アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。

他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。

最新情報をお届け致します。

    カテゴリ: 特撮ヒーロー



    漫画『GANTZ(ガンツ)』と『仮面ライダーギーツ』の設定が似すぎている件!


     漫画家の奥浩哉さんが9月18日にTwitterで、自身の作品『GANTZ』と9月4日から放送を開始した仮面ライダーシリーズ最新作「仮面ライダーギーツ」が酷似していると言及。SNSでは発言内容の賛否を巡って議論になっています。

    【両作ファンによるさまざまな意見】

     奥さんは「今やってる仮面ライダーのプロデューサーさん、GANTZの著作権切れてると思ってるのかな笑」と皮肉交じりに投稿。「別に喧嘩したいわけじゃないんだけど…呆れて笑って見てるだけなんだけど」とことを大きくする意図はないとしつつ、疑問を呈しています。

     複数ユーザーからの“どこが似ているのか”という質問には、具体的に「設定とキャラ配置ですかね」「パンダみたいなヤツが西君ぽいですね」と返答。奥さんが考える類似点も示しました。

     『GANTZ』は2000年から2013年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載され、アニメ化、実写映画化もされた人気作品です。個人またはチームが別空間に転送され、生き残りをかけて戦う“バトルロイヤル形式”のストーリーで、参加者が専用のスーツを身に着けて謎の生命体と死闘を繰り広げていきます。

     一方「仮面ライダーギーツ」は主演を簡秀吉さんが務める、令和ライダー4作目となる最新作。現時点で3話までしか放送されておらず全容は明かされていませんが、こちらも謎の敵「ジャマト」と生き残りをかけて競い合うバトルロイヤル形式で、仮面ライダーに変身した素性もさまざまな参加者たちが「理想の世界をかなえる権利」を目指して戦うストーリーです。

     奥さんの指摘通り両作には、登場人物が自分の意思とは関係なく別空間を舞台に突然謎だらけのゲームに参加させられること、戦うために専用のスーツを着用すること、設定されている敵を倒してスコアを競い合うこと、見返りが用意されていることといった共通点が見られます。ゲームクリアで記憶がリセットされたり、ゲームの死が現実の死とリンクしている可能性があることなど、ネット上の一部では「似ている」と話題になっていました。

     一方で「バトルロワイヤルものは言ってしまえばほぼ似てるところばっかです」「今回の仮面ライダーギーツは『Fortnite』や『Apex Legends』といったバトルロイヤル型ゲームの人気を踏まえた設定です」「系統が似るのはしゃーない大目に見てやってくだしい」とジャンルが同じであればある程度の設定が似通うのは仕方ないとの視点からの反論も見られます。

     「仮面ライダー龍騎が20年前の作品だからそれに合わせて似た設定でギーツが生まれたんだと思うんだけどな」と同じくライダーによる生き残りバトルを描いた作品にたとえる声や、「死のロングウォークやバトルランナーやバトルロワイヤルの作者に文句言われても何も言い返せなくなるわけでね」とそもそも『GANTZ』が同ジャンルの先駆者というわけではないとの意見も投稿されています。

     また、作者自ら事を荒立てる行為にファンからは「奥先生の作品もギーツも大好きな人間としては、ほんのり似てる程度で少し高圧的なツイートでネットをざわつかせないで欲しいです。それだけ先生の発言には力が有ります」「一つの発言で揉める切っ掛けになることもあるので気をつけたほうが良いと思います。炎上したら両方に被害が行くので」「あ! 士郎正宗先生・たかしげ宙先生(皆川さん)・たがみよしひさ先生に怒られる案件のような…」と心配の声も寄せられています。

    「仮面ライダーギーツ」(画像は過去記事から)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーギーツ仮面ライダーギーツ』(かめんライダーギーツ、欧文表記:KAMEN RIDER GEATS)は、2022年9月4日からテレビ朝日系列で毎週日曜9:00 - 9:30(JST)に放送されている、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称。…
    60キロバイト (6,314 語) - 2022年9月19日 (月) 05:42


    (筆者コメント)
    もしかしたらギーツの脚本家はガンツ大好き人間なのかも知れませんし、本当にたまたま似てしまっただけの可能性もありますね。日本だけでも腐るほど漫画やアニメ、ゲームがあるのでストーリーが被ることもありますよ!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【漫画『GANTZ(ガンツ)』と『仮面ライダーギーツ』の設定が似すぎている件!】の続きを読む



    YouTubeで『仮面ライダー龍騎』全話配信!ファン大はしゃぎww


     放送開始20周年を迎えた「仮面ライダー龍騎」全50話が、東映のYouTube公式チャンネル「東映特撮YouTube Official」で8月20日から無料配信されます。

    【その他の画像】「仮面ライダー龍騎」前後の作品の第1話を見る

     「仮面ライダー龍騎」は、東映の「平成仮面ライダーシリーズ」第3作として2002年から2003年に掛けて放送。13人の仮面ライダーが最後の1人になるまで殺し合い続けるという当時としては斬新な設定を導入した異色作。2022年9月から放送の令和仮面ライダー第4作「仮面ライダーギーツ」も複数の仮面ライダーによるバトルロワイヤルという「仮面ライダー龍騎」の流れをくんだような作品となっています。

     劇中で仮面ライダー龍騎/城戸真司を演じた須賀貴匡さんをはじめ、仮面ライダーナイト/秋山蓮役の松田悟志さん、仮面ライダー王蛇/浅倉威役の萩野崇さんなどのキャスティングに加え、テレビシリーズとテレビスペシャル、劇場版で4つの結末が用意された展開も話題を呼び、節目となる20周年記念で無料配信されることに喜ぶファンの声がネットには多数みられます。

     「東映特撮YouTube Official」では、8月20日から毎週土曜日21時にチャット機能を備えたプレミア公開で配信されます。

     当時のキャストで、仮面ライダーナイト/秋山蓮役の松田さんは、2022年に20周年を迎えた「仮面ライダー龍騎」を祝うため、自作した本を手に全国の同人即売会を行脚する活動を行っていましたが、無料配信の一報を受け、「ついに公式が」と喜びもひとしおの様子。「多くの方にまた『龍騎ワールド』を楽しんでほしいです」とTwitterに投稿しています。

    13人の仮面ライダーによるバトルロワイヤル (画像は東映「仮面ライダー図鑑」サイト)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    龍騎の変身ポーズをとるなど、本作品に対するパロディが多く見られた。 『SMAP×SMAP』 - 本作品のパロディとしてコント 『仮面レンアイダー』が行われた。木村拓哉が城戸・仮面ライダー龍騎→沢井・仮面レンアイダー(れんき)、香取慎吾が秋山・仮面ライダーナイト→北村・仮面レンアイダー
    167キロバイト (23,996 語) - 2022年8月16日 (火) 10:27


    (筆者コメント)
    筆者の私も仮面ライダー大好き人間なので『Hulu』や『Amazonプライムビデオ』などで何度も観ていますが、龍騎は当時「どんだけ出すんだよ?」と言うくらいライダーが登場する最初の作品でもあったのでテレビの前で興奮して観ていたのをよく覚えています。

    最近ではプレミアムバンダイから「SO-DO」シリーズで龍騎に登場した全てのライダーと契約モンスターが商品化され話題になりました。

    ライダーのデザインも素晴らしく、何故か脱獄囚が変身する「王蛇」が一番人気だったのを未だに疑問に思っていますww

    私はだんぜんナイトですね。

    個人的には仮面ライダーシリーズでの好みは「クウガ」なんですが「龍騎」も最高におもしろいのでこれを機に観て頂きたいですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【YouTubeで『仮面ライダー龍騎』全話配信!ファン大はしゃぎww】の続きを読む



    『シン・ウルトラマン』ストーリーがエヴァのようだと話題に!


     映画批評家らが優れた人材や作品を表彰する『第31回日本映画批評家大賞』授賞式が30日、都内で行われ、アニメーション監督賞を『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年3月公開)の総監督を務めた庵野秀明氏が受賞した。仕事の都合で授賞式に出席できなかった庵野氏は手紙を寄せた。

    【画像】珍回答続々!エヴァ乗る?「乗りません」 アスカのプラグスーツや田植えの疑問に答えた庵野監督

     司会者の政井マヤアナが代読し、コロナ禍での上映になったことに触れ「(制作は)感染対策に追われました。2度の公開延期も余儀なくされるなど、興行活動も大幅に制限される状況でしたが、作品を支えてくれるファンの応援や関係者の尽力のおかげで、たくさんの方に愛される作品とすばらしい結果を残すことができました。深く感謝を申し上げたいと思います」と感謝。

     現在、庵野氏(企画・脚本)と樋口真嗣氏(監督)による実写映画『シン・ウルトラマン』が公開されている。「今後も作品を通して業界に貢献できるよう励んで参りますので何卒よろしくお願い申し上げます」と伝えた。

     この手紙に、司会を務めた笠井信輔アナは『シン・ウルトラマン』を観た感想として、「(ウルトラマンが)エヴァにしか見えなかった。だからもう、『エヴァ』は実写化できますよ!というのを『シン・ウルトラマン』で思った。『シン・仮面ライダー』のあとは、『シン・シン・エヴァンゲリオン』の実写版だと、そんなふうに受けとるくらいの仕上がりでした」と興奮していた。

     同作は、1995年のTVアニメ放送開始から社会現象を巻き起こしてきた『新世紀エヴァンゲリオン』を、2007年に再起動し、これまでに「:序」「:破」「:Q」の3作を公開してきた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの4作目。庵野総監督が創作の原点に立ち返り、新たな構想と心境に描いてきた新シリーズの完結編であるとともに、約25年にわたるシリーズ全体を締めくくる作品になったほか、21年度の日本での興行収入トップとなる102億円を突破し、シリーズ最大のヒット作になった。

    庵野秀明氏が『第31回日本映画批評家大賞』でアニメーション監督賞を受賞 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ウルトラシリーズ > シンウルトラマンシンウルトラマン』は、2022年5月13日に公開された日本のSF特撮映画。1966年に放送された特撮テレビドラマウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画であり、タイトルロゴには「空想特撮映画」と謳われている。円谷プロダクション、東宝、カラ
    53キロバイト (6,695 語) - 2022年5月27日 (金) 07:51


    (筆者コメント)
    シン・ウルトラマンはご覧になりましたでしょうか?内容がエヴァと流れが似ていると言われています。もしかしたらシン仮面ライダーも似た内容になるかも知れないですね。


    <このニュースへのネットの反応>

    【『シン・ウルトラマン』ストーリーがエヴァのようだと話題に!】の続きを読む



    仮面ライダーがマーベル映画のようなクオリティになれない理由!


    仮面ライダーシリーズ(かめんライダーシリーズ)は、1971年に放送された『仮面ライダー』に端を発した、石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズである。 本シリーズは同一の番組ではなく、仮面ライダーの名を冠した複数の番組が、登場人物や設定を変えながらシリーズとして続けられている作品群で
    238キロバイト (25,118 語) - 2022年5月26日 (木) 12:05
    (筆者コメント)
    ひと言でいうとそれにお金を出す企業がないからですね。CGも俳優も何もかも子ども向けだから成長しない。そろそろ本気で世界レベルの仮面ライダーが観たいですよね。


    スレはここから↓
    1 風吹けば名無し :2022/05/21(土) 16:11:36.65

    なぜなのか


    【仮面ライダーがマーベル映画のようなクオリティになれない理由!】の続きを読む



    マーベル映画って日本で言う仮面ライダーみたいなものやろ?


    ウォルト・ディズニー・カンパニー > マーベル・エンターテインメント > マーベル・コミック マーベル・コミック(英名: Marvel Comics)は、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のアメリカ合衆国のニューヨークに本社を置く漫画出版社である。別名アメコミ。作者はスタン・リー。 「マーベル・シネマティック・ユニバース」(英:
    29キロバイト (3,114 語) - 2022年5月19日 (木) 13:28
    (筆者コメント)
    仮面ライダーは「ライダー」なのでバイクに乗るという縛りがありますが、各自ストーリーがあってたまにライダー同士戦ったり集合したり、似たようなものですねww


    スレはここから↓
    【マーベル映画って日本で言う仮面ライダーみたいなものやろ?】の続きを読む

    このページのトップヘ