アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

ようこそ!このブログの主であるラヴァロンです!

20年以上『ONE PIECE』大好き人間やってます。
主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿していきます。
他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーローなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。最新情報をお届け致します。
気軽にコメントして下さい。お待ちしております!

    タグ:真田広之


    残虐なゲームで知られる「モータルコンバット」の最新グッズが超キュートで笑えるww

    話題の映画や映像作品から思わず欲しくなるフィギュアをご紹介。今回は、6月18日から実写映画が公開となったばかりの、格闘ゲームの金字塔シリーズモータルコンバット」のアイテムチェックしていきたい。

    【写真を見る】残虐さはゼロ?「モータルコンバット」の人気キャラが(「Qフィグ/ モータルコンバット: スコーピオン PVCフィギュア」)

    フェイタリティ”と呼ばれる残虐な描写で知られている「モータルコンバットシリーズだが、今回紹介するアイテムは、キャラクターたちをキュートデフォルメしたもの。映画やドラマアニメにまつわる国内外のフィギュアを幅広く取り扱っている豆魚雷で販売されているクアンタムメカニクス QMx社の「Qフィグ」というシリーズアイテムだ。

    「Qフィグ/ モータルコンバット: サブゼロ PVCフィギュア」は、映画でも重要な役どころで登場する残酷かつ無慈悲氷の魔術師のサブ・ゼロを、手のひらに乗せられるサイズ感で立体化したアイテム。顔は白目を向いており、どこか不穏な雰囲気が漂っている。

    凍気から繰りだすフリーズショットを放つ瞬間を切り取ったアイテムであり、デフォルメされていながらも、ポージングからは勇ましさや躍動感が感じられる仕上がりとなっている。ベースには、操る氷のエフェクトパーツが随所に配置されており、フィギュアに臨場感をプラスしている。

    「Qフィグ/ モータルコンバット: スコーピオン PVCフィギュア」は、前述のサブ・ゼロに一族郎党もろとも抹殺された因縁の相手であり、冥府より蘇った忍者のスコーピオンフィギュアにしたアイテム。ちなみに今回の映画版では、真田広之スコーピオンを演じている。

    ファンにとっては「モータルコンバット」を代表する存在である、スコーピオンがくないを放つポーズを造形。体や腕のひねり加減をコスチュームのシワや筋肉の隆起などで表現しており、デフォルメフィギュアにもかかわらず細かな点にまで気が使われていることが一目瞭然だ。また、ベースには炎が燃え盛るエフェクトが加えられており、雰囲気のあるフィギュアとなっている。

    モータルコンバット」を代表する人気キャラをかわいらしくも、しっかりと作品の空気感を残して立体化したこれらのアイテム。作品のファンだが、「あまり残虐すぎるアイテムは…」という人にこそオススメしたい。

    文/サンクレイオ翼


    残虐描写が売りの「モータルコンバット」のフィギュアをチェック!(「Qフィグ/ モータルコンバット: スコーピオン PVCフィギュア」)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    モータルコンバット』(原題:Mortal Kombat)は、1995年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。 ミッドウェイゲームズが開発・発売した対戦型格闘ゲーム「モータルコンバット」を映画化した格闘技アクション映画。ストーリーは1と2がベースとなっており、キャラクターは1から3までのものが登場
    9キロバイト (598 語) - 2021年4月13日 (火) 00:42


    筆者コメント
    あの残忍な映画というかキャラが可愛くなってるって良いよね。集めようかな。


    関連記事







    <このニュースへのネットの反応>

    【残虐なゲームで知られる「モータルコンバット」の最新グッズが超キュートで笑えるww】の続きを読む


    ハリウッドで絶賛「モータルコンバット」実写映画 真田広之のアクションにアッパレ!

    世界的人気を誇る対戦型格闘ゲームを、「アクアマン」「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワンの製作で、映画、テレビ、格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャスト陣で新たに実写映画化した「モータルコンバット」。ハサシ・ハンゾウ/スコーピオンを演じた真田広之が、刀と苦無(くない)、体術を駆使して血しぶきを立てながら敵と対峙する冒頭映像が公開された。

    世界で最も売れた格闘ゲームの一つであるが、その残虐描写から日本では現在未発売となっているシリーズ。映画は、唯一無二のデスバトルアクション作品として物語が紡がれる。監督はこれまでにサムスン、日産、Netflixなど世界的有名企業の広告などを手掛け、本作で長編映画監督デビューを飾るてサイモン・マッコイド。地球上の選ばれし戦士たちと魔界最強の刺客たちによる壮絶なアクションシーンもさることながら、劇中登場するキャラクターたちが禁断の死闘“モータルコンバット”に挑むまでのバックグラウンドも描いており、ヒューマンドラマとしても楽しめる。

    今回公開された冒頭映像には、ハサシ・ハンゾウが白井流の忍者として闘いの中に身を置きながらも、妻のハルミ(篠原ゆき子)、子どもたちと過ごすシーンや、宿敵のビ・ハン(ジョー・タスリム)からの襲撃を受けて最愛の家族を奪った敵と対峙する圧巻のアクションシーンが収められている。ハンゾウの怒りと憎しみの感情が伝わってくるような映像だ。

    真田は「アクションだけがショータイムのように先行してもいけないし、物足りなくてもいけないので、しっかりと、なぜ今このキャラクターは戦っているのか、戦っている時に何を考えているのか、その振り付けの一手一手に感情のサブタイトルが見えるような、そういうシーンにしたいね。という話を(監督と)していたので、それを確実に観客に届けたい」と役作りについて語り、さらに「主にアクションへの期待が大きい作品だと思うので、期待に応えながらも、しっかりとドラマやキャラクターに感情を刷り込んでいく、アクションに流されず、ドラマに溺れず、バランスをとるのが、一番の挑戦でしたね」と撮影を振り返る。

    マッコイド監督も「映画の最初で、素晴らしいエモーショナルな演技を与えくれる役者がいることは、僕にとってとても重要だった。本当に彼(真田さん)は素晴らしい役者だ。彼は、僕が見たことのないやり方で刀を使うことが出来る。彼の刀の使い方は見事だよ。そして、彼は素晴らしいファイターでもある。彼にはとても多くの経験があって、とても運動能力に長けている。そして、彼はとても謙虚だ。彼のことは大好きだよ」と真田の演技を絶賛している。

    モータルコンバット」は、6月18日全国公開。R15+指定。

    ハサシ・ハンゾウ/スコーピオンを演じた真田広之 (C)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


    (出典 news.nicovideo.jp)

    モータルコンバット』(原題:Mortal Kombat)は、1995年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。 ミッドウェイゲームズが開発・発売した対戦型格闘ゲーム「モータルコンバット」を映画化した格闘技アクション映画。ストーリーは1と2がベースとなっており、キャラクターは1から3までのものが登場
    9キロバイト (598 語) - 2021年4月13日 (火) 00:42


    筆者コメント
    私、大好きなんですよ。真田広之さん。日本人のアクション俳優と言えば真田広之でしょ。アベンジャーズで適役としても出ていましてね?そんな真田広之のアクションが海外で評価されている。


    関連記事

    格闘ゲーム「モータルコンバット」が実写映画化!俳優 真田広之のアクションがかっこよすぎる!【動画あり】

    レベル上げ系ゲームってスキルが面倒くさい!普通にストーリー見れたら良くね? 

    映画『シンエヴァンゲリオン』何回でも観れる!限定の ”薄い本” に新情報!



    <このニュースへのネットの反応>

    【ハリウッドで絶賛「モータルコンバット」実写映画 真田広之のアクションにアッパレ!】の続きを読む


    格闘ゲーム「モータルコンバット」が実写映画化!俳優 真田広之のアクションがかっこよすぎる!【動画あり】


    モータルコンバット』(原題:Mortal Kombat)は、1995年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。 ミッドウェイゲームズが開発・発売した対戦型格闘ゲーム「モータルコンバット」を映画化した格闘技アクション映画。ストーリーは1と2がベースとなっており、キャラクターは1から3までのものが登場
    9キロバイト (598 語) - 2021年4月13日 (火) 00:42


    筆者コメント
    残虐さを理由に現在、日本未発売となった格闘ゲーム「モータルコンバット」がなんと実写映画化!ハリウッドで活躍する日本の俳優 真田広之が出演!アクションがかっこ良すぎた!『アベンジャーズ』や『ウルヴァリン』にも一部適役としても出演している真田広之さん刀を振るアクションシーンには必ずと言っていいほどこの方が採用されている。日本人アクション俳優といえば、私はこの人しか出てこない!『モータルコンバット』必ず観たい。



    世界で最も売れた格闘ゲームの一つと言われる「モータルコンバット」が、映画として2021年6月18日(金)より日本で公開される。

    【大きな画像をもっと見る】

    激しすぎるバトルと相手にトドメを刺すシリーズ定番描写である“フェイタリティ”の残虐さを理由に、日本では現在未発売となっているゲームシリーズモータルコンバット」が、唯一無二のデスバトルアクション映画としてついに日本上陸!


    本作には、映画、テレビ格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャスト達が集結している。日本注目の強力キャストとして、「ラストサムライ」以降数々のハリウッド作品に出演し続ける真田広之さんが、超重要キャラクター<スコーピオン>として出演。さらにマーベル作品を始め、「ミッドウェイ」などハリウッド大作への作品が続く浅野忠信さんが、地球上の戦士たちの指南役<ライデン>を演じる。


    スタッフ陣にも一流のスタッフたちが揃っており、これまでにサムスン、日産、Netflixなど世界的有名企業の広告などを手掛けてきたサイモン・マッコイド監督が本作で長編映画監督デビューを飾る。
    そして、「アクアマン」('18)や「ワイルド・スピード SKY MISSION」('15)といったアクション大作で監督を務め、ハリウッドにおいて最もクリエイティブなフィルムメーカーのひとりと注目されているジェームズ・ワン氏が製作に参加。本作のスタイリッシュアクションと、“フェイタリティ”の残虐描写の究極の融合にその手腕を振るっている。


    この度、禁断の死闘“モータルコンバット”の中でも、最もアツくなるベストバウトと呼ぶに相応しい【スコーピオンVSサブ・ゼロ】の激しいアクションシーンを収めた特別映像が解禁された。


    太古より開催されてきた世界の命運を懸けた禁断の死闘“モータルコンバット”。この壮絶なトーナメントで地球上の選ばれし戦士たちと魔界最強の刺客たちが見せる闘いの中で最もアツく、手に汗握る激しいバトルを繰り広げているのが【スコーピオンVSサブ・ゼロ】だ。

     

    ■特別映像(スコーピオンVSサブ・ゼロ編)


    この因縁の敵同士である二人に対しては、SNS上でも「真田広之さん演じるスコーピオンやサブ・ゼロ、「フェイタリティ」の再現度合いが楽しみです!」、「予告映像のサブ・ゼロVSスコーピオン良さげ。期待が深まる!」と公開前から早くも注目が集まっている。

    今回解禁となった映像では、氷の力を操る魔界最強の戦士“サブ・ゼロ(ジョー・タスリム)”と激しく火花を散らしている “スコーピオン(真田広之)”の鬼気迫る姿が映し出されており、人間界の戦士たちと魔界最強の刺客たちの、想像を超えた死闘を予感させている。


    そんな迫力あるアクションシーンを作り上げたチームを率いたのが、スタントコーディネーターのカイル・ガーディナー氏と格闘シーン振付師のチャン・グリフィン氏。ガーディナー氏は「アクション映画の伝説的存在である真田広之と一緒に仕事ができたことは夢のようであり、真田について究極のプロフェッショナルだと感じた」と真田さんとの仕事に喜びを語り、「ジョー・タスリムのスピード感と激しい動きは見ていて楽しかったよ。彼はこの映画の中で最も邪悪なサイコパスを演じた」とサブ・ゼロという最強最悪の敵を演じ切ったタスリムを絶賛した。


    劇中では解禁となったシーンだけではなく、観客の目を釘付けにして息を呑んでしまうような緊張感と、思わず声が出てしまうような残虐描写“フェイタリティ”が溢れる映像が満載!


    映画、テレビ格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャスト達たちの凄まじいアクションと、見事なキャラクター再現度に加え、ハリウッドの精鋭たちが作り上げた圧倒的な“フェイタリティ”描写も相まって、ますます期待が高まる禁断の死闘「モータルコンバット」。ぜひ劇場で楽しもう。

    【作品情報】
    モータルコンバット(原題:Mortal Kombat)
    レイティング:R15+
    配給:ワーナー・ブラザース映画

    STORY
    胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手のコール・ヤングは自らの生い立ちを知らぬままお金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝シャン・ツンがコールを倒すために放った最強の刺客であるサブ・ゼロに命を狙われる。
    コールは家族の安全が脅かされることを恐れ、特殊部隊少佐ジャックスに言われるがまま同じく特殊部隊所属のソニア・ブレイドという女性戦士と合流し、地球の守護者であるライデンの寺院を訪れる。そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメントモータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。
    コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことが出来るのか?

    スタッフ
    製作:ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・マッコイド、E・ベネット・ウォルシュ
    監督:サイモン・マッコイド


    <出演>
    ルイス・タン、真田広之浅野忠信、ジョー・タスリム


    © 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


    >> 残虐さで日本未発売の格闘ゲーム「モータルコンバット」が映画化! 真田広之の圧巻アクション映像を公開! の元記事はこちら
    残虐さで日本未発売の格闘ゲーム「モータルコンバット」が映画化! 真田広之の圧巻アクション映像を公開!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格闘ゲーム「モータルコンバット」が実写映画化!俳優 真田広之のアクションがかっこよすぎる!【動画あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ