アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    カテゴリ:漫画・アニメ > アメコミ


    ドラマ『ムーンナイト』のMCUへの繋がり!マーベルドラマは全てディズニープラスに?


    【ネタバレあり】「ムーンナイト」第3話:舞台はエジプトへ MCUとのつながりも!?
    …《text:キャサリン/Catherine》 遂に物語も折り返しを迎える「ムーンナイト」第3話は、MCUとのつながりもチラ見せしつつ、新たな能力も登場し物語は急展開へ。
    (出典:cinemacafe.net)


    マーク・スペクター / スティーヴン・グラント / ムーンナイト / Mr.ナイト(英語版) 演 - オスカー・アイザック、日本語吹替 - 関智一 解離性同一性障害(DID)を患う元傭兵。エジプトの月の神コンスと契約を結びムーンナイトとなる。臆病なスティーヴンにマークは様々な助言を与える。 レイラ
    7キロバイト (578 語) - 2022年4月15日 (金) 12:11


    (筆者コメント)
    ディズニープラス限定マーベルドラマ、『ムーンナイト』は皆さんご覧になっているでしょうか?
    MCU作品でディズニープラスでしか観れないものがかなり増えて来ました。
    これら全て今後、繋がってくるみたいですが正直、現時点で『ムーンナイト』がどのように関わってくるか全く分かりません。
    古代エジプトの文化に関わる内容ですが、解説動画などを観てやっと理解できる難しさなので、原作でこのヒーローを知らない者には厳しいですねww
    マーベル作品は好きですが、『ムーンナイト』はゲームでしか見たことないので今後、どう言った展開になっていくのか楽しみです。

    あと、これまでNETFLIXで配信されていた『デアデビル』『パニッシャー』などのマーベルドラマのキャラクターも今後MCUシリーズに出た来るみたいです。
    実は今、NETFLIXではマーベルドラマは観れなくなっており、調べたらディズニープラスにお引越しするようです。
    つまりMCU関連のドラマや映画がまとめてディズニープラスで観れるのです。
    これはありがたいですね。

    実際に『スパイダーマン ノー ウェイ ホーム』ではピーター・パーカーの弁護士としてマードック(デアデビル)が出演されてましたね。これは今後スパイダーマンとデアデビルが関わってくるという伏線なのでしょうね。

    今後の展開が楽しみです。


    「デアデビル」ドラマ版のディズニープラス移籍

    【ドラマ『ムーンナイト』のMCUへの繋がり!マーベルドラマは全てディズニープラスに?】の続きを読む


    アップルTVで『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』配信開始!そこにはデアデビルが!ヴェノムが!


    最も注目すべきはこれ!2022年アカデミー賞美術賞にノミネートされた5作品
    …レンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン』、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、『ゴーストバスターズ/アフターライフ』、『…
    (出典:ELLE DIGITAL)


    スパイダーマンノー・ウェイ・ホーム』(原題: Spider-Man: No Way Home)は、マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ワッツ、脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ(英語版)、出
    45キロバイト (5,409 語) - 2022年3月21日 (月) 10:10


    アップルTVで早くも『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』が配信開始されました。

    もう皆さんご存じの通り、今作では過去作のスパイダーマンとヴィランも登場します。

    しかし、この記事で私がお伝えしたいのはそこではありません!

    今回の映画に今後スパーダーマンと深く関わるであろうキャラクターが出ていたのでご紹介します。

    ピーターの弁護士として登場していた盲目のマット・マードック弁護士!

    彼の裏の顔は『デアデビル』という法律で裁けなかった者を力尽くで裁く闇のヒーロー

    デアデビル
    出典 TVGroove.com

    『デアデビル』もマーベルの人気ヒーローでNetflixでドラマとして配信されていました。

    チャーリー・コックス
    出典 TVGroove.com

    『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』では同じ俳優チャーリー・コックス氏が登場していたことから今後、MCUシリーズに出て来る可能性があります。

    ディズニープラス配信中の『ホークアイ』には、デアデビルの宿敵である『キングピン』もドラマと同じ俳優で登場していたことから

    もしかしたら新アベンジャーズに『デアデビル』が加わるかも知れませんね。


    そして、『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』のエンディング後のシーンで、

    ヴェノム
    出典 (sonypictures.jp)

    映画『ヴェノム』のエディ・ブロック(トム・ハーディ)がトムホスパイディの世界に紛れ込んでいたことが分かりました。

    エディ自体は元の世界に戻されてしまいましたが、ヴェノムのカケラがトムホスパイディの世界に取り残されていたので、いずれスパイダーマンvsヴェノムが観れるかも知れません!

    今回の話が次の映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』に繋がっているので、早めに見ることをおススメします!

    『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日から公開です。 【アップルTVで『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』配信開始!そこにはデアデビルが!ヴェノムが!】の続きを読む



    過去1番の作品と言われて大好評『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』北米興行収入が歴代8位に!まだ伸びるゾ~


    歴代「スパイダーマン」シリーズに登場したヴィランらが一堂に会す、 新作映画『スパイダーマン・ノー・ウェイ・ホーム』
    …それにエレクトロと歴代のスパイダーマン(そしてピーター・パーカー)を苦しめたヴィラン(敵)たちが勢ぞろい。そこでスパイダーマンとドクター・ストレンジは…
    (出典:MEN’S CLUB)


    スパイダーマンノーウェイホーム』(原題: Spider-Man: No Way Home)は、マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ワッツ、脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ(英語版)、出
    33キロバイト (2,079 語) - 2022年1月8日 (土) 13:45



    2021年から2022年にかけて年を跨ぐようなかたちとなった先週末(12月31日から1月2日)の北米興収ランキングは、公開から3週目を迎えてもなおその勢いが衰えない『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(日本公開中)が危なげなくV3を達成。1月中は強力な大作映画の公開もほとんどないだけに、しばらくは同作の盛況ぶりを追うことになりそうだ。

    【写真を見る】いよいよ発表のゴールデン・グローブ賞!『DUNE/デューン』など有力作は興行も好調に

    週末3日間の興行収入は前週比33.7%減の5602万ドル。1月1日のニューイヤーズデーの売り上げは2311万ドルであり、これは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)と『アバター』(09)に次ぐ歴代3位の好記録。また北米累計興収はすでに6億ドルを突破しており、週末時点で北米歴代10位にランクイン。さらに火曜日の段階で『アベンジャーズ』(12)を上回り8位へとジャンプアップを遂げた。

    現在の北米歴代第7位の『ジュラシック・ワールド』(15)と、同じく6位の『タイタニック』(97)までは、あと3000万ドルほど。次週末ないしは近日中に両者を超えることはほぼ間違いないだろう。6億7800万ドルを売り上げた同5位の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)や、7億ドルを売り上げた同4位の『ブラックパンサー』(18)といったMCUを代表するメガヒットタイトルを超えるのかどうかに期待しつつ、いよいよ公開を迎えた日本でのヒットも願いたいところ。

    そんな“スパイダーマン旋風”まっただなかではあるが、前週のクリスマス週末から年越し週末となったこともあってか、ファミリー向け映画が驚異的な粘り腰を見せている。前週2位スタートを切った『SING/シング:ネクストステージ』(3月18日日本公開)は、前週比わずか9.7%ダウンの興収2016万ドルを記録し、1億ドルの大台突破も目前。また『ゴーストバスターズ アフターライフ』(2月4日日本公開)も上映館数を減らしながらも前週比20%アップの興収でベストテンに返り咲いた。

    そして、現地時間1月9日(日)に発表されるゴールデン・グローブ賞に向けてか、賞レースを賑わせている有力作も堅調な興行を持続。『DUNE/デューン 砂の惑星』(21)や『ベルファスト』(3月日本公開)、『ドリームプラン』(2月23日日本公開)といずれも前週比10%アップの興収を叩きだし、日本から賞レース参戦をねらう『ドライブ・マイ・カー』(21)も前週比21%アップ。

    賞レースの本格化と“スパイダーマン旋風”によって、ここ2年でもっとも明るくなりかけている北米の映画興行ではあるが、アメリカ国内ではつい先日、新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を記録。国内情勢がどういった影響を及ぼすのか。2022年もまだまだ注視していく必要がありそうだ。

    文/久保田 和馬


    『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が元日興収歴代3位の好成績を記録!/写真:EVERETT/アフロ

    (出典 news.nicovideo.jp)


    筆者コメント
    アメリカでは一足先に公開されていた『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』興行収入の勢いがおさまりません。これはまた飛んでもない記録を残しそうですね。

    【過去1番の作品と言われて大好評『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』北米興行収入が歴代8位に!まだ伸びるゾ~】の続きを読む



    【スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム】旧スパイダーマンとの繋げ方が素晴らしいと好評!


    スパイダーマンノーウェイホーム』(原題: Spider-Man: No Way Home)は、マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。監督はジョン・ワッツ、脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ(英語版)、出
    33キロバイト (2,079 語) - 2022年1月8日 (土) 13:45



    「ライミはホラー出身の僕に道を示してくれたんだよ」

    アルフレッド・モリーナ演じるドクター・オクトパスがピーター・パーカー(トム・ホランド)の前に立ちはだかったとき、自分は過去にジョン・ワッツ監督に取材したさいのコメントを思い出し、こみ上げてくる感情が外へと漏れ落ちそうになった。ソニーピクチャーズがわずか20年間に2度も上書きしてきたスパイダーマンの世界。その下地にあるサム・ライミ監督の手がけた旧三部作(02?07)の要素が、歯車のひとつとして激しく物語を動かしていたからだ。

    MCUスパイディのソロ3本目となる今回は、マルチバース(多元宇宙)という設定を活かし、ライミ版三部作、ならびにアメイジング二部作(12?14)のスーパーヴィランたちが次元の異なる本作に登場となった。奇異極まるこの概念をアニメ「スパイダーマン:スパイダーバース」(18)で布石とし、ディズニーMCUからドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)を招き入れることで、違う空間が交わる機構を魔法で正当化させている。そしてそれぞれの世界で闇に堕ち、身を滅ぼしたヴィラン軍団を、自らのもとでは救済しようと試みるのだ。

    だが、この騒々しく場当たり的に思えた展開が、ピーターの正義行動への信念に残酷な形で試練を課していく。それが「スパイダーマン:ホームカミング」(17)から始まったMCUスパイディに万感胸に迫るほどの区切りを与え、延いてはスパイダーマンという存在そのものを総括するという、とてつもないスケールを同作にもたらす。また同時に、過去の三部作、二部作が抱えていた各々のジレンマにも良質な回答を与えていくのだ。結果として映画は「大いなる力には、大いなる責任がともなう」というタイトルキャラクターに通底する教訓を、より強固なものとして定義づけるのである。

    かつて「クラウン」(14)や「COP CAR コップ・カー」(15)を発表し、恐怖ジャンルを主戦場にしてきたワッツ監督いわく、「死霊のはらわた」(81)からスーパーヒーロー映画への階段を駆け上がってきたライミこそが、自身にとって永遠のヒーローだと賞賛を惜しまない。これまでのスパイダーマンが今日のための捨て石ではなく、レガシーとして威光を放つ存在であることを立証した今作は、まさに彼の言葉を体現している。スパイディの「親愛なる隣人」像は、こうした多様性をもって広く波及していることを大いに実感するのだ。

    (尾崎一男)

    「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」 (C)2021 CTMG. (C) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

    (出典 news.nicovideo.jp)


    筆者コメント
    トビースパイディ、アンドリュースパイディの敵として出て来たヴィランがトムスパイディと対決!昔からスパイダーマンファンでしたが、こんな素晴らしいコラボがあるとは!!
    皆さんもぜひご覧下さい!!

    【【スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム】旧スパイダーマンとの繋げ方が素晴らしいと好評!】の続きを読む



    『フォートナイト』に「スパイダーマン」が参戦!ナルトとのコラボが楽しみ過ぎる!!


    スパイダーマンが登場!『フォートナイト』チャプター3 シーズン1が開幕

    …2021年12月6日、Epic Gamesが運営するバトルロイヤルゲーム『Fortnite』(フォートナイト)にてアップデートを実施。チャプター3 シーズン1「フリッ…
    (出典:アスキー)


    フォートナイト』(Fortnite) は、Epic Gamesが販売・配信する、2017年に公開されたオンラインゲーム。クラフト要素のあるサードパーソン・シューティングゲーム(TPS)であり、PvEアクションやバトルロイヤル、サンドボックスといった異なるゲームジャンルのゲームモードを提供している
    87キロバイト (7,407 語) - 2021年12月5日 (日) 13:19




    筆者コメント
    最近追加キャラが多くなってきているフォートナイト!今回はスパイダーマンです!スパイダーマンってありそうでなかったんですね?ずっと前からあると思っていました!

    スパイダーマンとナルトのコラボなんかも楽しみですね! 

    【『フォートナイト』に「スパイダーマン」が参戦!ナルトとのコラボが楽しみ過ぎる!!】の続きを読む

    このページのトップヘ