アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: ニュース



    【マクドナルド】ポテトSのみ!どうして国産の『イモ』を使用しないのか?その重要性と今後について!!


     1月9日より、マクドナルドフライドポテトマックフライポテト)の取り扱いを縮小し、Sサイズのみ販売に。コロナ禍の影響で物流が滞り、原料である北米産じゃがいもの在庫が不足したためです。

    【画像】マクドナルドが使用しているじゃがいも

     ポテト好きにとっては悲しい事態ですが、ここでひとつの疑問が浮かびます。なぜマクドナルドは国産のじゃがいもを使わないのでしょうか? Twitterでは「農家との契約があるので国産のじゃがいもを使えない」「日本で生産される品種は適さないから使用できない」 といった情報が拡散されています。ねとらぼは同社に取材し、マックフライポテトへのこだわりを聞きました。

    ●なぜ国産のじゃがいもを使用しないのか

     日本マクドナルドによれば、北米産じゃがいもを使用する理由は大きく3つ。「サイズ」「味」「消費量」です。

     マックフライポテトじゃがいもマッシュせず、丸ごとカットして作っているため、それに見合う大きさの品種が必要となります。さらに「外はカリッ、中はホクホクとしたおいしさ」にもこだわり、ラセットバーバンクなどの北米産品種を使用しているそうです。また、販売量が非常に多く、産地開拓が容易ではない事情もあるとのこと。

     同社は「ポテトマクドナルドの看板商品であり、グローバルで厳格な品質基準が徹底されており、現在国内で多く栽培されている品種では、マクドナルドマックフライポテトに合うジャガイモは残念ながら存在しない状況です」と述べています。

    マクドナルドのポテトが販売を休止

    (出典 news.nicovideo.jp)





    日本マクドナルド株式会社(にほんマクドナルド、英語: McDonald's Company (Japan), Ltd.)は、アメリカ・マクドナルドのフランチャイズ企業。ハンバーガーレストランチェーンのマクドナルドを経営する企業。 アメリカ・マクドナルドのフランチャイズ企業。日本国内のマクドナルドは2018年時点において約2
    170キロバイト (23,345 語) - 2022年1月8日 (土) 01:19


    筆者コメント
    ラセットバーバンクというジャガイモはサイズが大きくなるためフライドポテトに向いており、他のジャガイモではサイズが小さすぎてポテトフライが短くなってしまいます。なので代用も出来ないし、味も少し違います。私も「ラセットバーバンク」の味が好きなので、また多く輸入されることを願うだけです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【マクドナルド】ポテトSのみ!どうして国産の『イモ』を使用しないのか?その重要性と今後について!!】の続きを読む



    【マクドナルド】またポテトSサイズのみ販売になる!本日から1ヶ月も?こんな理由があるのか・・・


    image:秒刊SUNDAY

    昨年末突如マクドナルドポテトの品切れが発生し、Sサイズのみの販売となったのは記憶に新しい。その後、ポテトの原料である「ラセットバーバンク種」の供給が追いつき、しばらくはM・Lサイズの販売が行われていたのですが、再びポテトのMとLの販売が休止されると発表がありました。しかも今回は1ヶ月間となっております。

    ポテトSサイズのみの販売に

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    年末に発生した、ポテトSサイズのみの販売が再び発生するとのこと。

    日本マクドナルド株式会社は、2022年1月9日(日)より1か月程度を目途に、「マックフライポテト」のMおよびLサイズの販売を一時休止し、セットメニューも含め「マックフライポテト」Sサイズのみの販売とすると発表。

    前回は北米から輸入しているポテトについて、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害、およびコロナ禍での世界的な物流網への混乱の影響による輸入遅延が発生。

    それにより、2021年12月24日(金)から12月30日(木)まで「マックフライポテト」をSサイズのみの販売となったが、12月31日(金)より全サイズでの販売を再開した。

    しかし、その後も輸入遅延が続き、バンクーバーにおける貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候など不測の事態が重なった影響で再度遅延が発生。

    2022年1月9日(日)より1か月程度を目途に、MおよびLサイズを一時販売休止し、Sサイズのみの販売となる。

    転売ヤー」が横行するのではないかと懸念される

    image:秒刊SUNDAY

    ネットではこれをうけ「転売ヤーが転売を始めるのではないか」と懸念されている。

    というのも、昨今のコロナウイルスで、トイレットペーパーマスクが品薄となった際、ネットで転売が横行。

    また、人気ゲーム機などが品薄となれば、毎回恒例行事のように、メルカリなどでの転売が始まる。

    今回のポテトの品薄報道を受けネットでは「転売ヤーさんってポテトメルカリで転売とかしちゃうの?」「転売ヤーまさかマックポテトすら転売するとかないよね」「みんな転売ヤーから買わないように」など、早くも警戒を強めている。

    仮にポテトがネットで転売されても、出来たてのものではなく、到着時には冷めているはずなので余り需要はないと思われるが、蓋を開けてみないとわからない。

    どうしてもポテトがたくさん食べたいという方は、今のうちにポテトを購入しておくことをおすすめする。

    Source日本マクドナルド



    画像が見られない場合はこちら
    マック、ポテトSサイズのみ販売、転売ヤーの横行が懸念される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    マクドナルド(英: McDonald's)は、アメリカ合衆国に本社を置くファストフードチェーンストア。その登録商標である。 世界的に展開するファストフードチェーンであり、ハンバーガー店の代名詞となっている。日本における店舗および運営会社は日本マクドナルドである。本記事のMcDonald'sの日本語
    75キロバイト (9,689 語) - 2022年1月1日 (土) 00:06


    筆者コメント
    普段、私のブログではゲーム、アニメ、漫画、キャラクターなどの記事を投稿していますが、いつもお世話になっている『マクドナルド』のポテトがSサイズしか販売されないと知り、今回のみポテトに関して記事を投稿させてもらいます。

    最近、ポテトがSしか選べなかったので、おかしいなと思っていましたが、こんなことになっていたとは・・・

    マック好きの皆さま、悲しいですが1ヶ月の我慢です・・・


    セットバーバンクとは
    ジャガイモの一種で、大きくなるためフライドポテトに向き、日本へも加工品が多く輸出されている。
    日本では環境の違いから収量が得られず、栽培されていないため、もっぱら加工品の輸入に頼っている。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【マクドナルド】またポテトSサイズのみ販売になる!本日から1ヶ月も?こんな理由があるのか・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ