アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。

他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。

最新情報をお届け致します。

    カテゴリ: 特撮ヒーロー



    忍者とサメがバトル!?映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』期待高まる!でもB級感がハンパないんだが・・・【詳細こちら】


    <記事内容>

     株式会社サイゾーが運営する映画配給レーベル「映画配給エクストリーム」は1月26日、忍者とサメが戦うサメ映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』を4月14日に劇場公開すると発表した。

     監督は現在放映中の『仮面ライダーギーツ』をはじめとした、数多くの特撮作品で監督を務める坂本浩一氏だ。

     ヒューマントラストシネマ渋谷をはじめとした、関東・中部・近畿・九州・沖縄の映画館を予定している。



     執筆時点では、『ウルトラマンZ』で主人公・ナツカワハルキ役を演じた平野宏周氏、『仮面ライダーゴースト』にて主人公・天空寺タケルを演じた西銘駿氏、『仮面ライダー電王』に出演した中村優一氏といった豪華なキャスト陣の情報が公開されている。

     映画配給エクストリームの運営元でもある株式会社サイゾーの自社メディア「日刊サイゾー」によれば、本作は江戸時代を舞台としており、不老不死の力を得るために忍術でサメを操って村人を脅かす邪教集団の首領に対して主人公が立ち向かうストーリーのようだ。

     日本国内でも一定の需要が存在しているサメ映画だが、実情としては『シャークネード』シリーズや『シャークトパス』シリーズとはじめとする外国産サメ映画が大多数を占めており、商業向けに邦画として制作されたサメ映画の数は『JAWS in JAPAN』など少数に限られている。

     サメ映画の歴史上において価値のある“邦画”作品である点や、三大特撮ヒーローのテレビ・劇場版すべてを監督した経験を持つ坂本浩一氏の参加、仮面ライダー俳優ウルトラマン俳優によるW主演などの点から、サメ映画好きや特撮ファンなど各所で期待の声もあがっている。

     なお、本作を配給する映画配給エクストリームは、「サメの時代は終わった」というキャッチコピーの“殺人カブトガニ映画”『キラーカブトガニ』を1月20日に劇場公開したばかりであり、サメ映画界隈ならではの型破りさも注目していて面白いポイントのひとつだ。


     公開前から盛り上がりを見せる映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』は、4月14日に一部地域を除く全国の劇場で公開される予定だ。

     映画に関する詳細や、サメ映画について興味がある場合は、以下の公式サイトや関連記事もあわせてチェックしておくといいだろう。

    映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』公式サイト
    (出典 news.nicovideo.jp)


    坂本 浩一(さかもと こういち、1970年9月29日 - )は、日本・アメリカ合衆国・ニュージーランドで活動するスタントマン、映画監督、プロデューサー、コンテ・マン。アルファスタント所属。プロデューサー及び演出家としてはフリーランス。東京都足立区出身。足立区立東綾瀬中学校、専修大学松戸高校卒。…
    61キロバイト (6,646 語) - 2022年12月25日 (日) 00:16


    <筆者コメント>
    正直、忍者というだけで心躍る気持ちがあります。忍者とサメの戦いなんて考えてこともなかったので楽しみですが、あまりにB級感が強すぎて少し心配な部分もありますね。公開が楽しみです。




    仮面ライダーフォーゼの教科書
    虎南有香
    太田出版
    2011-12-03



    <このニュースへのネットの反応>

    【忍者とサメがバトル!?映画『妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク』期待高まる!でもB級感がハンパないんだが・・・【詳細こちら】】の続きを読む



    【10種画像】初の10体でひとつのロボにオタク大興奮『王様戦隊キングオージャー』3月の放送が楽しみ過ぎる!


    <記事内容>

    スーパー戦隊シリーズ47作目となる新番組『王様戦隊キングオージャー』(2023年3月5日~テレビ朝日系にて放送開始)より、昆虫モチーフの合体ロボ「DXキングオージャー」(9,350円/税込)が、2023年3月4日に発売される。

    『王様戦隊キングオージャー』は、「5人の王様×昆虫ロボ」という史上初の組み合わせが特徴の作品。スーパー戦隊シリーズで初めて番組名がそのまま合体ロボの名称にもなっており、5人の王様ヒーローと昆虫モチーフの合体ロボによる壮大なストーリーが展開される。

    「DXキングオージャー」は、キングオージャー5人のシュゴッド(昆虫型守護神)である、クワガタ、トンボ、カマキリ、パピヨン(蝶)、ハチと、さらに鎧となるテントウムシ、クモ、アリの8種10体が合体するDXロボ。単独で10体合体するDXロボはスーパー戦隊史上初であり、最多合体ロボとなる。

    10体合体でも、プロポーションと関節可動を実現。前作・暴太郎戦隊ドンブラザーズ「DXドンオニタイジン」の可動箇所を超える、全20か所以上の可動によって劇中シーンの再現や、好きなポージングを自由自在に楽しむことができる。

    今作は『昆虫』をモチーフとした作品となっており、DXロボも10体の「昆虫」が合体。デザインには細部まで緻密な装飾を施しており、DXロボとしての「昆虫」を突き詰めた。この10体に加え、今後も昆虫モチーフのシュゴッドが次々と登場し、「DXキングオージャー」に武装合体する。

    2023年3月下旬には「DXゴッドカブト」が登場し、キングオージャーに合体することで「カブトキングオージャー」が完成する。

    ○『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』【1月22日放送回】

    暴太郎戦隊ドンブラザーズ第45話「カカむらガガむら」にて何かが起こる?! ようやくイヌブラザーの正体が犬塚翼と分かり、喫茶どんぶらでは歓迎会が開かれる。そんな中、タロウと翼はジロウの故郷の華果村に向かう事に……そこで待ち受ける衝撃の事実!一方、ソノニ、ソノザはドンブラザーズ入りを密かに目論むが、そこに新たな脳人ソノゴ、ソノロクが登場!ドンブラザーズに大ピンチが訪れる。そこに現れたのは、謎の巨大ロボだった。

    (C)テレビ朝日・東映AG・東映

    画像提供:マイナビニュース
    (出典 news.nicovideo.jp)


    p. 204. ^ スーパー戦隊にはまだ茶色がいない〜戦隊の色、数えてみました デイリーポータルZ 2018年5月9日、同7月9日閲覧。 ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ12 ブットバッソ! せっしゃとキングどの|東映[テレビ] ^ 「烈車戦隊トッキュウジャー」長濱慎『アドリブを狙う』 Newswalker…
    233キロバイト (24,844 語) - 2023年1月15日 (日) 02:56


    <筆者コメント>
    男の子はいつになっても合体ロボが好きなものです。
    ガンダムやエヴァンゲリオンが好きなのも、まだどこかに特撮ヒーローの合体ロボの記憶があるからでしょう。

    バンダイでは合体ロボや武器の設計をしてからドラマの脚本に取り掛かるんです。つまり「どんなおもちゃを売るか」を決めた後に「ストーリーの脚本」を作るんです。言ってしまえばおもちゃを売る為のドラマですねww
    子どもの頃はずっと話が進むに連れて商品化するおもちゃを作っているのかと思っていましたが、逆だったんですね。






    <このニュースへのネットの反応>

    【【10種画像】初の10体でひとつのロボにオタク大興奮『王様戦隊キングオージャー』3月の放送が楽しみ過ぎる!】の続きを読む


    話題の戦隊ヒーロー『ドンブラザーズ』まさかの展開!?


    <記事内容>

     破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)のドン43話「トキかけナゾかけ」が、8日に放送された。

    【動画】『ドンブラザーズ』待望の6人同時変身の次回予告

     鬼頭はるか(志田こはく)は漫画の新作を描き上げるが、猿原真一(別府由来)たちの反応はイマイチ。主人公が未来からやってきて、途中から主役が2人になるというトンデモ展開だった。

     犬塚翼(柊太朗)は、獣人の森で自分を助けてくれたのはウサギの着ぐるみだったことを思い出す。ウサギの着ぐるみを被った人物は、はるかの漫画を盗作扱いした漫画家・椎名ナオキだった。翼はナオキに話を聞こうとするが、ムラサメが現れナオキを攻撃。そこに、もうひとりのムラサメが現れ、ムラサメ同士が戦い始める。

     混乱の中、ウサギの着ぐるみが外れ、ナオキの正体は未来から来たはるかだと判明する。戦いに疲れた未来のはるかは、ポイントを使って漫画家として売れっ子だった時代にやってきた。しかし、時空が混乱して別の次元に飛ばされたため、はるかが2人になってしまっていたのだという。休暇が終わっても戻ってこないはるかを迎えに、未来の真一もやって来る。時空の扉が開くまでの1時間、未来のはるかは時間を惜しんで漫画を描き、はるかも手伝う。

     未来のはるかを狙って未来からやってきたムラサメとの戦いは、こっちの世界のムラサメが勝利。未来のはるかと真一が元の世界へ戻っていった後、はるかは、未来のはるかから託された“椎名ナオキ”の「新初恋ヒーロー」最後の一コマを描き上げ、大ベストセラーに。一件落着!…かと思いきや、盗作問題はうやむやになったままだった。

     今週は、6人での同時変身シーンも。しかし、またしても犬塚翼は何も知らないままで、真一が2人+4人という異例の6人同時変身だった。ただ、次週ドン44話「しろバレ、くろバレ」の予告では、犬塚も加わった6人での同時変身シーンが。ファンは「44話でようやく」「全員そろうまで長かったな…」と大反響だった。



    『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』に出演する(左から)鈴木浩文、志田こはく、樋口幸平、柊太朗、別府由来 (C)ORICON NewS inc.
    (出典 news.nicovideo.jp)


    <記事内容>
    放送開始前からかなり話題になっていたドンブラザーズがまたトレンド入りです。ネットの反応を見ると中には「2期とかやってほしい」という声があるほど人気ですので、もしかしたら映画で続編をバンバン上映する可能性もなくはないですよね。

    【話題の戦隊ヒーロー『ドンブラザーズ』まさかの展開!?】の続きを読む


    『仮面ライダー龍騎』の龍騎役、ナイト役、王蛇役の俳優が対談!
    渋いおじ様になっちまってェ~【画像】




    <記事内容>

    俳優の須賀貴匡(45)、松田悟志(44)、萩野崇(49)が29日、都内で行われた映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』(公開中)の『龍騎ナイト』に参加した。

     今年20周年を迎えた『仮面ライダー龍騎』に、城戸真司/仮面ライダー龍騎/仮面ライダーリュウガ役で須賀、秋山蓮/仮面ライダーナイト役で松田、浅倉威/仮面ライダー王蛇役で萩野が出演していた。この日は、『仮面ライダー龍騎』で助監督を務め、本作のメガホンを取った柴崎貴行監督(※さきはたつ崎/44)、『仮面ライダーギーツ』メインプロデューサーで『仮面ライダー龍騎』でもプロデューサーを務めていた武部直美氏(55)も登場した。

    【写真】“変身ポーズ”を披露した萩野崇&須賀貴匡&松田悟志

     イベントの最後には、自身にとっての『仮面ライダー龍騎』とは、をトーク。須賀は「僕の俳優としての原点。何十年経っても大切にしたい作品だな、と思います」としみじみ。松田は「須賀っちが言った通り。今、芸歴で言うと24年なんですけど、もし明日死んじゃうとして、どこの瞬間を思い出すかと言われたら絶対に『龍騎』。それだけ僕の人生にとって大きな作品であることは間違いないですね」と噛みしめるように語る。

     萩野も「1つだけ言えるのは、あの当時、スゴい熱量でやっていた」と回想。「名作とか、時間が経っても素晴らしいと言われる作品に『仮面ライダー龍騎』はなったのかな、とこうやって皆さんを見ても思う。あの時のみんなの、うねっていたような熱量は忘れられない。モノ作りって、そういうもの。20年ぶりに映画に参加させていただいて思いましたね」と熱い思いを口にしていた。

     本作は、今年8月までテレビ朝日系で放送された仮面ライダー50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』、そして現在放送中の最新作『仮面ライダーギーツ』という2つの作品がクロスオーバーする劇場版最新作。そこに『仮面ライダー龍騎』も参戦し、史上空前の仮面ライダーバトルロワイヤルが繰り広げられる。

    熱い思いを明かした(左から)萩野崇、須賀貴匡、松田悟志 (C)ORICON NewS inc.
    (出典 news.nicovideo.jp)


    爆発する王蛇…仮面ライダー龍騎『EPISODE FINAL』当時の脚本にキャスト陣衝撃
    …ント「龍騎ナイト」が29日に都内で行われ、同作に出演した須賀貴匡(仮面ライダー龍騎&リュウガ/城戸真司役)、松田悟志(仮面ライダーナイト/秋山蓮役)、…
    (出典:シネマトゥデイ)





    <筆者コメント>
    当時では考えられないほどライダーが多く登場した仮面ライダーシリーズが『龍騎』です。
    鏡の中で戦うという少し変わった設定ですが、それぞれが叶えたい夢の為に戦っていて登場するモンスターもカッコいいんですよね。再び観れるのはファンとして熱いです。

    【『仮面ライダー龍騎』の龍騎役、ナイト役、王蛇役の俳優が対談!渋いおじ様になっちまってェ~【画像】】の続きを読む



    『鈴木福』夢だった仮面ライダー俳優になる!ジ~ンと来たよww


    <筆者コメント>
    あの鈴木福さんが夢だった仮面ライダーになりました。
    ずっと仮面ライダーシリーズへ出演を願っていましたが、とうとうここで叶いました。ジ~ンと来ますねww


    <スレはここから>
    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/12/25(日) 12:33:54.544ID:iHTUi4I60XMAS
    25日に放送された第16話「謀略IR:キツネ狩り」のラストシーンに、鈴木演じる新キャラクター・ジーンが登場。年明けの放送からセミレギュラーとして出演することが決定した。

    (出典 i.imgur.com)

    【『鈴木福』夢だった仮面ライダー俳優になる!ジ~ンと来たよww】の続きを読む

    このページのトップヘ