アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログのぬしラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。

気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    タグ:セガ


    キムタク如くこと『ロストジャッジメント』がヤバいほど面白いとある漫画家が語りまくる!

     漫画家のサダタローさんが、思わずSNSでシェアしたくなる話題を漫画で紹介する連載「サダタローのシェアさせていただきますR」。ゲーム好きなサダタローさんには新作が出たら必ず買う大好きなシリーズがあります。

    【その他の画像】

     それはセガの「龍が如く」シリーズ。2005年の第1作発売から16年でナンバリングの7作に加えてスピンオフなど数多くの作品が登場し、累計販売本数は1700万本を超える人気シリーズです。その最新作「LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶」(PS4PS5Xbox Series X|S、Xbox One)が9月下旬に発売されました。

     ロストジャッジメントは、元SMAP木村拓哉さんが3D CGになって登場し、話題になったスピンオフ作品「ジャッジアイズ」の第2弾。ネット上では「キムタクが如く2」とも呼ばれていますが、決してタレントの知名度に頼った作品ではありません。

     案の定、仕事をサボってあっという間にクリアしたサダタローさん。「メチャクチャ面白かった!」とその魅力を熱く語り出しました。

     サダタローさんによると前作のジャッジアイズはストーリーの評価が高かった一方、ゲーム部分ではバトルシステムミニゲームに関して不満を持つ人も少なくなかったそうです。中でも「サムターン回し」が苦手だったとか。

     サムターン回しはゲームに登場する「調査アクション」の1つで、左右スティック操作でドアや金庫の鍵を開けるというもの。単純操作の割にかなり面倒だったようで、確かにネットで検索すると「難し過ぎる、詰んだ」「イライラする」などプレイヤーの悲鳴にも似た愚痴が続々と出てきます。

     しかしロストジャッジメントではサムターン回しがなくなった他、面倒な尾行システムなどサダタローさんが前作で不満に思っていた点が、ことごとく解消されていたそう。開発チームはユーザーの声に耳を傾けていたのでしょう。

     少し無理があっても力業(ちからわざ)で解決してしまう往年の少年まんがのような展開もサダタローさんのお気に入りポイント。伏線が張り巡らされ、二転三転する重厚で熱いストーリー、そして物語に引き込む演出など「ゲーム世界への没入感」も大きな魅力でした。

     一方、今回はサダタローさんを意気消沈させる事件が起こりました。それはゲーム発売前のこと。YouTubeにアップされていたネタバレ動画にうっかり引っかかってしまったのです。

     一部YouTuberのモラルのない行為にひどく落ち込んだサダタローさん。今後、好きなゲームの発売前はYouTubeを開かないことにしたようです。ネタバレ、ダメ、ゼッタイ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』(ロストジャッジメント:さばかれざるきおく、英題:Lost Judgment)は、セガより2021年9月24日に発売のゲームソフト。 2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編にあたる。 リマスター等を除けば、龍が如くスタジオでは初の世界同時発売タイトルとなる。
    49キロバイト (8,432 語) - 2021年11月7日 (日) 06:07


    筆者コメント
    私も『龍が如く』発売当初から龍が如くシリーズの大ファンです。正直、キムタク如くの発売前は役者に頼ったよくあるゲームだと思っていました。しかし、ストーリーも機能性もグラフィックも日本のゲームを代表するほど素晴らしい物でした。これは今後も続編を楽しみにしたいですね。
    これは本音ですが、キムタクってこのゲームの一作目がヒットしたから再ブレイクしている気がする・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【キムタク如くこと『ロストジャッジメント』がヤバいほど面白いとある漫画家が語りまくる!】の続きを読む


    初心者向け『龍が如く』はどれがおススメ!当たりとハズレ!

    龍が如く > 龍が如くシリーズの登場人物 龍が如くシリーズの登場人物(りゅうごとくシリーズのとうじょうじんぶつ)では、セガゲームス(2015年3月まではセガ)のアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターについて解説する。 シリーズ第1作『龍が如く』は『1』と表記する。なお、『龍が如く
    538キロバイト (101,316 語) - 2021年6月2日 (水) 04:43



    (出典 img.aucfree.com)


    筆者コメント
    私が大好きな龍が如くシリーズにもやはり当たりとハズレはあります。個人的に一番面白買ったのは『龍が如く見参!』です。しかしこれはPS3版しかないのでPS4しか持ってない人は遊べません。なので別のをおススメしますと・・一番人気は『龍が如く0』ですかね。登場人物の個性が強いし、ストーリーしっかりしていて何度でも楽しめる内容になっています。主人公、桐生一馬と真島吾朗の過去編で、彼らが大物になる切っ掛けみたいなのを知れるゲーム内容なので発売当時ファンである私は飛び上がって喜びました。マジでおすすめです。ぜひやってみて下さい。


    関連記事

    【アンケート】セガ 『龍が如くシリーズ』人気ゲームランキング!TOP14

    『龍が如く』必要なかったゴミ設定まとめ!

    【龍が如くONLINE】でしか知れない物語がある!龍が如くファン必見!『郷田龍司のその後』や『シリーズこれまでのストーリー』をまとめてプレイできるからお得!

    セガゲーム『龍が如く見参!』は良ゲー?クソゲー?



    【初心者向け『龍が如く』はどれがおススメ!当たりとハズレ!】の続きを読む


    【アンケート】40代、50代 必見!「セガがリリースした体感ゲーム」人気ランキング

    セガサミーホールディングス > セガ 株式会社セガ(英: SEGA Corporation)は、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、アーケードゲームの開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業。 セガを始めとしたグループ企業のコーポレートアイデンティティ(CI)は、Amazing SEGA。
    106キロバイト (12,700 語) - 2021年5月30日 (日) 14:49



    (出典 kopenguin.com)


    筆者コメント
    当時体感ゲームというのがすごくはやり、体を動かすゲームにみな夢中になりました。そんな商品を多くリリースしていたのがセガです。今回はそのセガが出した体感ゲームの人気ランキングをまとめてみました。あなたが知っている体感ゲームは見つかるかな?


    関連記事

    PCエンジン と メガドライブ どちらの性能が上?【徹底検証】


    【アンケート】初めての入手した「ゲーム機」は何?ランキング 1位はあれだった!

    『ゲームキューブの形がたまらねぇ』ファンが語るGCのここが良い!

    【懐かしのゲーム】任天堂64は名作ばかりだった!



    1 名無しさん必死だな :2021/05/31(月) 08:24:55.88

     80年代後半から90年代にかけて、アーケードでは「体感ゲーム」と呼ばれるゲームジャンルがブームに。この体感ゲームとは、ゲームセンターなどに設置された大型筐体を採用。普通のアーケードゲームのようなスティックとボタンによる操作ではなく、独特の形状をした操作系統を用い、プレイヤーが体を使ってコントロールするものもあった。

     同ジャンルには車のレースゲームや飛行機のフライトシミュレーターなどを始め、各ゲームメーカーが趣向を凝らしたタイトルをリリース。まるで最新鋭の遊園地のアトラクションのような、大型筐体が演出するリアルな挙動とプレイ感覚が楽しめるのが醍醐味だった。

     そんな体感ゲームにて衝撃的なヒット作を続々と生み出したのがセガで、当時の体感ゲームブームを牽引したゲームメーカーと言っても過言ではない。そこで今回は「セガがリリースした体感ゲーム」の中で、一番ハマったタイトルをリサーチ。40代から50代の男性200名を対象にアンケート調査を行った。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

    第3位『ハングオン』
    第2位『スペースハリアー』
    第1位『アフターバーナー』


    【【アンケート】40代、50代 必見!「セガがリリースした体感ゲーム」人気ランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ