アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。

他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。

最新情報をお届け致します。

    カテゴリ:漫画・アニメ > ディズニー



    東京ディズニーリゾート、許可を得ていないYouTuberの活動を禁ずる!
    『D系YouTuber』潰しに掛かる!



     東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・シー)を運営するオリエンタルランドは9月8日までに、園内での営利活動を禁止する規則を新たに追加した。動画投稿者とのコラボ企画やマスコミ対応など、同社がプロモーションや広報活動と判断した場合のみ撮影を許可する。

    【その他の画像】

     同社が追加したのは「営利活動(当社が許可した場合を除きます。)」という文言。同社広報は「撮影に限ったものではないため、広い解釈で営利活動という言葉を使った」と話し「他のゲストに迷惑になっていると現場が判断した場合、活動をやめていただくよう対応する。最悪の場合は退園や、今後の入場をお断りする可能性もある」としている。

     現在、YouTube上には園内のグルメやグッズ、パレードなどを紹介した動画や、各種アトラクションで遊ぶ様子を収めた動画が数多く投稿されており、中でもディズニーを主軸に活動しているYouTuberは「D系」というジャンルに分類されている。

     YouTuberは動画再生数に応じた広告収益や投げ銭サービス「スーパーチャット」を得ていることが多く、文面通りの解釈では“D系YouTuber”の活動が制限されることになる。彼らの投稿動画に対して、削除依頼などの予定について聞くと「他のゲストに迷惑になっているケースなど総合的に判断し、個別に対応する」(同社)と回答するにとどめ、明言を避けた。一方で、友人や家族との撮影など営利目的ではない個人活動は認めるという。

     東京ディズニーリゾート内での撮影を巡っては、施設管理上の問題から開業以来、商業目的の撮影を禁止している他、一脚・三脚・自撮り棒などの撮影補助機材の使用を禁止している。ただ、ハンディサイズのグリップアタッチメント(手持ちサイズのミニ三脚など)の使用は認めており「他のゲストの迷惑にならない範囲で楽しんでほしい」(同社広報)としている。

    東京ディズニーリゾート(出典:同社公式Webサイト)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    1983年4月15日に単一のテーマパーク(東京ディズニーランド)としてオープンし、その後、世界で初となる"海"をテーマにした第2のテーマパーク(東京ディズニーシー)、5つのディズニーホテル、6つの非ディズニーホテル、複合ショッピング施設(イクスピアリ)を備えたリゾートへと発展した。東京ディズニー
    96キロバイト (12,026 語) - 2022年9月5日 (月) 11:04


    (筆者コメント)
    これはYouTuber側からするとかなり痛い報告ですが、テーマパークで楽しんでもらうことがディズニー側の最大の目的です。動画撮影でバカ騒ぎが過ぎて他のお客に迷惑が掛かる場合があるので早めに手を打ったのでしょうね。『D系YouTuber』にはドンマイとしか言いようがありません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【東京ディズニーリゾート、許可を得ていないYouTuberの活動を禁ずる!『D系YouTuber』潰しに掛かる!】の続きを読む



    映画『バズライトイヤー』ぶっちゃけどうだった?やっぱりアレが引っかかったもよう・・・


    バズライトイヤー(Buzz Lightyear)は、ディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズなどに登場するメインキャラクターの1人である。通称「バズ」。決め台詞はアクションボタンを押した際に再生される「無限の彼方へ!さあ行くぞ!」(原語版では"To infinity...and beyond
    16キロバイト (2,120 語) - 2022年6月21日 (火) 02:54
    (筆者コメント)
    これは正直トイストーリーで終わりにしておけば良かったのでは?と言う感想です。あくまで個人的な感想なので「楽しかった」と言う方もいらっしゃいます。公開前からいろいろと問題にされていたところもありましたが、それ以上に気になった点がありましたね。多くは語りませんが賛否両論ということなんで、ぜひ劇場でご覧下さい。


    スレはここから↓
    200 名無シネマ@上映中 :2022/07/01(金) 19:21:30.18
    この夏、一番楽しみにしていた『バズ・ライトイヤー』を公開初日に鑑賞。

    ざっくり言えばおもしろかったんだとは思う。

    ただ、『トイストーリー』以来のファンで、最初からウディよりバズが好きな私としては、気になる点の方が多くなってしまうんだよな~。

    まず、あのオモチャの「バズ」が、アンディがあんなに大喜びする「バズ」のフィギュアが作られることになった、子供に大人気の大元のアニメのお話が見られるんだろうと思っていたので、ちょっと「これじゃない感」が。

    これは個人的な思いなんだけど、例えば『ワンダヴィジョン』みたいに、1話完結的な主題歌付きのオープニングもちゃんとあるみたいないかにも当時のTVアニメ風な感じで作ってくれたら最高だったんだけどな。

    例えば、この映画と同じ話しだったとしても30分毎に “to be continued” って出て大ピンチのシーンで「続く」になったりしてほしかったし、途中のCMであの「飛びません」のCMが流れたりしてほしかったな~。

    もっとオシャレに作れたハズだ。

    ストーリーに関しては、バズとへっぽこ部隊のチームワークは最後には良い話的に終わるけど、ドジの踏み方がお約束のように最悪過ぎて、かつ反省しなさ過ぎて、見ていてイライラ。

    まあ、そこは良しとしても、あのザーグの正体は承伏しかねる。そこはもっと普通に悪役にしておいてほしかった。

    また、上映禁止の国が相次いだ「あの問題」。私は子供向けのアニメなら別に普通の男女の結婚像を見せておいていいんじゃないかと思うんだけどな。LBGTQの問題はもう少し大きくなってから、また別の作品で見ればいいと思うんだ。別に偏見があるわけじゃないけど、男女の恋愛にも夢を持ってほしいんだよな。

    いろいろ書いたけど、大好きな『バズ』の映画が見られたのはとってもうれしかった。もしかしたら、続編もあるのかな?これがヒットしたら「ウディのラウンドアップ」も映画化されるかな? まだまだ『トイストーリー』のスピンオフにはいろいろ期待!

    【映画『バズライトイヤー』ぶっちゃけどうだった?やっぱりアレが引っかかったもよう・・・】の続きを読む



    『トイストーリー4』ウッディの決断に論争勃発!あれ以外の決断はなかったのか?


    トイストーリー」を知らない。」。 1995年公開の『トイストーリー』、1999年公開の『トイストーリー2』、2010年公開の『トイストーリー3』に続くトイストーリーリーズ第4作目であり、ピクサーの長編映画としては2018年公開の『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ『トイストーリー
    82キロバイト (9,576 語) - 2022年6月25日 (土) 00:06
    (筆者コメント)
    昨夜放送された「トイ・ストーリー4」のエンディング、ウッディの決断に視聴者は疑問を持ち、ネットでは未だに議論が行われ「トイストーリー4」がトレンド入り!

    納得いってない人が多いようです。

    私は「誰にでも自分の道を選ぶ権利がある」というメッセージを感じ、最後のウッディの決断に「今までありがとう。お疲れ様、これからは自分の人生を生きてね」と思いになりました。ボニーの扱いが雑だったのはさておき、ウッディもようやくおもちゃとして任務を終えたのでボーと幸せに過ごしてほしいです。

    雑に扱われていたのにずっとボニーのことを考えて行動してたウッディ最高ですよね!
    最後はあれで良いんだよ!

    それじゃダメなのか?ww

    あの一作でこれだけ議論できる映画も珍しいですね?さすがディズニー!


    スレはここから↓
    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/25(土) 15:17:24.86
    SAWADY 2022.6.24 12:01 FEATURE | TV/MOVIE

    映画『トイ・ストーリー4』は、ディズニー&ピクサー屈指の名作『トイ・ストーリー3』(2010)とはまた違うテーマを掲げながら、感動のエンディングを演出した。心優しく明るい少年アンディのお気に入りのおもちゃとして、大変だけど常に前向きな毎日を送ってきたカウボーイのウッディは、観客の意表を突く大きな決断を最後に下した。

    それでも、1990年代に誕生した『トイ・ストーリー』と共に育ってきたファンの中には、なぜあのエンディングでなければいけなかったのか、と感じた方もいるのではないだろうか。
    人に遊んでもらって始めて生まれるおもちゃの存在意義については、シリーズを通して語られてきたことだ。しかし、プロデューサーのマーク・ニールセンによると、ウッディにフォーカスされた『トイ・ストーリー4』の物語では、どうしてもあのエンディングでなければいけなかったのだという。


    この記事には、『トイ・ストーリー4』のネタバレが含まれています。
    https://theriver.jp/ts4-why-this-ending/

    【『トイストーリー4』ウッディの決断に論争勃発!あれ以外の決断はなかったのか?】の続きを読む



    「トイストーリー4」観て思った悪かった点


    トイストーリー」を知らない。」。 1995年公開の『トイストーリー』、1999年公開の『トイストーリー2』、2010年公開の『トイストーリー3』に続くトイストーリーリーズ第4作目であり、ピクサーの長編映画としては2018年公開の『インクレディブル・ファミリー』に次ぎ『トイストーリー
    82キロバイト (9,580 語) - 2022年6月24日 (金) 13:44
    (筆者コメント)
    賛否両論のトイストーリー4、私は感動した。どこがって別の記事で解説してるのでよろしく↓

    『トイ・ストーリー4』は、なぜ過去作に比べて評判がイマイチなのか?


    賛否ある映画だけど、金曜ロードショー『トイストーリー4』観たあと感想教えて!



    2 それでも動く名無し :2022/06/24(金) 23:25:16
    神映画

    【「トイストーリー4」観て思った悪かった点】の続きを読む


    『トイストーリー4』は日本では不評!ウッディの決断にファンは「はぁ???」←これな


    『トイ・ストーリー4』が地上波初放映 ファンの間で賛否が割れた「驚きの展開」
    …「金ロー」にてノーカット&初放映 もしも、子供部屋にいるオモチャたちがそれぞれ人格を持っていて、人間が見ていないところで自由自在に動き回っていたら……
    (出典:マグミクス)


    (筆者コメント)
    金曜ロードショーのトイストーリー4はご覧になりましたでしょうか?日本ではかなり評判が悪いこの作品を観て、やはりTwitterは荒れているようです。これまで苦楽を共にして来た仲間より、愛する人といることを選んだウッディ、そしてボニーの仕打ちww
    中には「4はなかったことにしたい」という視聴者もいらっしゃいます。私は良かったと思いますが、皆さんはどうですか?

    【『トイストーリー4』は日本では不評!ウッディの決断にファンは「はぁ???」←これな】の続きを読む

    このページのトップヘ