アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ:ゲームNews > レトロゲーム


    ファミコンが欲しい中学生、硫酸で店を襲う!シャッターを溶かしてファミコン盗むつもりだった・・・

     1983年に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」は子どもたちの遊びに新たな価値観を与え、俗に「ファミコンブーム」と呼ばれるほどの社会現象となった。

     ただ、良い面だけではなく、ファミコンがきっかけで犯罪に手を染める若者も多く存在した。特に1988年にソフト『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が発売されたころには「ドラクエ強盗」と呼ばれる窃盗団も生み出された。

     この妙な犯罪はファミコンブーム真っ盛りの1987年に愛知県内で発生した。

     ​>>深夜の凶行! 勉強漬けの高校生が祖母を殺害した後に自殺【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<​​​

     2月、愛知県警は県内の小学校の理科準備室を荒らした罪で、近くに住んでいた中学3年生の男子生徒2人を不法侵入の罪で補導した。

     生徒2人は午前2時ごろ、小学校に忍び込み2階の理科準備室にある硫酸と塩酸など薬品を奪って逃走した。

     硫酸といえばあらゆるモノを溶かす劇物として知られている。腐食性が強い塩酸は、皮膚に触れると、ただれて痛々しい傷痕を残す。その恐ろしさはよく知られていることだろう。

     この中学生2人は一体、どうして硫酸を盗み出したのか。実は彼らが硫酸を持って向かった先は……なんと小学校の近くにあるおもちゃ屋だった。

     彼らは閉店中のおもちゃ屋の鉄製シャッターを濃硫酸で溶かし、店の中にあるファミコンを持ち去ろうと画策したのだ。

     だが、しょせんは中学生の浅知恵。10センチ近くある厚みのシャッターを溶かすには硫酸のびん1つでは全く足りず、表面が少し焦げただけで終わった。

     盗んだ硫酸が全く使えないことを知った彼らはその場から逃走し、余った薬品は店から少し離れたため池にまとめて捨てたが、これが災いし3日後にあえなく補導された。

     中学生らしい結末と言えるが、それだけ当時の「ファミコン熱」が異常だったとも言えそうだ。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年7月15日に発売された家庭用ゲーム機。日本国内での略称・略記はファミコン、FC。当時の発売価格は14,800円。 日本国外では中華民国(台湾)、香港でも一部を現地仕様に合わせた上で発売された。一方で北米のアメリカ合衆国及
    123キロバイト (16,040 語) - 2021年8月21日 (土) 13:15


    筆者コメント
    硫酸で溶かすっていう発想がもう怖すぎる!強盗も怖いけど硫酸が一番厄介ですよね?最近子どもこわ!!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【ファミコンが欲しい中学生、硫酸で店を襲う!シャッターを溶かしてファミコン盗むつもりだった・・・】の続きを読む


    【朗報】ファミコンカセット(箱、説明書あり)を全種集めてキレイに保管している人に祝福の声!300万円かかったらしい・・・

     市販のファミコンカセット全1053本を、10年近くの歳月と約300万円をかけてコンプリートしたコレクターに祝福の声が集まっています。しかも全部箱と取扱説明書付きで、コレクション部屋がきらびやか!

    【画像】コレクション棚を見る

     念願を果たしたのは、Twitterユーザーコーナーさん。任天堂の「ロボット」や「ファミリーベーシック」、バンダイの「ファミリートレーナー」など、特殊な周辺機器付きのタイトルまで完品でそろえています。

     1053本と言いながら、同じタイトルを複数所持しているケースもあって、全体の個数はそれ以上。また、市販品とは別に、「パンチアウト!!」(任天堂公式ゴルフゲーム大会の賞品)や、「ドンキーコングJR.&算数レッスン」(シャープのファミコン内蔵テレビ「C1」に同梱)といった一部の非売品カバーされています。

     ツイートにはたくさんの「おめでとう」とともに、「憧れのファミコンコンプ」「箱付きなのが想像を絶する」「飾り方もきれいでおしゃれ」と称賛の声が。大反響を呼んだコーナーさんに、コンプまでの苦労などを詳しく聞きました。

    ●箱の状態に納得できなければ買い直し

    ―― カセットを集めようとしたきっかけは?

    コーナー:直撃世代だった自分にとって、ファミコンは数あるゲーム機の中でも一番思い入れが強いものです。30歳を過ぎたころになって、立ち寄ったリサイクルショップで大量のカセットを見かけて、懐かしくなっていくつか購入して遊んだら、当時の思い出がいろいろとよみがえってきました。

     そこから気持ちに火が点いて、当時遊んでいなかったカセットにも興味が湧き、お店に行くたびに自分の知らないゲームを見つけては買ってを繰り返すようになりました。

     カセットのみのコンプリートは4年ほどで達成したのですが、幼少のころによく行ったゲームショップのように、パッケージを並べて陳列したいという夢を抱き、今度は全て箱・取説付きで集めようと動いた次第です。

    ―― 最後に手に入れた、1053本目のタイトルは何でしたか。

    コーナー:初代「ロックマン」でした。入手困難なソフトではないのですが、機会に巡り会えなくて。

    ―― では、最も入手困難だったゲームは?

    コーナー:「データック」(※)用タイトルの「バトルラッシュ Build Up Robot Tournament」です。もともと販売本数が少ないうえ、発売がファミコン末期でしたから、お店でもほとんど見かけることはありませんでした。ヤフオクでたまに出品されても、競争相手が多く高騰しがちで、何度挑んでも落札できなかったんです。そんななか、昨年(2020年たまたまフリマアプリで発見し、念願叶って購入できました。

    バンダイ1992年に発売した、ファミコンカセット端子に挿入して使うバーコードリーダー。さらに、「バトルラッシュ」のような専用カートリッジを付けてプレイする

    ―― やはり箱・取説付きですと、集めるのは難しそうですね……。

    コーナー:海外コレクターにも人気で、競争相手が多く難しかったです。販売本数が多いタイトルならはヤフオクなどでも頻繁に出品されますが、生産数が少ないソフトで箱・取説付きとなると、購入機会もめったになく、激しい競り合いがたびたびありました。

     さらに、自分は箱と説明書の状態が良いものにこだわって集めていたので、届いた現物が想定より痛んでいたケースも多く、納得するものに巡り会うまで同じソフトを何回も買い直したこともありました。

    ―― 集め始めた10年前に比べて、中古ファミコンソフト市場は変わりましたか。

    コーナー:確実に変わっていると思います。10年前までは安価だった品も、現在では価格が高騰しているように感じます。ニンテンドークラシックミニの発売などで関心を持つ人が増えたり、海外在住コレクター向けの買い付け代行業者が増えたりと、さまざまな要因がありそうです。

     また、ハードオフブックオフといったリサイクルショップでも、10年前までは安いカセットを探す楽しみがありましたが、こうした店も最近では専門店を参考に相場価格を決めるようになりました。希少性の高いソフトについては、ショーケースでの出品が多くなったと感じます。

    ―― 1053本の中で、一番好きなゲームは?

    コーナー:「ドラゴンクエストIV」です。発売当時は小学校低学年で、それまでドラクエ以前にRPGというジャンル自体が未経験でした。

     発売日に兄が購入し、遊んでいるのを横で眺めていて、曲やモンスターがなんて魅力的なんだと、心を打たれました。兄のクリア後に自分も挑戦しましたが、初RPGということもあって大苦戦。兄のアドバイスを受けつつ、かなり時間をかけてなんとかクリアできた思い出もあって、群を抜いて好きです。

     一つの目標は達成しましたが、コーナーさんのコレクション道はまだまだ終わらない様子。次は未所持の銀箱(※)や、ディスクシステムソフトメインに集めていくとのことです。

    ※「デビルワールド」(1984年)から任天堂が自社タイトルに導入した銀色のパッケージ。ほぼカセットとジャストサイズだったそれまでの箱に対しひとまわり大きい。「ドンキーコング」などの初期タイトルも、再販時に銀箱へリニューアルされているため、同じタイトルでもバージョン違いが発生。そのうえ、銀箱自体にもバーコードの有無など微妙な違いがあって沼が深い

    (画像提供:コーナーさん)

    コレクションルームの眺めが壮観……!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ファミリーコンピュータ(Family Computer)は、任天堂より1983年7月15日に発売された家庭用ゲーム機。日本国内での略称・略記はファミコン、FC。当時の発売価格は14,800円。 日本国外では中華民国(台湾)、香港でも一部を現地仕様に合わせた上で発売された。一方で北米のアメリカ合衆国及
    118キロバイト (15,400 語) - 2021年7月14日 (水) 20:50


    筆者コメント
    素直にすごいと思います。
    お金も時間もかかるので中々できることじゃない。
    拍手を送りたい。


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】ファミコンカセット(箱、説明書あり)を全種集めてキレイに保管している人に祝福の声!300万円かかったらしい・・・】の続きを読む


    【ゲーム】今の10代には分からない!『グラフィックがヒドい90年代のゲーム』だけどそれが良かったんや!!!!!!!!

    プレイステーションの画像

    グラフィック荒かった?

    「それ今さら言う?」って思うことがある。どう考えても納期に間に合わないペースでダラダラ進捗していて、ギリギリになって「どうにか先延ばしできないかな」みたいなことを深刻そうな顔で相談してきたり。

    こういう「今さら言うなよ」ってことは、世の中に山ほど存在している。ゴロゴロと。今回は、まさにその好例とも言える話を紹介したいと思う。(文:松本ミゾレ)

    FF7』とかも今の目で見ると拙いけど、当時はそこそこリアルだったよね

    先日、2ちゃんねるに「【悲報】90年代後半のゲーム、今見ると酷い」なるスレッドがあった。スレ主はその例として『ファイナルファンタジー7』や『ゼルダの伝説 時のオカリナ』などのキャプチャ画像を添付しつつ「こんなんでよく楽しめてたな」と書き込んでいる。

    これ、スレ主が昔これらのゲームで遊んだ経験があるのか、それともこれらのゲームを遊んだことのない若い人なのかってことは不明なんだよね。でも、前者の場合はグラフィックの進化の過程にあったこの時代のゲームを存分に楽しんでいたとも取れるし、後者の場合はたしかに拙いグラなので、「こんなんで楽しめるのか?」と思う気持ちも分かる。

    スレッドには賛否含む色んな意見が寄せられているので、ちょっと引用させていただきたい。

    「当時はこれで満足してたんか? 嘘やろ?」
    「当時はすごかったんやぞ」
    「『時のオカリナ』はかなり頑張ってたぞ」
    「『FF8』や『クロノクロス』とかのグラは当時衝撃やったんやけどな」

    と、こんな感じで、やたら「当時」というワードが目立つんだけども、やっぱりリリース当時の『FF7』なんて僕はたまげたからね、本当に。

    だってポリゴンキャラが画面の奥に行くと小さくなって、手前に移動すると大きく表示されちまんだぜ! そんなことすら衝撃をおぼえる程度には、90年代後半のゲーム事情って今とは比較にならないレベルだったのだ。

    でも、そんな衝撃なんて今のゲームキッズたちには伝わらないよね。多分何を言っても「懐古ジジイ気持ち悪い」って思われるだけだ。

    実際、当時遊んだゲームも今やるとキツかったりする。特にポリゴン系

    僕は初代プレステ世代なので、『FF7』やら『女神異聞録ペルソナ』とか『キングスフィールドIII』辺りの超有名タイトルを一通り遊んできた。今でも大好きなタイトルばかりなんだけど、さすがにそれを「もう一度、今やるか?」と言われたら遠慮してしまう。

    ペルソナ』は、キャラは2Dなので別にそこまで違和感なく遊べる気はするけど、『FF7』とかポリゴンで表現されてる作品となると、やっぱり粗が目に付いてしまう。それだけ目が肥えてしまったのだ。当時死ぬほど遊んだゲームに対してさえ、そう感じてしまうほどには。

    やっぱりカクカクし過ぎてるし、カッコイイよりカワイイというイメージを今となっては抱いてしまう。ダサいとまでは思わないが、気になってしまうようになったというかね。僕みたいなおっさんすらそう感じるんだから、若いゲームファンならきっと噴飯モノなんだろうなぁ。なんか悲しいなぁ。

    今も手元には90年代後半にリリースされたゲームがいくつか残っている。でも、『FF7インターナショナル』も『モンスターファーム2』も、面白かった記憶はたしかにあるけど、さすがにもう遊ばないはずだ。

    逆に『ファイナルファンタジータクティクス』みたいに、ポリゴンがマップぐらいにしか使われてなくて2D表現のキャラが活躍する系のゲームなら全然今でも遊べてしまうけどね。

    「90年代後半のゲーム、グラフィックが酷過ぎる」という投稿を見て感じたこと


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゲーメスト』は名作ゲームを振り返るコーナーで「OLDゲーム」としている。これは新作ゲームが「ニューゲーム」と呼ばれたのと対極の言葉だった。『ログイン』1987年6月号では「レトロゲーム」が使われ『アルノナイド』『ブレイクアウト』のようなゲームをリメイクするレトロ
    9キロバイト (1,326 語) - 2021年6月13日 (日) 12:23


    筆者コメント
    1990年代のゲームは今のゲームと比べると当然グラフィックも機能性もかなり劣る。でも当時は年々美しくなっていくグラフィック、特に背景に感動していた。あの頃が懐かしい。


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ゲーム】今の10代には分からない!『グラフィックがヒドい90年代のゲーム』だけどそれが良かったんや!!!!!!!!】の続きを読む

    PCエンジン と メガドライブ どちらの性能が上?【徹底検証】







    (出典 mangasouko-miyazaki.net)


    筆者コメント
    懐かしいゲーム機の性能比較!PCエンジン(ハドソン&NEC HE)とメガドライブ(セガ)を皆さんはご存じでしょうか?今でこそゲーム機といえばソニーや任天堂となっておりますが、昔はいろんな会社がゲーム機作ってましたねぇ。そんな懐かしのゲームの性能を徹底検証しましょう。


    関連記事

    発売から20年で『PS2』と『ゲームキューブ』もレトロの仲間入り!

    【アンケート】初めての入手した「ゲーム機」は何?ランキング 1位はあれだった!

    【ファミコン好き必見】絶対やった方が良いカセット教えて!

    【レトロゲーム】やりたくなる!2文字違いで笑えるタイトル



    1 ゲーム好き名無しさん (ワッチョイ cd10-ba5M) :2021/05/17(月) 06:38:57.17

    好きに語って良いけど、他スレ荒らすのは違反ですから。

    次スレは>>970を踏んだ者がすぐに宣言して立てること。

    ※前スレ
    PCエンジンvsメガドライブ Part.33
    https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1620046462/

    立てる時はワッチョイ付きで
    !extend:che*ed:vvvvv:1000:512

    誹謗中傷控えましょう。 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:: EXT was configured


    【PCエンジン と メガドライブ どちらの性能が上?【徹底検証】】の続きを読む


    発売から20年で『PS2』と『ゲームキューブ』もレトロの仲間入り!

    レトロゲームという用語は骨董という意味と同様に販売が古いゲーム製品を示し、バーチャルコンソールなどで再販されたゲームは含まないとされているが、前述の通り明確な定義が設けられているわけでは無い。 タイニーPは「カタカナ語のレトロは現行技術で古い物を復刻させるという意味」、「レトロ
    8キロバイト (1,229 語) - 2021年3月24日 (水) 00:27



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    筆者コメント
    そうですか。ゲームキューブもPS2も発売からもう20年以上経つんですね。どうやら20年という時が経つとレトロ認定されるんですね?当時の私はゲームキューブのグランドバトルにハマりました。暇があればずっとグラバト一色。よく母に「あんたいつになったらやめるの?」と毎日怒られていました。懐かしいですね~


    関連記事

    【レトロゲーム】やりたくなる!2文字違いで笑えるタイトル

    【ゲーム】DS、Wii、Switch、任天堂は社会現象を起こす!だがしかし・・・

    【ランキング】家庭用ゲーム機で使いやすいコントローラー発表!(投票結果)



    1 muffin ★ :2021/05/14(金) 11:16:39.49

    https://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/210514/ent21051410010013-n1.html

    14日、ツイッターでは「プレステ2」「ゲームキューブ」といったワードがトレンドに入った。お笑いコンビ、よゐこの有野晋哉が懐かしのゲームに挑戦するCSフジテレビONEで放送中のゲームバラエティー番組「ゲームセンターCX」で、今後、これらのソフトも取り上げていくと発表したことが要因と見られる。ツイッターでは時の流れに驚く書き込みが相次ぎ、思い出話なども語られた。

    2003年にスタートした同番組では、有野が伝説のゲームをプレー。懐かしいプレー画面や有野が奮闘する姿が好評で、DVDシリーズは第17弾まで発売されている。

    同番組では「ハード発売から20年経過」したゲーム機をレトロゲームと定義しており、プレイステーション2、ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンスのソフトを解禁する。有野もツイッターで「PS2 GQ GBアドバンス レトロゲームのカテゴリーにいらっしゃい」とつぶやいた。なお、プレイステーション2が発売されたのは00年3月4日ですでに21年が経過。ゲームキューブは01年9月14日、ゲームボーイアドバンスは同3月21日に発売され、今年が20年の節目の年となる。

    これらのハードが発売から20年になることに多くのネットユーザーが驚き、ツイッターには「プレステ2ってもうレトロゲーム機の括りなのか…」「ゲームキューブがレトロゲーの仲間入りを果たしてしまった」「プレステ2とゲームキューブとアドバンスが20年前のハード?ははは、そんなばかな……あっ、ホントだ……」などの書き込みが殺到。一方で「冷静に考えるとCX開始時はファミコン発売20周年で、プレステ2は発売から21年になるのでぐうの音も出ないほどにレトロゲーだった」「GCCX、見始めた頃はファミコンがメインでメガドラ(メガドライブ)ですら少し近代的だと思ってたのに気づけばゲームキューブか…時の流れを感じるな…」などと、しみじみと実感するユーザーもいた。

    番組のルールではレトロゲームとされるが、「プレステ2をメルカリで買ってプレステ1のゲームして大喜びしているというのに…」「ゲームキューブってレトロゲー扱いなの、、まだやってるんですけど、、」と“現役”で楽しんでいる人の声も確認できた。

    また「プレステ2発売から20年おつかれさまです(?)なんだかんだで1番遊んだのPS2かなぁ」「プレステ2がレトロとなるんか…プレステ2で、DISK4枚組のやつだったFF(ファイナルファンタジー)9やったな…」「ゲームキューブ発売から20年ってマジか…ポケモンスタジアムとか巨人のドシンとかドはまりしてたなぁ」と思い出話を披露するユーザーもおり、賑わいを見せた。


    【発売から20年で『PS2』と『ゲームキューブ』もレトロの仲間入り!】の続きを読む

    このページのトップヘ