アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: 特撮ヒーロー



    『シン・ウルトラマン』ストーリーがエヴァのようだと話題に!


     映画批評家らが優れた人材や作品を表彰する『第31回日本映画批評家大賞』授賞式が30日、都内で行われ、アニメーション監督賞を『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年3月公開)の総監督を務めた庵野秀明氏が受賞した。仕事の都合で授賞式に出席できなかった庵野氏は手紙を寄せた。

    【画像】珍回答続々!エヴァ乗る?「乗りません」 アスカのプラグスーツや田植えの疑問に答えた庵野監督

     司会者の政井マヤアナが代読し、コロナ禍での上映になったことに触れ「(制作は)感染対策に追われました。2度の公開延期も余儀なくされるなど、興行活動も大幅に制限される状況でしたが、作品を支えてくれるファンの応援や関係者の尽力のおかげで、たくさんの方に愛される作品とすばらしい結果を残すことができました。深く感謝を申し上げたいと思います」と感謝。

     現在、庵野氏(企画・脚本)と樋口真嗣氏(監督)による実写映画『シン・ウルトラマン』が公開されている。「今後も作品を通して業界に貢献できるよう励んで参りますので何卒よろしくお願い申し上げます」と伝えた。

     この手紙に、司会を務めた笠井信輔アナは『シン・ウルトラマン』を観た感想として、「(ウルトラマンが)エヴァにしか見えなかった。だからもう、『エヴァ』は実写化できますよ!というのを『シン・ウルトラマン』で思った。『シン・仮面ライダー』のあとは、『シン・シン・エヴァンゲリオン』の実写版だと、そんなふうに受けとるくらいの仕上がりでした」と興奮していた。

     同作は、1995年のTVアニメ放送開始から社会現象を巻き起こしてきた『新世紀エヴァンゲリオン』を、2007年に再起動し、これまでに「:序」「:破」「:Q」の3作を公開してきた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの4作目。庵野総監督が創作の原点に立ち返り、新たな構想と心境に描いてきた新シリーズの完結編であるとともに、約25年にわたるシリーズ全体を締めくくる作品になったほか、21年度の日本での興行収入トップとなる102億円を突破し、シリーズ最大のヒット作になった。

    庵野秀明氏が『第31回日本映画批評家大賞』でアニメーション監督賞を受賞 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり、タイトルロゴには「空想特撮映画」と謳われている。円谷プロダクション、東宝、カラ
    53キロバイト (6,695 語) - 2022年5月27日 (金) 07:51


    (筆者コメント)
    シン・ウルトラマンはご覧になりましたでしょうか?内容がエヴァと流れが似ていると言われています。もしかしたらシン仮面ライダーも似た内容になるかも知れないですね。


    <このニュースへのネットの反応>

    【『シン・ウルトラマン』ストーリーがエヴァのようだと話題に!】の続きを読む



    仮面ライダーがマーベル映画のようなクオリティになれない理由!


    仮面ライダーシリーズ(かめんライダーシリーズ)は、1971年に放送された『仮面ライダー』に端を発した、石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズである。 本シリーズは同一の番組ではなく、仮面ライダーの名を冠した複数の番組が、登場人物や設定を変えながらシリーズとして続けられている作品群で
    238キロバイト (25,118 語) - 2022年5月26日 (木) 12:05
    (筆者コメント)
    ひと言でいうとそれにお金を出す企業がないからですね。CGも俳優も何もかも子ども向けだから成長しない。そろそろ本気で世界レベルの仮面ライダーが観たいですよね。


    スレはここから↓
    1 風吹けば名無し :2022/05/21(土) 16:11:36.65

    なぜなのか


    【仮面ライダーがマーベル映画のようなクオリティになれない理由!】の続きを読む



    マーベル映画って日本で言う仮面ライダーみたいなものやろ?


    ウォルト・ディズニー・カンパニー > マーベル・エンターテインメント > マーベル・コミック マーベル・コミック(英名: Marvel Comics)は、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のアメリカ合衆国のニューヨークに本社を置く漫画出版社である。別名アメコミ。作者はスタン・リー。 「マーベル・シネマティック・ユニバース」(英:
    29キロバイト (3,114 語) - 2022年5月19日 (木) 13:28
    (筆者コメント)
    仮面ライダーは「ライダー」なのでバイクに乗るという縛りがありますが、各自ストーリーがあってたまにライダー同士戦ったり集合したり、似たようなものですねww


    スレはここから↓
    【マーベル映画って日本で言う仮面ライダーみたいなものやろ?】の続きを読む



    『シン・ウルトラマン』予想以上の大ヒット!ポカポカの感情にクギ付け!?


     公開からわずか3日で観客動員数64万人、興行収入9.9億円を突破する大ヒットを遂げている「シン・ウルトラマン」。その企画・脚本を務めたのは、ご存じ「エヴァンゲリオン」シリーズ監督の庵野秀明。SNS上では両作の共通点や、「ウルトラマン」の「エヴァ」への影響の再発見について盛んに論じられている。

    【その他の画像】

     筆者も「シン・ウルトラマン」のキャラクターを「エヴァ」になぞらえることで、より深く人物像が捉えられることが分かってきた。なんなら、「エヴァ」のフィルターを通すことで「シン・ウルトラマン=百合」という回答がおのずと立ち上がってきたばかりか、「シン・ウルトラマン」において批判が続出したシーンの誕生理由まで解明できてしまったのだ。その理由を記していこう。

    【※以下、決定的なサプライズ要素は避けていますが、「シン・ウルトラマン」の一部ネタバレに触れています】

    ●ウルトラマン=綾波レイ説

     「シン・ウルトラマン」で斎藤工演じるウルトラマンこと神永新二は、社交性がなく感情の表出に乏しい存在として描かれている。人の姿形をしているが実は人ならざる存在であり、だからこその孤独を深めていることも含め、綾波レイらしさが存分にあるキャラクターと言えるではないか。

     もちろんウルトラマンと同化する前の神永は人間の男性であり、キャラ名やシャツの着こなしから碇シンジに重ね合わせる方もいるだろう。だがシンジは内向的であっても社交性がないわけではないし、ウルトラマンの種族も(ウルトラの母はいるが)ジェンダーをあまり感じさせない存在であるので、やはりより近いのは綾波レイだと思うのだ。

     本作の批判的な意見に「ウルトラマンが人間および禍特対のメンバーを好きになる描写が不足している」ことがあるが、その“好き”を「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」における綾波レイの「碇君と一緒にいるとポカポカする。私も碇君にポカポカしてほしい」に近いものと考えれば納得がいく。

     好きという感情をうまく言語化できない、そもそも好きになる理由も、それが好きという感情なのかもどうかも分からない、だけど幸せになってほしいし、何かをしてあげたい。劇中のウルトラマンが人間および禍特対のメンバーに抱いていたのは、実はそのような「ポカポカ」な感情だったのではないか。「好きかどうかも分からない」「でも気になるし、守ってあげたい」もまた、百合作品ではよく見かける関係性だ。尊い、尊いではないか。

     また、ウルトラマン=渚カヲルと捉える向きもSNS上で散見される。彼もまた綾波に似た出自でありながら、人間である碇シンジに巨大感情をぶつけ、そして導く存在であるので、本作がBL的な側面を備えていると言っても過言ではない。拡大解釈、私の好きな言葉です。

    ●浅見=アスカ+ミサト説

     長澤まさみ演じる浅見弘子は、「エヴァ」で言うところのアスカに近い印象も持つ。声を荒げて命令する高飛車な印象はもちろん、自身の意図に反してバディを組ませられる過程も似ている。

     実際の本編ではほとんどバディ関係を築けておらず、「瞬間、心、重ねて」的な訓練シーンもほぼなかったのは残念だが、シンジ以上に心を開きにくい綾波レイとバディを組むとなれば、一本の映画で打ち解けるには時間が足りなかったのだと納得もできる。

     はたまた、浅見には葛城ミサト的な「残念な美人」ぶりも見て取れる。彼女の「自分以外のぶんのコーヒーを入れないなんて気が利かない」という物言いや、「同僚の尻を2度もパンッと叩く」セクハラ行動には批判も多いが、表向きは立派な大人だが「中身はオヤジ」な美人像は、おそらく庵野の女性の好みがものすごく反映された結果ではないだろうか。

     ともかく、社交性がない綾波レイと、アスカ+ミサト的なイケイケなキャラの関係性……それはもう、尊いに決まっているのだ。だが、尻を叩くのはやめてほしい。

    ●セクハラ描写が生まれた理由

     観客からの批判が集中した「斎藤工が長澤まさみの匂いを執拗に嗅ぐ」シーンも、「:破」「シン」でのマリがシンジの匂いを嗅ぐ場面を筆頭に、「エヴァ」における隠喩的な要素をほうふつとさせる。

     過去にもウルトラシリーズにおいてウルトラマンへの憧れや恋愛に近い感情を抱く女性キャラクターはいたが、今回の「シン・ウルトラマン」ではそれを少し超えた、エヴァのように性をほのめかすシーンをあえて入れ込もうとしたようにも思える。

     「エヴァ」新劇場版シリーズにおいても「女性キャラの胸がやたらと揺れる」様などはしばしば批判の対象となっていたが、アニメーションである「エヴァ」に比べ、今回のような実写作品では生々しさが悪目立ちしすぎていると思う。「エヴァ」では性的なシーンも思春期の少年の鬱積した心情とシンクロしていたのだが、対して「シン・ウルトラマン」では作劇上もほとんど必要のないものになっていたし、どのような理由であれウルトラマンという作品でセクハラ、あるいはそれに類するシーンを入れてほしくなかったというのが正直なところだ。

     今作での性的なシーンは、先ほど掲げた百合の波動との食い合わせも悪いと思う。もちろん百合作品にも性的な描写が含まれることはあるが、どんなジャンルであれ無批判にセクハラ描写を持ち込んで良いことにはならない(一応、メフィラスによる批判的な自己言及はあったが)。百合大好き勢としても、まことに遺憾である。

    ●「シェイプ・オブ・ウォーター」をやりたかった説

     今回の「シン・ウルトラマン」が、ギレルモ・デル・トロ監督作「シェイプ・オブ・ウォーター」のような内容を、ウルトラマンという題材でやりたかったのではないか、という説もある。「シェイプ・オブ・ウォーター」は童話「人魚姫」の男女を入れ替えた、映画「大アマゾンの半魚人」の二次創作のような内容で、異なる種族間の愛を、性的な関係も含めはっきり描いた作品だ。

     ただ、そちらは日本ではR15+指定されたことからも分かる通り、比較的大人向けの内容であり、観客が生理的な拒否反応を覚えてしまうことも見越した上で、それでもなお人間と異なる存在への思いを描くことに主眼を置いた作品であった。

     対して「シン・ウルトラマン」は子どもを含む広い観客層が触れる作品であり、機微に欠けるあからさまな描写に多くの観客が批判をぶつける結果になってしまったのは致し方がないだろう。とはいえ、「パシフィック・リム」でも知られるギレルモ・デル・トロ監督は「ウルトラマン」を含め日本の特撮の大ファンでもあり、お互いにトリビュート的ともいえる作品を目指したのではないか、と思えるのは感慨深い。

     さらに余談だが、樋口真嗣監督による「シン・ウルトラマン」の公開日である5月13日より、荒木哲郎監督によるアニメ映画「バブル」の劇場上映もスタートした。くしくも、「進撃の巨人」の実写映画版と、アニメ版それぞれの監督による最新作が同日に公開されたのだ。

     「バブル」は劇中で語られている通り「人魚姫」が物語のモチーフになっていて、「惑星ソラリス」のように姿形を変えるヒロイン像は綾波レイを思わせるところもある。奇妙な共通点をもったこの2作を、合わせて見てみるのも面白いだろう。

    (ヒナタカ)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり、タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラー
    49キロバイト (6,065 語) - 2022年5月21日 (土) 13:52


    (筆者コメント)
    正直、ウルトラマンがここまでヒットすると思っていませんでした。「どうせ観に行くのはウルトラマン好きか特撮ファンだけだろう」と考えていた自分が恥ずかしくなります。とても考えさせられる内容となっており、言葉は喋れなくとも何となくウルトラマンの思いが伝わり、じんわりと来る良作だと思います。さて、シン・仮面ライダーとかやったらどうなるのやら・・・ww

    <このニュースへのネットの反応>

    【『シン・ウルトラマン』予想以上の大ヒット!ポカポカの感情にクギ付け!?】の続きを読む



    劇場おじさん率高め『シンウルトラマン』観た本音!『シン仮面ライダー』とかオタクでいっぱいになりそうww


    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり、タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラー
    45キロバイト (5,687 語) - 2022年5月14日 (土) 08:50
    (筆者コメント)
    絶賛公開中のシンウルトラマンですが、賛否がありますね。初期のウルトラマンをずっと観ていた人からすると懐かしさとかオマージュ要素があって楽しめるかも知れませんが、全く知らない人は少し「?」ってなるかも知れませんね。でも過去作を観ていない人でも楽しめるようにはなっているはず・・・!


    スレはここから↓

    25 名無しで叶える物語(茸) :2022/05/14(土) 10:09:19.46

    最後のブラックホールから逃れようと飛行するシーンで泣きそうになった
    本当に帰りたくて必死で、表情もないし言葉も発さないのにそれが伝わってきて


    【劇場おじさん率高め『シンウルトラマン』観た本音!『シン仮面ライダー』とかオタクでいっぱいになりそうww】の続きを読む

    このページのトップヘ