アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: YouTuber



    「ゆっくり茶番劇」商標登録取り消した『柚葉』、誹謗中傷が多すぎて半泣きに・・・


     動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、商標権者とみられるYouTuber「柚葉」さんが5月24日、自身の公式Twitterアカウントで、ゆっくり茶番劇の商標登録を抹消する申請を出したと発表した。柚葉さんは申請の理由について「関係者などに対する誹謗中傷および名誉棄損・虚偽・捏造された情報の流布により本来の目的を全うすることが困難となったため」と説明している。ただ、申請をしただけで、商標権の抹消はまだ確定していない。

    【その他の画像】

     柚葉さんは5月15日、ゆっくり茶番劇を商標登録した上で、年間10万円の使用料を請求すると自身の公式Twitterアカウントで発表した。だが、その後、動画投稿者らが培ってきた“文化”を独占し、“商標ビジネス”として私物化する動きに、多方面から反発の声が挙がっていた。

     柚葉さんの発表を受け、動画サービス「ニコニコ動画」を運営するドワンゴは同月23日に記者会見を開き、商標権の放棄交渉や、商標登録の無効化を目指し、無効審判を請求する方針を示していた。

    「ゆっくり茶番劇」(出典:ドワンゴ配布資料)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆっくり茶番劇商標登録問題(ゆっくりちゃばんげきしょうひょうとうろくもんだい)とは、YouTuberの柚葉/YuzuhaがYouTubeやニコニコ動画などで人気のコンテンツである東方Project原作「ゆっくり」のキャラクター(博麗霊夢・霧雨魔理沙)をモチーフにした「ゆっくり茶番劇ゆっくり
    17キロバイト (2,116 語) - 2022年5月24日 (火) 16:28


    (筆者コメント)
    やったことを責めるつもりはありませんし、庇うつもりもありませんが、なぜ結果的にこうなること予想しなかったのかが理解できません。今時ネットですぐに情報が広まるのに「自分のチャンネルが潰される結果を招くかも」と考えなかったのでしょうか?それが一番分かりません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「ゆっくり茶番劇」商標登録取り消した『柚葉』、誹謗中傷が多すぎて半泣きに・・・】の続きを読む



    ドワンゴ「ゆっくり茶番劇」商標権と第三者に関して記者会見!想像以上に大事になり、焦り始める「柚葉」とかいう奴ww


     『ニコニコ動画』運営元のドワンゴは5月23日(月)、動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」の商標登録に関する同社のアクションを説明する記者会見を実施した。

     本件は5月15日(日)にYouTueクリエイターの「柚葉」氏が「ゆっくり茶番劇」の商標権の取得を発表したことに端を発する。動画にて用いられる「ゆっくり」イラストの原作である『東方Project』を手がけたZUN氏本人や関係者ではなく、第三者の柚葉氏が取得した点が大きな波紋を呼んだ。

     同時に、柚葉氏は今後「ゆっくり茶番劇」の商標を利用する際は商標使用許可申請書の提出と、年間10万円(税別)の使用料が必要になると告知。また、取得商標の登録に関する異議申し立て期限を過ぎてからの発表となっていた点なども問題視された。

     その後柚葉氏はのちに使用料の支払いについては不要と定める方針をTwitter上にて発表したが、依然として当該商標権は保持されたままであり、いつでも前言を撤回できる状態が継続している。


     

      ドワンゴは今回の会見に先駆け、5月20日(金)時点で「『ゆっくり茶番劇』をタイトルにつけた動画をニコニコ動画に投稿しても商標権を侵害することはない」との見解を示していた。

     会見では事態の経緯やドワンゴの見解をあらためて説明したのち、同社の行う4つのアクションが発表された形だ。

     ドワンゴは今後、商標取得者に対する商標権の放棄交渉を行い、放棄されなかった場合は無効審判請求を行う姿勢を表明。また、動画投稿者などの立場で使用料を請求されたユーザーに向けた無償の相談窓口を開き、同時に独占防止を目的とした「ゆっくり」関連用語の商標出願を進めるという。

    ドワンゴが「ゆっくり茶番劇」商標取得者に対し商標権の放棄交渉を行うと発表1
    (画像はニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」より)

     なお、ドワンゴからの商標出願については、将来にわたって一切の権利行使を行わないことが明言された。また一連のアクションについては、ZUN氏とのコミュニケーションを取りつつ実施していく姿勢を示している。本件の詳細については、以下のプレスリリースも参照されたい。

    ニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」はこちらニコニコインフォ「文字商標『ゆっくり茶番劇』に関するドワンゴの見解と対応について」はこちら

    プレスリリースの全文は以下のとおり。


    「ゆっくり茶番劇」商標登録に対する弊社のアクションについて

    株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、本日、文字商標「ゆっくり茶番劇」に関する弊社の今後の対応について記者会見を行い、多くのクリエイターの方が安心して創作を続けられる環境を作るために、4 つのアクションを実施することを発表しました。

    1.「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉

    2.「ゆっくり茶番劇」商標登録に対する無効審判請求

    3. 使用料を請求されてしまった方への相談窓口の設置

    4. 商標登録による独占の防止を目的とした商標登録出願

    詳しくは以下の通りです。

    1.「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉

    「ゆっくり茶番劇」の商標権者に対して、商標権の放棄を交渉します。

    2.「ゆっくり茶番劇」の商標登録に対する無効審判請求

    もし放棄に応じていただけなかった場合、「ゆっくり茶番劇」の商標登録に対して、無効審判を請求します。

    3. 使用料を請求されてしまった方への相談窓口の設置

    2022 年5 月23 日現在において当該商標権は権利放棄されておらず、今後、商標使用料の請求を求められてしまう可能性は残ってい ます。また、権利者になりすました者がクリエイターに対して無差別にメールを送りつけ、不当な請求を行うことが懸念されます。 そこで、本件に関して、動画を投稿したことによって、実際に商標の使用料や損害賠償の請求が届いてしまった方を対象とする無償の 相談窓口を開設します。請求書の内容に応じて、警察や法律事務所など適切な窓口の紹介を行います。

    <相談窓口はこちら>https://qa.nicovideo.jp/?site_domain=default ※15 時公開

    4. 商標登録による独占の防止を目的とした商標登録出願

    「ゆっくり」系動画において、ジャンル・カテゴリーを示す表示として広く使われている複数の文字列を対象として、商標登録の出願を行います。これはドワンゴが権利行使をするために出願するわけではありません。もしインターネットを利用して行う映像の提供において、ジャンル・カテゴリーを示す表示として一般的に使用されていることを理由に特許庁が商標登録を拒絶すれば、誰も商標登録を取得できないことが明らかになります。一方、その文字列について商標登録がなされてしまった場合でも、取得したゆっくり関連の商標権について、弊社は将来にわたり一切の権利行使をしないことをお約束します。

    なお、悪意ある第三者による商標登録出願を防ぐために、出願を予定している文字列の詳細は記載を控えさせていただきます。

    「ゆっくり動画」は、すでに10 年以上の歴史と80 万本以上*の作品数を誇る巨大な文化圏です。コミュニティが築き上げてきた名称がいます。(*ニコニコ動画のサービスに限定しても80 万本以上)

    ドワンゴは今後とも、関係各所と連携を図りながら、ネットクリエイターの方々が安心して創作活動を楽しめる環境を守ってまいります。

    <記者会見概要>

    【日時】 2022 年5 月23 日(月)15 時00 分~

    【登壇者】栗田穣崇(ドワンゴ専務取締役 COO)、小川和晃(ドワンゴ法務部部長)

    【視聴 URL】https://live.nicovideo.jp/watch/lv336994652

    ※ご参考:文字商標「ゆっくり茶番劇」に関する弊社の見解について(5 月20 日発表)https://dwango.co.jp/news/5673232225009664/

    ニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」はこちらニコニコインフォ「文字商標『ゆっくり茶番劇』に関するドワンゴの見解と対応について」はこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆっくり茶番劇商標登録問題(ゆっくりちゃばんげきしょうひょうとうろくもんだい)とは、YouTuberの柚葉/YuzuhaがYouTubeやニコニコ動画などで人気のコンテンツである東方Project原作「ゆっくり」のキャラクター(博麗霊夢・霧雨魔理沙)をモチーフにした「ゆっくり茶番劇ゆっくり
    15キロバイト (1,876 語) - 2022年5月23日 (月) 12:25


    (筆者コメント)
    勿論大きな罪に問われる訳ではありませんが、柚葉さんは「ゆっくり茶番劇」を自分の権利にしようとし、ネットで多くの人に叩かれました。これから会社などの組織とも話を付けなければならないほど大事になって来たので「こんなはずでは」と半泣きになっていることでしょうww
    でも仕方ありませんね。自業自得!こうなることを予想しなかったあなたが悪いww

    <このニュースへのネットの反応>

    【ドワンゴ「ゆっくり茶番劇」商標権と第三者に関して記者会見!想像以上に大事になり、焦り始める「柚葉」とかいう奴ww】の続きを読む



    「ゆっくり茶番劇」勝手に登録した『柚葉』、爆破予告で商標権を破棄する!ネットでボコボコにされたらしいww



    「ゆっくり茶番劇」という商標が第三者によって登録された件について、動画投稿者である「柚葉」さんが所属するライバーコミュニティー「Coyu.Live」が20日に声明を出しました。それによると「ゆっくり茶番劇」という商標を放棄するように指示していたということです。その結果が今朝発表されました。

    商標権が放棄されるとの報告

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    「柚葉」さんが所属するライバーコミュニティー「Coyu.Live」によると、今朝「柚葉」さんより、商標権の放棄手続きを行うとの報告があったということです。

    これにより、今まで「ゆっくり茶番劇」という言葉を使うことには許可が必要だった状態だったが、放棄され誰でも使えるようになる。

    ネットでは「柚葉」さんに対する批判が殺到しており、爆破予告まで飛び出していた。法的には何ら問題はないにしろ、ネット上での怒りは収まらなかった。

    「Coyu.Live」のスタンスとしては以下の通り

    多くのみなさまに愛されるフレーズを独占し、不当に利益を得ようとした当該会員の行為は、コンテンツを愛するわたしたちCoyu.Liveとしても受け入れられるものではなく、当該会員に対して再三にわたり是正を求める警告と指導を続けてまいりました。

    引用:Coyu.Live

    また、察するに「Coyu.Live」にも多くのクレームが寄せられており、業務どころではなかったのかもしれない。

    ドワンゴの見解(5月20日時点)

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    また「ゆっくり系」動画が多数投稿されている、ニコニコ動画を運営する「ドワンゴ」の見解も昨日発表されました。

    それによると

    <OK>
    「【ゆっくり茶番劇】+動画タイトル」や「【ゆっくり劇場】+動画タイトル」のような動画をニコニコ動画に投稿いただくことは、当該商標登録にかかる商標権を侵害することはなく、問題はないと考えている。

    <NG>
    「ゆっくり茶番劇 Part1」「ゆっくり茶番劇 Part2」や、「ゆっくり茶番劇 ①」「ゆっくり茶番劇 ②」等、「ゆっくり茶番劇」と同一または類似のタイトルの下に定期的に異なる内容の動画が投稿されている場合 「ゆっくり茶番劇」と同一または類似の文字列を、投稿者名やチャンネル名など動画の投稿元や提供元の表示として使用する場合

    引用:ドワンゴ

    ※ただし「商標権が放棄」されれば、上記の限りではないと考えられます。(タイムラグがあり)

    とりあえず、無事に商標が放棄されれば「ゆっくり茶番劇」騒動は、一件落着ということになりそうです。一方で「ゆっくり茶番劇」というワードが、再度第三者によって商標登録可能な状況はかわりません。

    「ギコネコ」「のまネコ」騒動に続き、ネットの創造物に対する商標問題は、毎度のごとく大きな騒動となります。

    今回の「ゆっくり茶番劇」騒動は決して「茶番劇」とは言えない、怒涛の結末を迎えることとなりそうです。

    Source:Coyu.Live



    画像が見られない場合はこちら
    「ゆっくり茶番劇」、ついに商標権放棄、茶番劇とは言えない散々たる結末へ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆっくり茶番劇商標登録問題(ゆっくりちゃばんげきしょうひょうとうろくもんだい)とは、YouTuberの柚葉/YuzuhaがYouTubeやニコニコ動画などで人気のコンテンツである東方Project原作「ゆっくり」のキャラクター(博麗霊夢・霧雨魔理沙)をモチーフにした「ゆっくり茶番劇ゆっくり
    15キロバイト (1,854 語) - 2022年5月21日 (土) 08:15


    (筆者コメント)
    最初から分かっていたことですが、勝手なことをするとこうなる物なんです。結局、権利も得られずただ自分の評判を落としただけの結果になり、ずっと後悔し続けるでしょうね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「ゆっくり茶番劇」勝手に登録した『柚葉』、爆破予告で商標権を破棄する!ネットでボコボコにされたらしいww】の続きを読む



    YouTuber東海オンエアの「1200万の腕時計を破壊する企画」に批評!


     人気ユーチューバーグループ・東海オンエアがマネージャーに対し行ったドッキリが、ネット上で波紋を広げている。

     問題となっているのは、14日に公開された「【世界初】1200万円の時計、また壊しちゃったドッキリ!!!」という動画。メンバーのてつやが私物の1200万円超の腕時計を自ら壊し、その原因がマネージャーにあるように見せかけるというドッキリ企画となっていた。

     >>ユーチューバー「コンビニおにぎりには寄生虫がいます」実際に紹介し物議「食べられなくなった」の声も<<

     実はこの時計、以前マネージャーが床に落としてしまい、ガラスにヒビが入ってしまったことがあったとのこと。50万円をかけて修理したため、現在は修復されたとのことだが、割れた際にマネージャーの顔が白くなっていたことから、今回のドッキリを思いついたことを明かしていた。

     ドッキリは、てつやがマネージャーに腕時計を預けてカバンに入れさせ、そのカバンを放置するよう仕向けた上で、その間に壊すというもの。マネージャーは再び壊れるのを警戒してか、低い位置で時計を扱い、カバンに入れる際もてつや自身に入れさせ、カバンを放置することにも躊躇いを見せていた。

     その後、てつやは金属製のハンマーを使ってガラスの破壊に挑戦。当初、ハンマーで叩いてもびくともしなかったガラスだが、徐々にハンマーに力を入れると、ガラスが割れるよりも先に針が狂ってしまうことに。その後、床に叩きつけるなどして、ガラスを破壊していた。

     いよいよドッキリ敢行では、破壊された腕時計を発見したマネージャーは戸惑いまくり。さらに、マネージャーの管理不足としててつやが怒り、マネージャーが落ち込んだことでドッキリは成功。ネタバラシ後、マネージャーは安心感からか涙を見せる場面もあった。

     しかし、この一連の流れに動画コメント欄などからは「ただのパワハラ」「いじめレベル」「可哀想すぎる」というマネージャーへの同情の声が殺到。

     また、腕時計をわざ壊すという行為についても、「わざと物壊すのは笑えない」「職人が丹精込めて作った時計を無闇に壊して何が面白いの?」「人としてない」「成金不愉快ネタ」「時計が気の毒」という批判的な声が多く集まっていた。

     「またお金を出して直せばいい」という意識が透けて見えたこの動画に、多くの人が不快感を抱いてしまったようだ。

    記事内の引用について
    東海オンエア公式ユーチューブチャンネルより
    https://www.youtube.com/user/TokaiOnAir

    東海オンエア公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/user/TokaiOnAir


    (出典 news.nicovideo.jp)

    東海オンエア(とうかいオンエア、英語:Tokai On Air)は、日本の愛知県岡崎市に拠点を置く、6人組YouTuberグループ。メンバーはてつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡。2013年にYouTubeより動画投稿を中心とする活動を開始。2017年からUUUMに所属している。Y
    33キロバイト (3,621 語) - 2022年5月2日 (月) 04:19


    (筆者コメント)
    YouTuberの大変さは私もよく分かっています。しかしやってい良い事と悪いことの差くらい見分けてほしいものですね。悪質過ぎます!迷惑系YouTuberが散々問題起こして叩かれてるの知っているはず、炎上しないと思ったんですかね?言い方悪いですが、こういうYouTuberって頭緩すぎ!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【YouTuber東海オンエアの「超高級腕時計を破壊する企画」に批評!】の続きを読む



    ひろゆき氏Twitter名を「ひろゆき@ゆっくり茶番劇」にして何かを煽るww


    5月15日、動画投稿者の柚葉さんが動画ジャンルである「ゆっくり茶番劇」の商標権を取得したと発表した。年間10万円の使用料を求めると表明し大きな騒動となる。

    参考記事:
    動画の人気ジャンル「ゆっくり茶番劇」の商標登録が波紋を呼ぶ ZUNさんやひろゆきさんも参戦し「祭り」の様相
    https://getnews.jp/archives/3278048[リンク]

    東方projectの生みの親であるZUN(博麗神主)さんはTwitterにて

    ゆっくり茶番劇の話は耳に入りましたよー。
    法律に詳しい方に確認しますね。

    とツイートを行なう。
    また、2ちゃんねる創設者・ひろゆきさんは、名前に「@ゆっくり茶番劇」をつけた動画投稿者・鋼兵さんの

    「ゆっくり茶番劇」が商標登録されたらしいですね。利用するのに10万円かかるとか。
    名前変えてみました。

    というツイートを引用し

    乗った!

    とツイート。自身の名前を「ひろゆき@ゆっくり茶番劇」に変更していた。
    それを受け、ひろゆきさんのモノマネでおなじみ西村ひろゆかないさんは「ひろゆかない@ゆっくらない茶番劇」に変更し返信を行なう。
    その後も、Twitterでは名前に「@ゆっくり茶番劇」をつけるユーザーが続出していたようである。

    翌16日、柚葉さんは

    商標「#ゆっくり茶番劇」につきまして皆様からのご意見を受け、関係各所と再検討しましたところ、使用料のお支払いは不要と定めることに決定致しました。
    今後、使用料(ライセンス契約)は不要になります。
    但し、権利は当社のものとして存続いたします。
    よろしくお願いいたします。

    とツイートを行った。使用料は不要と明言したものの、権利は保持ということで、未だ騒動は続いているようだ。

    ※画像は『Twitter』より

    ひろゆきさんがTwitterアカウント名を「ひろゆき@ゆっくり茶番劇」に!? 商標登録と使用料をめぐり騒動が続く


    (出典 news.nicovideo.jp)

    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    移住。同年、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し管理人に就任する。 ひろゆきの来歴は、2ちゃんねるの歴史であり、4chanや8chanなどCHANカルチャーの歴史でもある。以下でそれを追っていく。 ひろゆきが1999年に開設した巨大匿名掲示板群「2ちゃんねる」を「2ch.net」(現・5ちゃんねる「5ch
    216キロバイト (32,496 語) - 2022年5月16日 (月) 12:30


    (筆者コメント)
    これはおもしろい!
    ひろゆき氏、何にかを煽っていますよね?これ問題になったらおもしろいのになぁ。我々に変わって独り占めおバカさんを叩いてくれww

    <このニュースへのネットの反応>

    【ひろゆき氏Twitter名を「ひろゆき@ゆっくり茶番劇」にして何かを煽るww】の続きを読む

    このページのトップヘ