アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ: ニュース



    見た目がゲームの「ドット絵」のようなラーメン屋がオープン!何か癒されるぅ~


     ゲームの“ドット絵”がコンセプトのつけめん専門店「つけめん かいしんのいちげき!」が沖縄県沖縄市に登場しました。食べたらHPが回復しそう……。

    【画像】内装もドット絵

     「つけめん かいしんのいちげき!」は、なつかしの8ビットゲームを意識したような内装が特徴。カウンターや椅子だけでなく、壁までもがドット絵風のブロックで構成されています。なんともクセが強い……。

     メニューはつけめん以外にも中華そば、汁なし担々麺、期間限定メニューなどを提供。プロデューサーは東京の人気ラーメン店「ソラノイロ」などを創業した宮崎千尋さんが手掛けています。

    つけめん専門店「つけめん かいしんのいちげき!」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドット絵とは、主としてコンピュータ上における画像の表現方法・作成方法の一形態であり、表層的には通常の目視でピクセルが判別できる程度に解像度が低いビットマップ画像と捉えることができる。ピクセルアート(英: pixel art)とも呼ばれる。 ドット絵(ピクセルアート)の正式な定義はないが、各構成単位(
    8キロバイト (922 語) - 2022年2月16日 (水) 10:23


    (筆者コメント)
    良いですね。
    店長の粋な計らいにアッパレです。こうやってネットで話題になった時点で行列間違いなしですよ。近くにあるなら行ってみたかったですけど沖縄か・・・遠いな!写真で我慢しよww

    <このニュースへのネットの反応>

    【見た目がゲームの「ドット絵」のようなラーメン屋がオープン!何か癒されるぅ~】の続きを読む



    ドワンゴ「ゆっくり茶番劇」商標権と第三者に関して記者会見!想像以上に大事になり、焦り始める「柚葉」とかいう奴ww


     『ニコニコ動画』運営元のドワンゴは5月23日(月)、動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」の商標登録に関する同社のアクションを説明する記者会見を実施した。

     本件は5月15日(日)にYouTueクリエイターの「柚葉」氏が「ゆっくり茶番劇」の商標権の取得を発表したことに端を発する。動画にて用いられる「ゆっくり」イラストの原作である『東方Project』を手がけたZUN氏本人や関係者ではなく、第三者の柚葉氏が取得した点が大きな波紋を呼んだ。

     同時に、柚葉氏は今後「ゆっくり茶番劇」の商標を利用する際は商標使用許可申請書の提出と、年間10万円(税別)の使用料が必要になると告知。また、取得商標の登録に関する異議申し立て期限を過ぎてからの発表となっていた点なども問題視された。

     その後柚葉氏はのちに使用料の支払いについては不要と定める方針をTwitter上にて発表したが、依然として当該商標権は保持されたままであり、いつでも前言を撤回できる状態が継続している。


     

      ドワンゴは今回の会見に先駆け、5月20日(金)時点で「『ゆっくり茶番劇』をタイトルにつけた動画をニコニコ動画に投稿しても商標権を侵害することはない」との見解を示していた。

     会見では事態の経緯やドワンゴの見解をあらためて説明したのち、同社の行う4つのアクションが発表された形だ。

     ドワンゴは今後、商標取得者に対する商標権の放棄交渉を行い、放棄されなかった場合は無効審判請求を行う姿勢を表明。また、動画投稿者などの立場で使用料を請求されたユーザーに向けた無償の相談窓口を開き、同時に独占防止を目的とした「ゆっくり」関連用語の商標出願を進めるという。

    ドワンゴが「ゆっくり茶番劇」商標取得者に対し商標権の放棄交渉を行うと発表1
    (画像はニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」より)

     なお、ドワンゴからの商標出願については、将来にわたって一切の権利行使を行わないことが明言された。また一連のアクションについては、ZUN氏とのコミュニケーションを取りつつ実施していく姿勢を示している。本件の詳細については、以下のプレスリリースも参照されたい。

    ニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」はこちらニコニコインフォ「文字商標『ゆっくり茶番劇』に関するドワンゴの見解と対応について」はこちら

    プレスリリースの全文は以下のとおり。


    「ゆっくり茶番劇」商標登録に対する弊社のアクションについて

    株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:夏野剛)は、本日、文字商標「ゆっくり茶番劇」に関する弊社の今後の対応について記者会見を行い、多くのクリエイターの方が安心して創作を続けられる環境を作るために、4 つのアクションを実施することを発表しました。

    1.「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉

    2.「ゆっくり茶番劇」商標登録に対する無効審判請求

    3. 使用料を請求されてしまった方への相談窓口の設置

    4. 商標登録による独占の防止を目的とした商標登録出願

    詳しくは以下の通りです。

    1.「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉

    「ゆっくり茶番劇」の商標権者に対して、商標権の放棄を交渉します。

    2.「ゆっくり茶番劇」の商標登録に対する無効審判請求

    もし放棄に応じていただけなかった場合、「ゆっくり茶番劇」の商標登録に対して、無効審判を請求します。

    3. 使用料を請求されてしまった方への相談窓口の設置

    2022 年5 月23 日現在において当該商標権は権利放棄されておらず、今後、商標使用料の請求を求められてしまう可能性は残ってい ます。また、権利者になりすました者がクリエイターに対して無差別にメールを送りつけ、不当な請求を行うことが懸念されます。 そこで、本件に関して、動画を投稿したことによって、実際に商標の使用料や損害賠償の請求が届いてしまった方を対象とする無償の 相談窓口を開設します。請求書の内容に応じて、警察や法律事務所など適切な窓口の紹介を行います。

    <相談窓口はこちら>https://qa.nicovideo.jp/?site_domain=default ※15 時公開

    4. 商標登録による独占の防止を目的とした商標登録出願

    「ゆっくり」系動画において、ジャンル・カテゴリーを示す表示として広く使われている複数の文字列を対象として、商標登録の出願を行います。これはドワンゴが権利行使をするために出願するわけではありません。もしインターネットを利用して行う映像の提供において、ジャンル・カテゴリーを示す表示として一般的に使用されていることを理由に特許庁が商標登録を拒絶すれば、誰も商標登録を取得できないことが明らかになります。一方、その文字列について商標登録がなされてしまった場合でも、取得したゆっくり関連の商標権について、弊社は将来にわたり一切の権利行使をしないことをお約束します。

    なお、悪意ある第三者による商標登録出願を防ぐために、出願を予定している文字列の詳細は記載を控えさせていただきます。

    「ゆっくり動画」は、すでに10 年以上の歴史と80 万本以上*の作品数を誇る巨大な文化圏です。コミュニティが築き上げてきた名称がいます。(*ニコニコ動画のサービスに限定しても80 万本以上)

    ドワンゴは今後とも、関係各所と連携を図りながら、ネットクリエイターの方々が安心して創作活動を楽しめる環境を守ってまいります。

    <記者会見概要>

    【日時】 2022 年5 月23 日(月)15 時00 分~

    【登壇者】栗田穣崇(ドワンゴ専務取締役 COO)、小川和晃(ドワンゴ法務部部長)

    【視聴 URL】https://live.nicovideo.jp/watch/lv336994652

    ※ご参考:文字商標「ゆっくり茶番劇」に関する弊社の見解について(5 月20 日発表)https://dwango.co.jp/news/5673232225009664/

    ニコニコ生放送「『ゆっくり茶番劇』商標登録に関するドワンゴのアクション」はこちらニコニコインフォ「文字商標『ゆっくり茶番劇』に関するドワンゴの見解と対応について」はこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆっくり茶番劇商標登録問題(ゆっくりちゃばんげきしょうひょうとうろくもんだい)とは、YouTuberの柚葉/YuzuhaがYouTubeやニコニコ動画などで人気のコンテンツである東方Project原作「ゆっくり」のキャラクター(博麗霊夢・霧雨魔理沙)をモチーフにした「ゆっくり茶番劇ゆっくり
    15キロバイト (1,876 語) - 2022年5月23日 (月) 12:25


    (筆者コメント)
    勿論大きな罪に問われる訳ではありませんが、柚葉さんは「ゆっくり茶番劇」を自分の権利にしようとし、ネットで多くの人に叩かれました。これから会社などの組織とも話を付けなければならないほど大事になって来たので「こんなはずでは」と半泣きになっていることでしょうww
    でも仕方ありませんね。自業自得!こうなることを予想しなかったあなたが悪いww

    <このニュースへのネットの反応>

    【ドワンゴ「ゆっくり茶番劇」商標権と第三者に関して記者会見!想像以上に大事になり、焦り始める「柚葉」とかいう奴ww】の続きを読む



    4630万円誤送金のニュース『こち亀』195巻で予言されていた?男が秋本治氏の描いた話をマネたのか・・・


    こち亀
    出典 こち亀 秋本治/集英社



    山口県阿武町が、新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金の4630万円を一世帯に誤って送金してしまった問題で、振り込みを受けた田口翔容疑者が5月18日に逮捕されました。誤送金された給付金は、ネットカジノで使ってしまったと供述しているといいます。今回の事件、実は秋本治氏の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』に似たような内容が掲載されていることから、秋本治氏が予言していたのではないかと話題になっているのです。

    4630万円誤送金問題で男性逮捕

    振り込まれた4630万円を誤送金と知りながら、カード決済や振り込みを続けていたた田口翔容疑者。

    その多くは、ネットカジノを利用して使い果たしてしまったようなのです。

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    誤送金から40日。山口県阿武町がコロナ給付金4630万円を誤って振り込んだ問題。24歳の男が逮捕されました。田口翔容疑者はこの日「ネットカジノで使った」として、少しずつ返金していく考えを弁護士を通じて示したばかりでした。

    引用:TBS NEWS

    実はこの事件、こち亀のとある回で似たような内容が掲載されているというのです。

    両さんの口座に、誤って500万円振り込まれてしまい、振り込んだ会社が両さんへ謝罪の電話をします。

    その電話を受け口座を確認したところ、本当に500万円が振り込まれていたのです。

    誤送金と知りながら一時借りてギャンブルをし、倍になったら500万円を返金して儲けた500万円をもらってしまおうと考えました。

    こち亀で予言か、秋本治氏が現代のノストラダムスかと話題に

    この話が今回の誤送金問題とよく似ていることから、秋本治氏が予言したのではないかと話題となったのです。

    「秋本治はノストラダムスより預言者の才能あると思うのよ。」「現代のノストラダムス、秋本治先生。」「ノストラダムスより当たるのが秋本治氏の漫画。」「秋本治先生ってノストラダムスより未来予知ができるのかも。」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

    今回逮捕された田口翔容疑者が、誤送金された4630万円を使って一攫千金を狙い、儲けた金額から返済しようとしていたのかは定かではありませんが、今後4630万円はどのような形で返金されるのかも気になるところです。

    秋本治氏がノストラダムス越えの予言をしていますが、あの芸人さんも謎めいたコメントをして話題となりました。



    画像が見られない場合はこちら
    カジノで消えた4630万円の誤送金がこち亀で予言、秋本治氏がノストラダムス越えと話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載された。通称及び公式略称は「こち亀こちかめ)」。単行本は全201巻に及び、2021年に『ゴルゴ13』に抜かれるまでは「最
    133キロバイト (14,317 語) - 2022年5月5日 (木) 14:10


    (筆者コメント)
    予言だ!と話題になっていますが、私は逮捕された男がよっぽどこち亀好きでマネたとかじゃないかなと考えてます。漫画195巻こち亀、第1853話「500万争奪戦の巻」というお話しです。これは似てるww

    良い子のみんな、実際に両さんみたいな生き方するとこうなるんだぜ?


    <このニュースへのネットの反応>

    【4630万円誤送金のニュース『こち亀』195巻で予言されていた?男が秋本治氏の描いた話をマネたのか・・・】の続きを読む



    誤って振り込まれた4630万円、男に対し『へずまりゅう』は「お前の4630万円肩代わりしちゃる」←なんで?


    山口県阿武町が町民である男性(24歳)に対し、
    誤って新型コロナウイルス関連の給付金4630万円を振り込んだ出来事は、いまだに解決に至っていない。当初、男性は返金する意思を示していたものの、ドタンバになって拒否。阿武町は徹底して返金を求める姿勢を示しているが、すでに振込した銀行口座に4630万円が入っていないともいわれている。

    抜き差しならない理由で返金できず?

    常識的に考えれば、誤って送金されたお金を返金するのは当然の流れではあるが、男性はなんらかの理由によって、返金を拒んでいるようである。返金拒否が「せっかく手に入った大金を返したくない」という気持ちからなのか、別の抜き差しならない理由なのか、まったくの不明だ。

    へずまりゅうさんが4630万円を肩代わり

    そんななか、人気ユーチューバーであり、参議院山口補選にNHK党から立候補したことでも知られている「へずまりゅう」こと原田将大さん(31歳)が、返金を拒む男性に対して大胆すぎる衝撃的な提案をし、大きな注目を集めている。へずまりゅうさんが4630万円を肩代わりするから、誤送金された給付金4630万円を返金するよう提案しているのである。

    へずまりゅうさんのTwitterコメント

    「山口県阿武町の役所から4630万円誤送金された田口翔に言いたい 俺がお前の4630万円肩代わりしちゃるけ皆んなにお金返さんか? 翔に会いに緊急で山口県に帰ってきたぞ 俺はお前の気持ちが分かる 自分の情報がメディアに晒されたら辛いよな 変わりたいならDMしてこい 悪い奴らに騙されるな」(引用ここまで)


    へずまりゅうさんは山口県出身

    へずまりゅうさんが男性に4630万円を渡す代わりに、阿武町から誤送金された給付金4630万円を献金するよう求めているものと思われる。どうして無関係の男性に対し、へずまりゅうさんが4630万円を肩代わりするのか、その点は不明だ。へずまりゅうさんは山口県出身であり、山口県で発生した今回の騒動に心を痛めているからだろうか。

    男性が窮地に追い込まれる可能性

    このまま給付金4630万円を返金しなければ、男性が窮地に追い込まれる可能性がないとは言い切れない。そう考えれば、へずまりゅうさんの提案を受け入れ、給付金4630万円を阿武町に返金する行為は、間違いとは言い切れない……、かもしれない?

    ただ、へずまりゅうさんが何らかの見返りや条件を男性に求める可能性があるため、今後のへずまりゅうさんの言動にも注目が集まっている。皆さんはどうお思いだろうか。


    ※画像はへずまりゅうさんの公式Twitterより

    (執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

    誤送金4630万円を返金しない男にへずまりゅうが衝撃的提案「俺がお前の4630万円肩代わりしちゃる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    2020年3月4日に下関市に住む40代男性が、山口県内かつ中国地方で最初の感染者と確認された。 2020年7月10日、YouTuberの『へずまりゅう』が錦帯橋、湯野温泉、防府天満宮、山口市内の飲食店など県内各地をおとずれているが、5日後の7月15日に陽性が確認された。彼がマスクを着用しなかっ
    6キロバイト (849 語) - 2022年5月12日 (木) 08:35


    (筆者コメント)
    何かとお騒がせな元迷惑YouTuberへずまりゅう氏、ウソか本心かお金を返さない男に対し「お前の4630万円肩代わりしちゃる」と述べた。本心なのでしょうか?いやこれはまた目立って名前を売るだけに違いない!もう無駄な抵抗はよせ!

    <このニュースへのネットの反応>

    【誤って振り込まれた4630万円、男に対し『へずまりゅう』は「お前の4630万円肩代わりしちゃる」←なんで?】の続きを読む



    自殺を考えた人に必ず見てほしい!・・・
    へずまりゅう「上島竜兵、自殺ダメじゃろ」←批判される、ひろゆき「自殺を美化しないで」←評価される



     実業家のひろゆきこと西村博之氏が5月11日のツイッターで、自殺について持論を述べた。

     ひろゆき氏は、元迷惑系YouTuberのへずまりゅう氏が、この日に自殺が報じられたダチョウ倶楽部の上島竜兵さんに対し、「上島竜兵お前見損なったわどんなに辛くても自分で命を絶ったらダメじゃろうが残された人間のことを考えろ」と毒舌で追悼した書き込みに引用コメントを付ける形で、「恥を晒すぐらいなら死んだ方がマシと考える人が居ます」と書き込んだ。

     >>麒麟・川島『ラヴィット!』生放送でダチョウ・上島さん訃報に一礼、親交のあったアンタ柴田も出演<<

     続けて、「『死んだ人を悪く言わない』より『自殺した人を美化しない』というルールの方が新たな自殺者が減るので大事だと思うおいらです」と述べた。ひろゆき氏としては、これから自殺してしまう人を減らすために、自殺した人を美化するような風潮は必要はないのではないかと考えているのだろう。ひろゆき氏らしい合理性を追求した考え方だと言える。

     これには、ネット上で「これ賛成。自殺が可哀想→いい人だったのに→美化、の流れは良くない」「認めたくないけど、マジそうなんだよな」「これは本当にそう思います。人は恥も外聞も捨てればもっと生きられると思います」といった共感の声が聞かれた。一方で、「自殺は絶対に良くないし、必要以上に美化するべきではないけど、死んだ人を悪く言うべきではないと思います」「今言うことか?」といった否定的な声も聞かれ、賛否両論が巻き起こっている。

     さらに、「なぜ自殺者が減るのが大事なのだろうか。純粋に疑問」といったひろゆき氏の前提に疑問を示す声も聞かれた。自殺を巡る議論は難しい問題であるのは確かだろう。

    厚生労働省、各都道府県では悩みを抱えた人の相談窓口を設けている。詳細はこちらから。
    ・厚生労働省  相談先一覧
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html
    ・いのち支える相談窓口一覧(都道府県・政令指定都市別の相談窓口一覧)
    https://jssc.ncnp.go.jp/soudan.php

    記事内の引用について
    ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246
    へずまりゅう氏のツイッターより https://twitter.com/hezuruy

    ひろゆき氏のツイッターより https://twitter.com/hirox246


    (出典 news.nicovideo.jp)

    西村博之 (ひろゆきからのリダイレクト)
    移住。同年、英語圏最大の匿名画像掲示板「4chan」を買収し管理人に就任する。 ひろゆきの来歴は、2ちゃんねるの歴史であり、4chanや8chanなどCHANカルチャーの歴史でもある。以下でそれを追っていく。 ひろゆきが1999年に開設した巨大匿名掲示板群「2ちゃんねる」を「2ch.net」(現・5ちゃんねる「5ch
    215キロバイト (32,335 語) - 2022年5月7日 (土) 06:13


    (筆者コメント)
    一度でも「死にたい」と考えたことのある人は最後まで見て!

    言うまでもありませんが、自ら命を絶つことは良いことではありません。

    日本では昔、「生き恥をさらすくらいなら腹を切る」といった侍の考え方がありましたが、現代では通用しません。

    死ねば「無」です。

    私は昔、イジメにもあったし、病で苦しんだこともあります。

    「どうして自分が?」と世の中を恨みました。

    正直、私も何度も死にたいと思ったことがあります。

    しかし「今、死ねたらどんなに楽だろう」と考えても絶対に実行しませんでした。

    それは「逃げ」になるからです。

    辛くても苦しくても現状から逃げれば何も残りません。

    生き物は生まれたその瞬間から死に向かって歩んでいるのだから、遅かれ早かれいつか死ぬ。

    いつか死ぬのだからそれまでは見苦しく足掻いてみようじゃないですか。

    キレイごとにしか聞こえないかも知れませんが、私はいつもこう考えるんです。

    「もし自分の命があと1週間で消えるなら残り時間を何して生きよう?取り敢えずこのクソみたいな残り時間生きてみるか」ってね。

    無茶苦茶かも知れませんが、その残り時間が長いだけって考えれば良いと思うんです。

    誰かを頼っても良いし、誰も信じなくても良い。

    取り敢えず自分にやれることを全部やってみましょう。

    何か変わるはずです!

    私の場合、小柄だったので身体を鍛えまくり、格闘技を始めました。

    その先何をしたかは言いませんが、何かを変えたきゃ今の自分を変えるしかありません。

    簡単に捨てずに取り敢えず何かに挑戦してみましょう。(最後キレイごとですみません。)

    語彙力ないのですが、この記事から何かが伝われば嬉しいです。


    <このニュースへのネットの反応>

    【自殺を考えた人に必ず見てほしい!・・・へずまりゅう「上島竜兵、自殺ダメじゃろ」←批判される、ひろゆき「自殺を美化しないで」←評価される】の続きを読む

    このページのトップヘ