アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ:漫画・アニメ > ディズニー



    東京ディズニーシー転売ヤーによる買い占めでグッズが買えない!「赤ちゃん人形で人数を誤魔化して1つでも多く・・」そこまでするかww


    「ヤフオクが登場したころから、転売目的の購入に見えるゲストが増えたように感じます。ルールを守るファンが商品を買えないのはおかしいのではないでしょうか」

     そう話すのは、1983年の東京ディズニーランド開園以来、パークに通い続ける吉田よしかさん。ディズニーグッズの転売は度々話題となるが、4月7日に販売された東京ディズニーシーの新商品も注目された。どうすればディズニーグッズの転売を防げるのか、取材した。

    ◆ ◆ ◆

    朝の6時に到着しても入店できない

     東京ディズニーシーの人気キャラクター「ダッフィー」を中心とした季節限定商品の販売日。吉田さんは14時頃に入園した。すると、入り口に近いダッフィーグッズの専門店「ガッレリーア・ディズニー」前で、転売屋らしき外国人に気が付いたという。

    「大きな買い物袋を10個以上地面に置いていました。その異様な量に、転売目的の購入だと思ったんです。一方、店の前では『なぜこんなに早くスタンバイパスがなくなるんですか?』とキャストに質問するゲストの姿も見かけました。穏やかなパークの雰囲気を楽しみに来たのに、殺伐とした光景を見たくないので、早々にその場を離れました。

     今回の新グッズは、朝の6時に到着した友人でも、スタンバイパスが取れずにショップに入店できなかったため、仕方なく東京ディズニーリゾートのアプリで購入をしたそうです。当日は9時開園予定でしたが、8時15分に繰り上げオープンされ、友人が入園できたのは、オープンから22分後の8時37分。それでもショップに入るために必要なスタンバイパスが入手できませんでした。深夜から並ぶのは禁止されているはずなのに、入店できた人は一体いつから並んでいたのでしょうか――」(吉田さん)

     ディズニーグッズの人気ぶりは、過去にも写真家・蜷川実花さんとコラボレーションした商品や記念ピンバッジなどが話題となっている。コロナ禍前は商品購入のため、入園開始とともに店へ走る客の姿が見られたが、2021年4月からは一部ショップのスタンバイパスが新商品の販売時に導入されたため解消した。

     スタンバイパスとは、指定された時間に対象施設の列に並べる権利。入園後にチケットと連動した公式のスマホアプリから取得するが、入店できる人数に限りがある。そのため、開園前にできる入場希望者の列は変わらないままだ。

    「転売のために商品を買い占める人々の規制は難しい」

    「毎回これだけの騒動になるのに、販売方法は昔からほとんど変わっていません。マニアは“限定”という言葉に弱いですが、パークで販売される一部の期間限定グッズは、購入出来る個数も限定された上に、入園必須なのでレア度が増しています」(同前)

     吉田さんによると、2021年から実施中の東京ディズニーシー20周年イベント「タイム・トゥ・シャイン!」のように実施期間が1年間と長い場合、品切れになった商品が再販されることもあるが、短期の期間限定商品の場合は、品切れになったまま完売し、再販されないことも多いのだとか。今回のダッフィーグッズは、一部が9日に再販されたが、8日にパークを訪れた人は購入できないなど、販売の公平性が保たれているとは言いにくい状況だ。

    「ダッフィーグッズは、発売されるとその日のうちに完売してしまう商品も多いので、あまりの勢いに収集をあきらめたファンもいます。在庫過多をなくすためにパーク側が販売個数を絞っているのかもしれませんが、売り切れる速度が早すぎるが故に、転売も増えるという悪循環になっているのではないかと。

     正直、私は転売であろう荷物山積みの光景を見るとつらくなるので、新商品発売日はなるべく遅い時間に入園する、販売店舗には立ち寄らないようにするなど自分なりに考えて行動をしています」(同前)

     転売のために商品を買い占める人々を規制できないのか。転売問題に詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士は「規制は難しい」と言う。「安く買って、高く売るのは商売の基本。商品の売買は、基本的人権の中の、経済的自由によって守られており規制は難しい。他方で、売主であるオリエンタルランドが、ファンの不満やニーズを汲んで対応することは可能です」(河西弁護士)

     河西弁護士が今回の話題で問題視するのは、ツイッターなどで話題になった、赤ちゃんの人形を使い「お1人様1点限り」の販売制限を無視して複数購入しようとする手口だ。

    「SNSで騒がれたように、もし赤ちゃんの人形を使ったことが事実ならば、売主をだまして購入することになります。これは詐欺に当たる可能性があり、オリエンタルランドは被害届を提出することもできるでしょう」(同前)

    「転売をする人は海外にも手を広げて売るでしょう」

     しかし、「赤ちゃんの人形を使う手口は、今に始まったことではありません」と吉田さんは言う。「東京ディズニーランドでは以前、開園○○周年記念としてピンバッジや記念品などを入園者に配布していたことがありましたが、10年以上前から既にベビーカーやおんぶ紐に赤ちゃんの人形を入れて人数を稼いでいる人の目撃情報があり、その当時からファンの間では物議を醸していました」(吉田さん)

     転売に対し、オリエンタルランドも対策を講じている。2022年3月24日にフリマアプリ「メルカリ」と締結した「安心・安全な取引環境の構築に向けた覚書」だ。これにより、季節限定商品の発売情報などが共有され、メルカリは対象商品を購入する利用者に向けて注意喚起するほか、利用規約に違反した出品の削除を行う。

     しかし、4月25日現在もメルカリでは新商品を含むぬいぐるみバッジなどが出品されている。価格は、キャラクター「ステラ・ルー」のぬいぐるみバッジ(定価2200円)が、昨年9月に発売されたぬいぐるみバッジ(定価2300円)と4体セットで約2万円と高価格。覚書がどこまで転売の抑止につながるかは不透明だ。

    「メルカリとの連携は大きな一歩ですが、転売をする人は海外にも手を広げて売るでしょう。人気が出そうな商品は受注生産にするか、クレジットカードと紐づけして本人確認をしっかりと行うなど対策してほしいと願っています。最近は特にアトラクションやパレードよりも、グッズへのファンの熱が加速していて、東京ディズニーリゾートの本当の良さが伝わりにくいのではないでしょうか」(吉田さん)

     オリエンタルランドに転売問題について質問したところ、商品の買い占めや転売について「課題と捉えて」いるとして、下記の回答があった。

    「商品買い占め対策として、パークチケット確認による店舗入店回数の制限や購入券配布による会計回数の制限、一度の会計あたりの購入個数の制限に加え、転売対策として、3月24日以降メルカリ社と連携し、両社で注意喚起やフリマアプリ『メルカリ』上で手元にない商品や東京ディズニーリゾート公式画像を使用する等のメルカリ利用規約に違反する不適切な出品に対する出品削除に取り組んでおります」

     また、4月7日の新グッズ発売日の対応については、「1人でも多くのゲストに東京ディズニーリゾート商品をお届けするため、販売店舗においては、スタンバイパスの発行、パークチケット確認による店舗入店回数の制限や会計回数の制限、一度の会計あたりの購入個数の制限を行いました。また、4月7日の発売日に限らず、パーク内の安全安心のため、他のゲスト等にご迷惑となる恐れがある行為については禁止しており、当該行為を発見した場合はキャストからお声がけしております」とした。

     ただ、3月24日の覚書締結以降に行った、注意喚起の回数やメルカリ上で行った出品削除件数については「お答えしておりません」と回答した。

     東京ディズニーリゾートを訪れるのは、関東圏に住む客ばかりではない。地域別来場者比率では、コロナ禍前で約40%、後で約15%が海外を含む関東圏外から訪れている。遠方のファンは、せっかく訪れた“夢の国”で、欲しかった土産品も購入できずに帰るのだろうか。ファンに公平にいきわたる販売方法を期待したい。

    (ゆきどっぐ)

    ©時事通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    転売(てんばい)とは、買い取った物をさらに他に売り渡すこと。ネットスラングとしては転売を職業とする者を転売屋、不当に高額な利益を得ることに対する非難の意味で「転売師」・「転売厨」・「転売ヤー」(てんばいや、てんばいし、てんばいちゅう、てんばいやー、英: reseller)とも呼ぶ。転売行為そのものの内容についてもここで扱う。
    52キロバイト (7,972 語) - 2022年5月8日 (日) 06:58


    (筆者コメント)
    評判の悪い高額転売屋さん。
    夢の国ディズニーリゾートでも不愉快なことをする人がいるようです。赤ちゃんに見立てた人形をベビーカーに乗せて1人1個のグッズをひとつでも多く買おうとする悪知恵!そこまでして転売したいですか?私には全く理解できません。やはり外国人なんでしょうね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【東京ディズニーシー転売ヤーによる買い占めでグッズが買えない!「赤ちゃん人形で人数を誤魔化して1つでも多く・・」そこまでするかww】の続きを読む



    政治に巻き込まれるディズニー!今後「ディズニーワールド」でなくなる可能性が?


    子供たちにホモやゲイについて教えるな

     米共和党の牙城、南部フロリダ州がLGBTQ(性的少数者)を児童に教えるか否かをめぐって、ディズニーを巻き込んでカオス状態に突入した。

    JBpressですべての写真や図表を見る

     次期大統領候補を虎視眈々と狙っているトランプ派のロン・デサンティス現職知事(共和党)と「ドル箱」のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが激突したからだ。

     一地方自治体とテーマパーク巨人の対決の背景には、米国を分裂させている保守対リベラルの「カルチャー戦争」があり、共和党と民主党との政治対決がある。

     10カ月後に迫った上下両院選、知事選、そして2年後の大統領選に向けた前哨戦の様相すら見せている。

     ことの起こりは、同州上下両院*1が「幼稚園児から小学校3学年までLGBTQについては教えてはならない」という法案(通称「Don’t Say Gay」法)を可決成立、デサンティス氏がこれに即座に署名したことにある。

    https://www.nytimes.com/2022/03/28/us/desantis-florida-dont-say-gay-bill.html

     同氏はドナルド・トランプ前大統領支持の急先鋒だが、万一トランプ氏が再出馬しなければいつでも大統領候補に名乗りを上げる構えを見せている。

     共和党支持者による世論調査でも次期共和党大統領候補の2位につけている。

    *1=フロリダ州上院は共和党24、民主16、下院は共和78、民主42各議席で「共和党天下」だ。

     ディズニー・ワールドの親会社、ディズニーのロバート・チャペック最高経営責任者(CEO)は州議会が同法案を審議しているさなか、以下のような社内メモをネット上で流した。

    「こうした法案は審議すべきではない。わが社のLGBTQ社員および関係者に対する偏見・差別は絶対にあってはならない」

    ディズニーの子供向けLGBTQアニメ

     このメモに噛みついたのが、ディズニー・チャンネルの子供向け人気アニメ「The Owl House(アウルハウス)」の制作者、ダナ・テラスさん(31)。デイタイム・エミー賞を受賞した人気アニメ作家だ。

    「The Owl House」は2020年8月から始まったアニメで、主人公はバイセクシャルの「ルース」。男の子であり、女の子でもある。米テレビが子供向け番組でLGBTQを扱うのはこれが初めてだ。

    https://variety.com/2020/tv/news/the-owl-house-disney-bisexual-character-lux-amity-1234736149/

     テラスさんは動画付きのツイッターを発信した。

    「生ぬるいことばかり言わないで。こんなありきたりのメモを出しても意味がないわ。ディズニー社は、今回この法案に賛成した共和党議員たちに多額の政治資金を出しているじゃないですか」

     このツイッターに同社内のLGBTQ社員やディズニー傘下のテレビ、映画で働くLGBTQたちが共鳴したからたまらない。

     チャペック氏は直ちにデサンティス氏に同法の撤回を申し出た。

     デサンティス氏も負けてはいない。

    「わが州はカリフォルニアの企業のCEOや幹部にコントロールされているわけではい。わが州の行政はフロリダ州民の社会通念と利益最優先で行われている」

     だが同氏、啖呵(たんか)は切ったものの、内心忸怩たるものがあるはずだ。

     というのもディズニー・ワールドは年間収益170億ドルを稼ぎ、フロリダ州に年間7億8000万ドルの税金を納める「金の卵」だからだ。

     だからこそ歴代知事はディズニー・ワールドを大切に扱ってきた。

     後述するが、ディズニー・ワールドを「自治特別区」(Dependent special district)にしてきた。

     フロリダ州は今回、その特権を剥奪する決定を下したのだ。実際に実施されるのは2023年6月からだ。

     ディズニー・ワールドには、世界中から年間2100万人の観光客が訪れ、関連企業も含めると7万人の雇用を創造している。フロリダ州にしてみれば、「ディズニーさまさま」といっていい。

     それだけではない。ディズニー・ワールドに追随して大手テーマパークのユニバーサル・スタジオ、シーワールド、レゴランドなどが、その周辺に次々と進出して「テーマパークのメッカ」を築き上げている。

     ディズニーは、さらに2022年3月には新たに映画「スターウォーズ」をテーマにした豪華ホテルをオープン、5月には巨大なローラーコースター「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を開業する。

    荒れ地にウォルト・ディズニーの夢実現

     ウォルト・ディズニー氏が生前、最後の仕事として着手したプロジェクトが、このディズニー・ワールドだ。

     1955年にカリフォルニア州アナハイムに作ったディズニーランドの成功に気をよくした同氏は「大自然の中のテーマパーク」を実現しようとした。

     フロリダ州中央部の荒れ地38平方マイルを500万ドルで買い上げ、そこに世界最大の大テーマパーク「ディズニー・ワールド」を建設してから55年。

     経済発展の原動力をディズニー・ワールドに賭けたフロリダ州は、そこを「自治特別区」に指定した。

     同州は、ディズニー・ワールドに特別社債発行権を与え、優遇税制の対象にしたほか、警察、消防、ガス・電気・水道サービスも隣接するオレンジ郡やオスセオラ郡から独立させた「自治体」にした。

    「自治特別区」は全米では約3万5000か所、フロリダ州には1850か所ある。有名なものには、テネシー川流域開発公社(TVA)がある。

    有権者は共和党35.9%、民主党35.6%

     ところが、前述のLGBTQ問題をめぐってフロリダ州はディズニー・ワールドに与えていたすべての特権を剥奪すると宣言したのだ。

     たかがLGBTQ問題でなぜそこまでこじれてしまったのか。地元メディアのベテラン政治ジャーナリストB氏は筆者に説明する。

    「デサンティス氏の背後にはトランプ・シンパはじめ同性愛反対のエバンジェリカルズが控えている」

    「フロリダ州をLGBTQに迎合的な民主党リベラルとの決戦の場にしようとしている。2024年の大統領選ではフロリダは超激戦区になる」

    「現在、登録有権者数は共和党支持者35.9%、民主党35.6%(無党派は28.5%)と拮抗している」

    「共和党は州政府、議会を制圧しているところから現在、着々と自分たちに有利な選挙区改正を進めている」

    「同時に、共和党は政策面では、保守、リベラルが繰り広げている『カルチャー戦争』をフロリダ州に持ち込んだ」

    「その具体例がLGBTQ問題だ。そのため、『公立学校の教師は、幼稚園児から小学校3年生までLGBTQについて教えるな』という法案は戦争のシンボルになってしまった」

    ミレニアム世代の39%は「自分はLGBTQ」

     だが、共和党支持層の中高年層に根強い反LGBTQ気運が、必ずしも全体に浸透しているかというと、そうではない。

     LGBTQについては米国民の間でも年齢層で大きなギャップが生じている。

     アリゾナ・クリスチャン大学の世論調査によれば、若者の3人のうち1人は「自分がLGBTQであること」を自認していると答えている。

     ミレニアム世代の最年少層(18歳から24歳)に絞ると、なんと39%に達している。

    https://www.arizonachristian.edu/wp-content/uploads/2021/10/George-Barna-Millennial-Report-2021-FINAL-Web.pdf

     ギャラップ世論調査では「自分はLGBTQだ」と答えた人は7.1%と、10年前に比べ倍増している。これは全人口に占める若者層が増えているからだ。

    https://news.gallup.com/poll/389792/lgbt-identification-ticks-up.aspx

     フロリダ州の共和党が推し進める反LGBTQキャンペーンが、選挙での票獲得にとって特効薬になるとは限らない。共和党に票を入れる若者が減る可能性は十分ありうる。

     フロリダ共和党にとってはまさに賭けといってもいいかもしれない。

    ディズニーは「言論の自由」盾に法廷闘争も

     デサンティス氏にとって「カネよりも反LGBTQ 」をとった決断は極めて重い。

     すでにディズニー・ワールド周辺の郡や市町村には大きな影響が出始めている。これまでディズニーが背負ってきた責任を肩代わりするのは地元自治体だ。

     膨大な増税をしなければならない。住民の激しい反発も予想される。

     デサンティス氏がより恐れているのは、ディズニーによる法廷闘争だ。

     反LGBTQ法に異議を申し立てたこと自体、米憲法修正第1条に明記されている「宗教の自由、表現の自由、報道の自由、集会の自由」条項で保障されている。

     これに対してこれまで州とディズニーとの間で取り交わされてきた法的取り決めを州が一方的に破棄、特権を剥奪することは憲法違反ではないのか。

     ディズニーがそう主張することは十分考えられる。

     ディズニーの背後には民主党リベラル派だけではなく、米政界に計り知れない影響力を持つ「ハリウッド」が控えている。

     こうしたLGBTQ問題に絡んだ法廷闘争に米最高裁はどのような判断を下したか。

     コロラド州のケーキメーカーが同性愛カップルにウエディングケーキを売るのを拒否したことに同州人権委員会が憲法違反だと訴えた裁判が2018年にあった。

     最高裁は、宗教上の理由からLGBTQへの販売を拒否したケーキメーカーの「宗教の自由」を尊重して人権委員会の控訴を棄却している。

    https://ballotpedia.org/Masterpiece_Cakeshop_v._Colorado_Civil_Rights_Commission

     ノースイースタン大学のクラウディア・ハウプ准教授はこう指摘している。

    「裁判所がディズニー・ワールドのCEOのチャペック氏の発言を法的にどう判断するかによって公判が成り立つかどうか」

    「またフロリダ州がディズニー・ワールドに与えてきた特権を剥奪する理由が反LGBTQ法に直接的関係していることが立証できるのか。まだ見えない部分が多すぎる」

    https://www.washingtonpost.com/business/why-disney-has-special-status-in-florida-and-why-the-state-wants-to-take-it-away/2022/04/21/f87e7d80-c1c1-11ec-b5df-1fba61a66c75_story.html

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  ウクライナ戦争の最中、プーチンはなぜ「囚人交換」したのか

    [関連記事]

    「ゼレンスキー」にすべてを賭けたバイデンの危うい選挙戦略

    「プーチンの戦争」シナリオにトランプが深く関与か

    フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(4月22日撮影、写真:AP/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ・ピノキオにも出てくる「プレジャーアイランド」という名称であった。 ウォルト・ディズニーワールド・モノレール・システム マラソン - 毎年数回開催。先着順、約半年前に〆切)広大なディズニーワールドならではの4大ディズニーパークの間を走るフルマラソン。プリンセス、スターウォーズなどテーマが毎回変わる
    29キロバイト (2,723 語) - 2022年4月28日 (木) 13:38


    (筆者コメント)
    全然関係ない話をさせて下さい。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(マーベル)」のアトラクションがディズニーワールドにできるんですか?確かにマーベルシリーズはディズニープラスで配信されており、スパイダーマン以外のマーベル作品はディズニーに権利があります。なのでアトラクションができても不思議ではないのですが、ユニバーサルにスパイダーマン、それ以外のマーベルがディズニーって何か違和感あるんですよね。スパイダーマンも買い取ればいいのに!USJからスパイダーマン消えちゃけどww

    <このニュースへのネットの反応>

    【政治に巻き込まれるディズニー!今後「ディズニーワールド」でなくなる可能性が?】の続きを読む



    ジブリが著作権の鬼であるディズニーのキャラ描いちゃった?ネット騒然!


    image:pixabay

    ディズニーといえば、言わずもがな知られた世界的な人気キャラクター「ミッキーマウス」を生み出した組織です。しかし、その人気さゆえ、これまで多くの「盗作」や「パクリ」が横行。そのつど「著作権」を訴え、それらを抹殺してきました。そんな中、日本が誇るアニメーションスタジオ「スタジオジブリ」が「ディズニー」のとあるキャラを描き、騒然としております。

    ジブリがディズニーを描いちゃう!そのキャラは

    スタジオジブリがディズニーを描いちゃう!?

    さすがに、それはないでしょう。しかも、この世で一番「著作権」に厳しいディズニーを、SNSで登場させちゃうなんてありえないはずです。

    絶対に何かの間違い……と思いきや、やっぱりこれ……あのキャラですよね!?


    サリー・マイク・トトロ……ってこれ「モンスターズインク」じゃないですか!

    モンスターズインクのそっくり?いや、間違いなくモンスターズインクです。となりのトトロの名シーンにて、サリーは赤い傘をさし、マイクはトトロが頭に乗せていた葉っぱを乗せる。

    見事なモンスター勢揃い。

    ってこれ著作権大丈夫なの!?しかも公式からの投稿なんですけど……。

    と、心配になりますが、慌てることはございません。実は既に「スタジオジブリ」と「ディズニー」はコラボ済み。

    2010年に公開された「トイ・ストーリー3」では「トトロ」が既に登場しております。


    ディズニーと、スタジオジブリは実は親交が深く、このようなコラボが実現出来ていたのです。それを踏まえると、トイ・ストーリーだけでなくモンスターズインクとのコラボなんて全然OKなはずです。

    ただ、ジブリ本編作品にディズニーキャラクターが登場した実績はないので、今後登場することも期待したいのですが、キャラクター使用料はいったいいくらになるんでしょうかね。ハハッ。

    Source:スタジオジブリ



    画像が見られない場合はこちら
    ジブリ公式、著作権にうるさい「あのキャラ」を突如投稿、ネット騒然


    (出典 news.nicovideo.jp)

    株式会社スタジオジブリ(英: STUDIO GHIBLI INC.)は、日本のアニメ制作会社。日本動画協会準会員。通称は「ジブリ」。長編アニメーション映画の制作を主力事業としている。 1990年代中期以降は、短編アニメーションの制作および実写映画の企画、日本国外のアニメーションの公開やDVDの販売、
    94キロバイト (10,636 語) - 2022年4月29日 (金) 15:18


    (筆者コメント)
    トイストーリーにトトロが出てくることからディズニーをジブリには何かしら関係があるのだと思っていました。今回はその逆ですね。ちゃんと許可は得ているでしょうから問題ないと思います。
    って真面目に答えちゃったwww

    <このニュースへのネットの反応>

    【ジブリが著作権の鬼であるディズニーのキャラ描いちゃった?ネット騒然!】の続きを読む



    【また転売】東京ディズニーシーで新商品ダッフィー『フェイク赤ちゃん』を複数購入している人が増加!


    東京ディズニーシーで4月7日に新発売となったグッズの購入をめぐり、赤ん坊の人形「フェイク赤ちゃん」をベビーカーに乗せて、「お一人様一点限り」の商品を複数購入しようとする人が現れたとネットで話題になっている。

    SNS上では「そこまでして複数買うのか」「他の買いたい人にとって迷惑でしかない」などの声があがっており、中には「転売ヤーの仕業」と転売目的で複数購入しようとする人によるものだとする指摘もあった。

    この日発売されたのは人気キャラクター「ダッフィー」などの新グッズ。売られているショップの整理券を手に入れるためか、開園数時間前の深夜から多くの人が列を作る様子がツイッターなどで投稿されるなど注目されていた。

    「フェイク赤ちゃん」と連れた客の購入が実際にあったのかどうか。弁護士ドットコムニュースは東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドを取材したが、「個別の案件に関してはお答えしていない」との回答だった。

    「お一人様一点限り」とされている場合、「お一人様」の範囲が限定されていない限りは、たとえ産まれたばかりの赤ちゃんであっても原則として含まれる。

    しかし、それは「人」であることが大前提で、「フェイク赤ちゃん」のような人形が一人としてカウントされることはない。

    人形を「人」だと偽り、店側を錯誤に陥らせて商品などを交付させる行為は、たとえ商品相当の対価を支払っていても「詐欺罪」に当たり得る。「2人分のお金払っているのだから、相手に金銭的な損害がない」は通用しないことを肝に銘じるべきだろう。

    ディズニー新商品、購入制限に「フェイク赤ちゃん」で対抗?…「転売ヤーの仕業」と話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ディズニーパーク > 東京ディズニーリゾート > 東京ディズニーシー > ダッフィー ダッフィー (Duffy) は、くまのぬいぐるみをモチーフにしたディズニーキャラクターである。ダッフィーという名称設定およびその背景ストーリーの制作は、日本の株式会社オリエンタルランドと協力のもと、米国のウォルト・
    65キロバイト (7,897 語) - 2022年2月2日 (水) 19:09


    (筆者コメント)
    また転売のお話し!夢の国ディズニーリゾートでも転売を目論むとかどこまで腐って来ているんだ?転売ヤーってどういう感情でそんなことやってんの?

    <このニュースへのネットの反応>

    【【また転売】東京ディズニーシーで新商品ダッフィー『フェイク赤ちゃん』を複数購入している人が増加!】の続きを読む



    ディズニーリゾート、時給がほぼ最低賃金だった悲しい事実!100円アップ決まる・・・



    オリエンタルランドは3月18日、準社員の基本時給改定について発表しました。ディズニーリゾートで働く準社員、いわゆるアルバイトの時給が発表されたことで、今まで1,000円という低い時給で働いていたことに驚いている様子が、ネット上からうかがえました。また、100円アップしたとしても、ほぼ最低賃金となっており安すぎるとネット上で話題となっていました。

    オリエンタルランド、準社員の時給100円アップを発表

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    オリエンタルランドは、東京ディズニーランド東京ディズニーシーで働く準社員の基本時給を一律100円アップすることを発表しました。

    このほど、ゲストへのご案内業務等、キャストに求められる基本的な業務については所属を超えて行えるようにするなどし、これまで以上にパーク全体で連携してゲストサービスを行えるようにします。また、これに合わせて、4 月から準社員の基本時給を一律 100 円引き上げ、1,100円~1,450円といたします。

    sourceオリエンタルランド

    ほぼ最低賃金、バイトの時給が安すぎると話題に

    東京ディズニーリゾートに訪れたゲストは、キャストの素晴らしいおもてなしを受けていることと思います。

    ミッキーミニーちゃんに会いに行くのはもちろん、キャストのおもてなしを受けるのも嬉しいので、リピート来園するという方も多いことでしょう。

    そんな素晴らしいキャスト達の最低賃金が、今まで1,000円だったという驚いている方が多いことがネット上から伺えました。

    また、100円アップしたとしても1,100円ということで、「賃上げしても業務量に対して賃金低い!」「100円じゃ大して変わらないし、それでも安く感じるよな。」「ディズニーの時給が思ったより低くてびっくりした。値上げして1100円~だって。」「あんな入場料取って、これっぽっち?」と、驚きの声がみられたのです。

    千葉県の最低賃金は、令和3年10月1日から953円に改正されていることから、100円アップしたとしても、あの業務をこなしながらのほぼ最低賃金は、安いのではないかというコメントも。

    その一方で、「100円アップするだけでもモチベ違うし、とても素敵な事だと思う!」「これはキャストにとっては嬉しいことだ。」「100円上がるのはいいことやな!」「時給アップはゲストとして、とても嬉しいので良かった。」と、ぎゃすとの時給があがることは喜ばしいことだという意見も見られます。

    ディズニーでは『複数日来園パスポート』も発売されるなど、様々な改革が行われていることが伺えます。

    source東京ディズニーリゾート



    画像が見られない場合はこちら
    オリエンタルランド、ディズニーの時給を100円アップ。ほぼ最低賃金で低すぎると話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    東京ディズニーリゾート > 東京ディズニーランド 東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland、略称: TDL)は、千葉県浦安市にある東京ディズニーリゾート内のテーマパーク。 アメリカ以外で建設された最初のディズニー・パークで、1983年4月15日にオープンした。オリエンタルランドが所有
    131キロバイト (15,333 語) - 2022年3月9日 (水) 11:56


    筆者コメント
    まさか・・・
    ディズニーリゾートってそんなに安かったんですね?千葉の最低賃金は他の県に比べると高い方ですが、それでも時給1,000円ほどであれだけのパフォーマンスをして下さってたなんて素晴らしいですね。笑顔の裏には悲しい事実が・・・

    ブラックではないのでしょうが、どこの企業も人件費に困っているんですね?



    ちなみに私が行っていたある企業の店舗、百円ショップ○○では常に時給最低賃金でした。
    そして、その割に合わない仕事量に悩まされました。

    品出しやレジ、掃除だけかと思って入ると
    発注、荷受け、売り場作り替え、電話対応、クレーム処理、別注対応、売上金処理(精算)などアルバイトの仕事量を大きく超えていました。本来ならば閉店後の売上金回収なんてアルバイトのやる仕事じゃないですよ?

    まぁ社員を雇うとなると人件費もかかるので「アルバイトにやらせとけ」っていうブラック企業ならではの考えなんでしょうね?

    どこの企業とは言いません。
    察して頂いて、グッズが好きで働きたいという理由じゃないならば働くのはやめておいた方が良いでしょうね。

    実際にその企業はかなり離職率が高く、従業員満足度は最悪だそうです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ディズニーリゾート、時給がほぼ最低賃金だった悲しい事実!100円アップ決まる・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ