話ご覧になりましたでしょうか?私的に、この回は結構な謎が解けた回だと思っています。ゾロの覇王色の覇気を使うシーンやジンベエとロビンの後ろにいた影の正体。この二つは原作でも謎だった部分です。

    ゾロの覇王色に関してはこちらの記事をご覧下さい↓


    原作のこの描写↓
    隠れヤマト
    出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/集英社

    ジンベエとロビンが歩いていくその後ろを誰かが見ている。

    ファンの間ではこっそり着いて来た『お玉』ではないかと言われていました。

    現に『お玉』は鬼ヶ島で活躍しているので、やっぱりあれは『お玉』だったんだとファンも何となくそう思い込んでいたのですが、まさかアニメで正体が分かるとは思いもしませんでした。

    そのシーンがこちら↓
    IMG_8034
    出典 ONE PIECE 尾田栄一郎

    ジンベエとロビンの後ろに影。

    ここは一緒!

    しかし、その後のシーン↓
    IMG_8035
    出典 ONE PIECE 尾田栄一郎

    何と『ヤマト』が被っていたお面がドアップで映る!

    正直「そこでバラすんかい!」と思いました。

    しかし、完全に『お玉』と思い込んでいたので「マジか!」って思いましたよね!

    最近はアニメで初めて分かることも多いので要チェックです。

    元々原作派でしたがアニメからも目が離せません。

    コロナの影響もあってか、最近のアニメは尺稼ぎでくどい部分がありますが、
    こういった場面を見れるのがアニメの良いところなので、原作派の方もぜひアニメをご覧下さい。

    そして、ヤマトの声優はいったい誰なのか?それもまた楽しみですね。

    オープニングのこのヤマト好き↓
    アニメヤマト
    出典 ONE PIECE 尾田栄一郎


    関連記事








    アニメワンピース984話に関するTwitterの反応↓ 【【ワンピース】まさかのアニメで発覚!影の正体はヤマトだった!!!】の続きを読む


    【アニメワンピース984話】漫画では描かれなかったゾロ覇王色で威圧シーン【動画】

    ONE PIECE > ONE PIECE (アニメ) 『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』を原作とするテレビアニメ。 1999年10月20日よりフジテレビ系列で放送中。フジテレビ系列のアニメ番組では、『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』に次ぐ長寿作品となっ
    118キロバイト (13,257 語) - 2021年7月16日 (金) 01:10



    筆者コメント
    アニメワンピース984話で明らかになったゾロ覇王色持ち!漫画ではカイドウと戦った時に「お前も覇王色を?」みたいな描写がありましたが、おでんの刀に宿った覇王色なのかも知れないと確信できなかったのですが、アニメで完全に敵を威圧して気絶させていました。まさかアニメでゾロの覇王色が見れるとは思いませんでした。

    ゾロ覇王色披露に関するTwitterの反応↓ 【【アニメワンピース984話】漫画では描かれなかったゾロ覇王色で威圧シーン【動画】】の続きを読む


    『ウマ娘』の影響で増える競走馬見学者!トラブル多発で牧場運営者キレる!?

    ◆『ウマ娘』が空前の大ブーム

     スマホ向けゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』がブームを巻き起こしたことによって、現実の競走馬にも注目が集まっている。『ウマ娘』をきっかけに競馬を始める若者が大勢現れたほか、引退馬支援への関心も高まっている。

     JRAのレースで7勝の成績を残した元競走馬ナイスネイチャの33歳を記念したバースデードネーション(誕生日プレゼントの代わりに寄付を募ること)には、なんと3500万円を超える寄付が集まった。昨年のバースデードネーションが約176万円の寄付が寄せられる結果だったことを振り返ると、『ウマ娘』ブームのすさまじさをあらためて感じさせられる。

    ◆牧場でマナー違反やトラブルが多発

     そういったポジティブな盛り上がりの一方で、マナーを知らない人々によるトラブルも多発しているようだ。北海道・日高町の引退馬牧場「ヴェルサイユリゾートファーム」は、牧場内への無断立ち入りが増えていることを明かしている。

    最近牧場内にアポイントなしで無断で入ってくる方が増えています。ゴールデンウィーク前から増えてきた印象で、当牧場は完全事前予約をお願いしております。ここ連日も数件あり、予約なしや見学時間外と分かってたけど、近くに来たんで。と平然と言われるので驚きます。道路挟んだ放牧地でも見知らぬ車がスーッと入っていくと、とても恐く、走ってなになに?と行くこともしばしば>(2021年5月8日に更新された「ヴェルサイユリゾートファーム」のブログより)

     同施設は、トラブルについて報告した上で、「ふるさと案内所や競走馬の牧場見学については、検索すると色々と出てきます」と呼びかけている。競走馬を扱う牧場を見学するにあたっては、見学者の受け入れを主目的とした観光牧場と比べて、数々のルールが存在する。

    ◆牧場見学の9箇条

     牧場見学データベース「競走馬のふるさと案内所」の公式サイトでは、「牧場見学の9箇条」を掲げている。

    1.見学の可否は競走馬のふるさと案内所にお問い合わせください。
    2.見学時間は競走馬のふるさと案内所までお問い合わせください。
    3.牧場では牧場関係者の指示に従ってください。
    4.厩舎や放牧地に無断で立ち入らないでください。
    5.大きな音や声を出さないでください。
    6.危険ですから絶対に馬にさわらないでください。
    7.牧場内は禁煙です。
    8.カメラのフラッシュはご遠慮ください。
    9.絶対に食べ物を与えないでください。

    「競走馬のふるさと日高案内所」の河村伸一さんは、「あくまで牧場のご厚意で見学を受け入れていただいているので、この馬に会いたいという目的を持って訪問いただきたい。特に生産牧場(サラブレッドの繁殖を目的とした牧場)ではすべてが馬優先ですからね」と語る。

     見学希望の際は「競走馬のふるさと案内所」にまず問い合わせるのが正式なマナーだが、最近は、牧場に直接連絡してしまう人々が増えているらしい。

    ◆“観光牧場”ではない

     2~7月頃の繁殖シーズンは、ただでさえ多忙な時期であるため、そもそも見学中止にしている牧場も多い。そのような問い合わせがあまりに多いようだと、今後一切の見学中止という状況にもなりかねない。

    「どうやらインターネットで電話番号を調べて、直接そこに電話をかけてしまっているようです。ですが、牧場は1日のスケジュールがしっかり決まっていて、私たちでさえ電話NGとしている時間帯があります。悪気はなくとも、牧場に直接電話をしてしまうというのは一番のマナー違反なんです。

     繰り返す通り、やはり観光牧場ではありませんので、『お邪魔させていただく』という姿勢を忘れずにしていただけると助かります」(河村さん)

     気楽に訪問できる観光牧場のイメージしか持っていないと、実際に牧場を見学したとき、どうしても至らない場面が出てきてしまう。「ただ見学したいだけなのに調べることや覚えることが多い」と感じるかもしれないが、厳しい競走馬の世界をのぞくためには、見学者もある程度の苦労を背負う必要があるようだ。

    <取材・文/原田イチボ(HEW)>

    【原田イチボ(HEW)】
    1990年生まれ。編集プロダクション「HEW」所属のライター。アイドル、プロレス、BL、銭湯サウナが好き。Twitter:@ichibo_h



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウマ娘 プリティーダービー > ウマ娘 プリティーダービー (アニメ) 『ウマ娘 プリティーダービー』(ウマむすめ プリティーダービー)は、Cygamesによるメディアミックスプロジェクト「ウマ娘 プリティーダービー」を原案としたテレビアニメである。略称は『ウマ娘』。 第1期はCygames・TOHO
    53キロバイト (5,434 語) - 2021年7月20日 (火) 23:53


    筆者コメント
    『ウマ娘』の影響は計り知れない。これまで競馬に興味がなかった人も一気に好きになる切っ掛けになった。しかし、良いことばかりではないようだ!牧場に侵入して馬を近くで見ようとしたり、マナーの悪い人により牧場側がかなり迷惑しているようだ!実際運営者はどう思っているのだろう?


    <このニュースへのネットの反応>

    【『ウマ娘』の影響で増える競走馬見学者!トラブル多発で牧場運営者キレる!?】の続きを読む


    ふと思った!ガンダムの世界はなぜ戦争を続けるのか?

    ガンダムとザクの画像

    なぜわかり合えない?

    ガンダムの話をしたい。みんなどうせ連休中暑くてすることないから暇でしょ? なので、まあ、お付き合いいただきたい。

    今日は、ガンダムシリーズでしばしば語られている「人は分かり合える」というテーマについてのお話。この「分かり合える」がしっくり来るキャラクターは、ガンダムだと大体ニュータイプだ。たとえば初代『機動戦士ガンダム』だと、アムロとララァの2人がすぐに思い浮かぶ。

    双方が惹かれ合っているのは、劇中描写を見れば明らか。しかし、アムロは連邦軍のパイロットで、ララァはジオン公国軍MAエルメスパイロットだし、シャアとも良い仲だ。立場が違い過ぎる。

    ところがこの2人は、劇中でも屈指の強い感応力で惹かれ合って、戦いながら精神の会話が成り立つレベル。この”会話”は、かなり美しい描写で描かれ、ビジュアル的にも双方の心の移り変わり、同様も大変分かりやすい。

    しかし2人の関係は悲しい終わりを迎える。ララァはシャアをかばってアムロの攻撃を受け、命を落としてしまうのだ。分かり合える。だけど結果的に敵対し、どちらかが命を落としてしまうことは避けられなかった。(文:松本ミゾレ)

    【ガンダム】メガ・バズーカ・ランチャーを外すシャアはヘタレ? 実際の戦果を確認してみると……

    「分かり合えてないじゃん」?

    先日、2ちゃんねる「ガンダムって毎回『人は分かり合える!』とか言って、次の作品で戦争してない?」というスレッドが立っていた。

    スレ主は「宇宙世紀毎回これ。分かり合えてないじゃん」とも書き込んでいる。アムロも結局、ララァを倒してしまっている。人が本当に理解し合えるのなら、戦争も起きないはず、という意見も分からないでもない。

    僕自身、このスレ主にどう答えていいかわからないんだけど、スレッドには色々な切り口の声が寄せられていた。ちょっといくつか紹介していこう。

    「分かり合えたら争わへんってわけやないやん」
    「今はまだ分かり合えないけど、それでもいつの日か人が宇宙に適応し分かり合うことを目指し、それでも戦っていくんや」
    「分かったって、考え方を変えるわけではないからな」
    「分かり合える人より腐敗した連邦や反抗勢力で分かり合えない人達の方が大多数だからね」

    こんな具合で、様々な意見がある。

    「あなたの来るのが遅すぎたのよ」

    考えてみると、アムロとララァが分かり合えたのは、ある意味で最前線の、それもニュータイプの特権みたいなものだった。感受性の高い者同士で直接ぶつかって、刺激を受けて、だから本当の意味で分かり合えたって側面はあるような気がする。

    でもそういう人ばかりじゃないのは、まあ当たり前で。たとえば、理解し合ったアムロとララァの2人が「だからもう戦争を止めましょう」と言っても、そう簡単には行かない。前線のパイロット同士の相互理解で終戦となるなら、そんな都合の良い話もない。

    ここは現実と一緒だろう。戦争状態の国の双方にだって、きっと友人同士だった者たちはかつて大勢いたことだろうし。

    それに、僕らは『機動戦士ガンダム』をどうしても主人公視点で観てしまっているけど、アムロって、ジオン公国からすれば自軍のパイロットたちを大勢死なせてきた悪魔である。その悪魔が、いくらエルメスのパイロットと精神的に感応したといっても、他のジオンの人たちはピンとこないだろう。まして連邦の白い悪魔に撃たれた者の父母の果たして何割が、アムロを許すのか。

    アムロとララァの2人は最終的に相互理解をしたが、その理解は一年戦争をどうこうするレベルには至らなかった。ララァも「あなたの来るのが遅すぎたのよ」と言っていたけど、もう少し早い段階でアムロとララァが出会ってさえいれば、殺し合いの渦中で理解し合うという最悪の事態は防げたのかもしれないし、戦争の行方も変わっていたのかもしれない。

    ガンダムシリーズは何故「人は分かり合える」と言いつつ毎回戦争をするのか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ガンダム 機動戦士ガンダム - 日本のロボットアニメ 『機動戦士ガンダム』を第1作とする一連の続編・外伝 ⇒ ガンダムシリーズ一覧 RX-78-2 ガンダム - 『機動戦士ガンダム』に登場する、モビルスーツと呼ばれる架空のロボット兵器の一種。 ガンダムタイプ - 上記のロボット兵器をモチーフとした、ガンダムシリーズに登場する兵器の総称。
    845バイト (98 語) - 2020年9月2日 (水) 12:04


    筆者コメント
    正直、私はガンダムに関してはにわかですが、どうしてあんなマシンを作ってまで戦争し続けるのでしょうか?コメントを集めてみました。


    <このニュースへのネットの反応>

    【ふと思った!ガンダムの世界はなぜ戦争を続けるのか?】の続きを読む


    【漫画】参拝客が来ない神社の『お狐様』の物語が、可愛く切ない!ギュッとしてやりたくなる可愛さ・・・

     参拝客が来なくなってしまった小さなお狐様の漫画が、かわいいのに少し物悲しさを感じさせます。ギュッとして慰めたい……。

    【漫画】「神さまはおしまい」を読む

     山の中の小さな神社で、狐はずっと参拝者がくるのを待っていました。「姉さま、今日も誰もきませんでした……」落ち込む小さな狐に姉の狐は、今はたまたま人間たちの願いがないのだと言って慰めます。しかしもう500年も人に会っておらず、自分が弱い神さまだからと、さらに落ち込んでしまいました。

     昔は子どもたちが遊びに来て、大人たちはうれしいことも大変なことも、何かがあると会いに来てくれました。人間が大好きな狐は、街に行って直接人間に会いに行こうと決めました。そして翌日、狐はすみかの神社から離れて街に出ると、そこで目にしたのは、狐がまったく想像していなかった世界でした。

     自分の力不足のせいで人間が来ないのかと思っていたら、まったく違う世界が広がっていたのを目撃した小さなお稲荷様。今後どのように生きていくのか、姉狐が小さな狐を思いやる言葉に、人間としてはいろいろと考えてしまいます。

     作者はTwitterにイラストや漫画を投稿しているhorieriさん。今回紹介した短編漫画「神さまはおしまい」はpixivとTwitterに投稿された他、ふゅーじょんぷろだくと発刊の漫画誌「コミックBe vol.97」にも掲載されています。

    作品提供:horieri(@hrer_79)さん

    参拝者がすっかりこなくなってしまい数百年……。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    漫画」という言葉を北澤楽天や今泉一瓢が使用したことに始まって以後、漫画はcomicと同義として扱われる様になり、その意味での「漫画」が昭和初期に普及し、現代における漫画という語へ定着するようになった。本項では、日本の漫画のみではなく、漫画全般について説明する。 漫画
    39キロバイト (5,795 語) - 2021年7月22日 (木) 02:19


    筆者コメント
    ダメです。私こういうお話弱いんです。可愛いキャラの切ないお話とか反則じゃないですか?
    もうキュン死です!!!
    ぜひご覧下さい!!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【【漫画】参拝客が来ない神社の『お狐様』の物語が、可愛く切ない!ギュッとしてやりたくなる可愛さ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ