アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: 特撮ヒーロー



    次のスーパー戦隊は『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』桃太郎が主役だけど、ドンブラはダサすぎるww【画像あり】


     来年3月6日にスタートする新たなスーパー戦隊が22日に『暴太郎戦隊ドンブラザーズ(あばたろうせんたい ドンブラザーズ)』に決定したことが発表された。番組ロゴや、おでこに桃があしらわれた新レッドのビジュアルが示唆する通り、本作のモチーフとなるのは、昔話『桃太郎』。新たなヒーロー・ドンモモタロウ(レッド)が、桃太郎同様に“お供”と一緒に強大な敵に立ち向かっていく姿を描く。

    【写真】スーパーバイク・エンヤライドンにドンモモタロウ

     本作のヒーロー・ドンモモタロウ(レッド)は、織田信長をほうふつさせるような勢いのあるキャラクター。生まれてすぐ、桃の形のカプセルに乗せられて飛来した、という過去をもっている。そんなドンモモタロウと共に敵に立ち向かうのは、サルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)といった桃太郎のお供“猿、犬、雉”をイメージしたメンバー。さらに、鬼をイメージしたオニシスター(イエロー)の姿も。5人がどんな関係になっていくのか、続報が待たれる。

     『ドンブラザーズ』の最大の特長といえるのは、5人5様の個性的な体形。頭に“ちょんまげ”を結ったドンモモタロウを筆頭に、“ツノ”が生えたオニシスター、筋骨隆々で“マッチョ”なサルブラザーと、見た目のインパクトも絶大。さらに、イヌブラザーが全長100センチの“3頭身”キャラなのに対し、キジブラザーは全長220センチとひときわ“長身”なスタイル。5人が勢ぞろいすると、スーパー戦隊シリーズ史上、類をみないデコボコシルエットになるのも注目ポイントとなる。

     本作の脚本を務めるのは井上敏樹氏。『仮面ライダーアギト』(2001)、『仮面ライダー555』(2003)、『仮面ライダーキバ』(2008)といった平成仮面ライダーシリーズのメインライターとして知られる井上氏だが、スーパー戦隊シリーズでメインライターを務めるのは『鳥人戦隊ジェットマン』(1991)以来、約30年ぶり。『ジェットマン』は、特撮ヒーロー作品に当時大ブームを巻き起こしていたトレンディードラマの要素をプラスした設定や、想像を絶する衝撃的なラストで話題を呼んだ伝説の作品となる。今なお語り継がれる名作を手掛け、円熟味を増した井上氏が本作で挑む、新しいスーパー戦隊の形となる。また、『魔進戦隊キラメイジャー』(2020)で、約22年ぶりにスーパー戦隊シリーズに参加、現在放送中の『機界戦隊ゼンカイジャー』も手掛ける監督・田﨑竜太氏が、本作の演出を担当することも決定。盤石の布陣で、スーパー戦隊シリーズの新たな歴史に名を刻む。

     そんな『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』制作発表会見は、2月上旬に開催予定。気になるキャスト陣や、謎のベールに包まれた「ドンブラザーズ」の全ぼうが明らかになる。

    新スーパー戦隊『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が3・6スタート


    (出典 news.nicovideo.jp)

    スーパー戦隊シリーズ(スーパーせんたいシリーズ)は、日本の特撮テレビドラマシリーズ。ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズとともに、およそ46年にわたって放映されている長寿シリーズである。数名がチームを組み色分けされたマスクとスーツで武装したヒーローに変身し、主に赤色のヒーローを中心として怪人と戦
    228キロバイト (24,259 語) - 2021年12月22日 (水) 16:21


    筆者コメント
    え?本当にこれ採用決定なの?マジで受け付けないんですけど・・・
    ドンブラザーズはないわ~ww

    <このニュースへのネットの反応>

    【次のスーパー戦隊は『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』桃太郎が主役だけど、ドンブラはダサすぎるww【画像あり】】の続きを読む



    みんな覚えてる?『ウルトラマン』のトラウマがこれ!


    平成ウルトラマンにもあったトラウマ回3選 「検索NGな言葉」を生んだ悲劇とは?

    …を受け継いで制作された平成ウルトラマンにもまた、「トラウマ回」と称される傑作エピソード群が存在しています。 ●『ウルトラマンガイア』第39話「悲しみの沼」…
    (出典:マグミクス)


    ウルトラシリーズ > ウルトラマンウルトラマン』は、1966年7月17日から1967年4月9日まで、TBS系列で毎週日曜19:00 - 19:30(JST)に全39話が放送された、TBS・円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ、およびその作中に登場する巨大変身ヒーローの名称である。
    223キロバイト (32,303 語) - 2021年12月14日 (火) 10:22


    筆者コメント
    皆さんはご存知でしょうか?ウルトラマンジャックのバラバラ死体の回を?随分昔ですが、このシーンを見た時、凍り付きました。借りたビデオで観たのですが、子どもの時ゾッとしてそれ以来ウルトラマンを観るのを躊躇してしまっています!子どもが観たらあかんヤツ!! 【みんな覚えてる?『ウルトラマン』のトラウマがこれ!】の続きを読む



    【画像あり】藤岡弘の息子が仮面ライダー1号を受け継ぐことが決定!ベルトが腹巻ぐらいあって受けるwwwwwwww


    1971年に放送が開始され、今年で50周年を迎える石ノ森章太郎原作の「仮面ライダー」。それを記念して制作される映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)に、仮面ライダー1号/本郷猛役として藤岡弘、の息子である藤岡真威人が出演することが決定。このたびメイキングインタビュー映像が解禁された。

    【写真を見る】父から直々にアドバイスを受け、当時の放送を見て研究を重ねた真威人の変身ポーズ

    仮面ライダー誕生の1971年と現代の2021年、そして荒廃した2071年の3つの時代を舞台に繰り広げられる戦いを描く本作。先日Web予告映像とポスタービジュアルが解禁され、歴代のレジェンドライダーやダークライダーの登場やゲストキャストとして中尾明慶古田新太の出演が明らかに。ライダーファンの間では次なる情報解禁に大きな期待が寄せられていた。

    そんななか、このたび発表されたのは1971年に放送された「仮面ライダー」で仮面ライダー1号/本郷猛役を演じた藤岡弘、の長男である真威人が、50年の時を超えて父から同役を受け継ぐというファンにはたまらないサプライズ。劇中ではスポーツ万能で頭脳明晰の青年、本郷猛が最強の改造人間を生みだそうとする悪の秘密結社ショッカーに捕らえられ改造手術が行われる当日の、“もう一つ”のエピソードが描かれていくとのこと。

    オファーがあった際「やらなきゃならない宿命」と感じ、父から直々にアドバイスをもらったり当時の放送を見直して研究したという真威人。解禁されたメイキングインタビュー映像には50年前の本郷猛を彷彿とさせる衣装を身にまといショッカーに立ち向かう姿や、撮影現場で父から指導を受ける様子。さらには父直伝の変身シーンに臨む姿も。受け継がれるべくして受け継がれた新たな仮面ライダー1号/本郷猛の活躍を、是非とも映画館スクリーンで目撃してほしい!

    文/久保田 和馬


    仮面ライダー1号/本郷猛役を父、藤岡弘、(左)から受け継いだ藤岡真威人/[c]「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会[c]石森プロ・テレビ朝日・ADKEM・東映


    (出典 news.nicovideo.jp)

    仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー仮面ライダー』(かめんライダー)は、1971年4月3日から1973年2月10日まで、NET系列で毎週土曜19:30 - 20:00(JST)に全98話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。
    207キロバイト (25,836 語) - 2021年11月27日 (土) 07:43


    筆者コメント
    これは珍しい受け継ぎ方ですね。
    藤岡さんは初代の仮面ライダーにして、未だにライダーとして出演するレジェンド的存在。息子さんがそれを受け継ぐのはファンとしては熱いですね。楽しみです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【画像あり】藤岡弘の息子が仮面ライダー1号を受け継ぐことが決定!ベルトが腹巻ぐらいあって受けるwwwwwwww】の続きを読む


    ハイエボでやっと親友になれたエウレカとアネモネ、名塚佳織・小清水亜美が語る

    …レッド・ツゥ:千本木彩花 チャイム:潘めぐみ エクス・トラ:瀬戸麻沙美 キラ・ポマト:M・A・O 末野・ラ・ティーノ:嶋村侑 ラ・ラ・ランド:諸星すみれ レントン・ビ…
    (出典:コミックナタリー)


    市道真央 (MAOからのリダイレクト)
    市道 真央(いちみち まお、1992年2月1日 - )は、日本の女優、声優。大阪府出身。イエローキャブNEXT所属。声優として活動する際には、MAO(まお)名義を使用している。 2010年に女優としてデビュー。同年8月には『週刊少年ジャンプ』の読者投稿コーナー「ジャン魂G
    182キロバイト (16,269 語) - 2021年11月24日 (水) 15:04


    筆者コメント
    私は特撮ヒーローや仮面ライダーをよく見るのですが、当時海賊戦隊ゴーカイジャーのイエロー役で出ていた市道真央さんに一目惚れ!可愛すぎるぞイエロー!と感動した私はずっと今でも応援しています。今はM・A・Oとして声優をされており、転スラのシオンの声はマジで素晴らしい!ぜひ皆さんも見て下さい!


    【ゴーカイジャーで声優の『M・A・O』トレンド入りで検索されまくる!】の続きを読む



    『仮面ライダーオーズ』に登場した暴れん坊将軍(松平健)がなんとフィギュアに!リアルすぎてチョイきもい・・・


    人気時代劇シリーズ暴れん坊将軍』より、松平健が演じる"暴れん坊将軍"こと将軍徳川吉宗が、「仮面ライダー」などを立体化しているバンダイスピリッツアクションフィギュアブランドS.H.Figuarts」で商品化されることが決定した。

    劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』では仮面ライダーオーズと衝撃の共演を果たした暴れん坊将軍。「S.H.Figuarts 暴れん坊将軍」は、松平健による監修のもと、デジタルプリント彩色で将軍の顔をリアルに再現。抜刀状態の刀と畳んだ状態の扇子パーツが付属し、暴れん坊将軍ならではの侍アクションが可能となっている。

    セット内容は本体に加え、交換用手首左右各3種、太刀 (抜刀状態)、扇子。

    (C)東映

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    暴れん坊将軍』(あばれんぼうしょうぐ)は、1978年(昭和53年)から2002年(平成14年)にかけてテレビ朝日系列でレギュラー放映されたテレビ朝日、東映制作の時代劇シリーズである。主演は松平健。舞台版も上演されている。放映タイトルおよび各話スタッフは暴れん坊将軍のエピソード一覧を参照。 土曜日午後8時の番組はTBSの『8時だョ
    78キロバイト (12,214 語) - 2021年11月14日 (日) 07:08


    筆者コメント
    どういったらいいですかね?松平健さんにそっくりで、クオリティが高いのですが、似すぎて気持ち悪いと思ってしまいました。(すみません。悪気はありません)

    <このニュースへのネットの反応>

    【『仮面ライダーオーズ』に登場した暴れん坊将軍(松平健)がなんとフィギュアに!リアルすぎてチョイきもい・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ