激かわ声優の雨宮天『ボンバーマン』のゲーム実況はヘタクソだけど声に癒され・・・

 アニメ『七つの大罪エリザベス役などで知られる人気声優・雨宮天の公式YouTubeチャンネル「雨宮天のてくてく天ちゃん」に新たな動画が19日、公開された。雨宮がゲーム『スーパーボンバーマンRオンライン』に挑戦するゲーム実況動画で、『ボンバーマン』に初挑戦している。

【動画】「嫌だ助けて!」と叫ぶ雨宮天…『ボンバーマン』初挑戦で自爆の瞬間

 動画タイトルは『【ゲーム実況】ボンバーマンに初挑戦!爆弾を置く声優。【スーパーボンバーマンRオンライン】』と、“爆弾を置く声優”とパワーワード。みんなで楽しく遊べる『ボンバーマン』だが、雨宮は「ボンバーマンやったことない。もちろん存在は知ってますけど」ときっぱり。それでも「今回ボンバーマン初めてやるけど、でも良い成績を残したい」と意気込んだ。

 キャラ選択はイメージカラーでもある「青」にちなみ「青ボン」を選択し、いざ、ゲームがスタートすると、雨宮は「えっ?この4人で?ちょちょちょ…」と大慌て。そして、記念すべき“初爆弾”の設置は、壁(ブロック)に囲まれた状態で目の前に爆弾を置いたために壁と爆弾に挟まれて逃げ場のない状態となり、「あああーああ、ひぇっ!」と自爆した。

 スタッフが笑う中、雨宮は「あ、こうやって置いて逃げるんだ」とやり方を覚えて「自分のボムでも死んじゃうのかな、この人は? そりゃ大変だね、ボンバーマンなのに、自分のボムで死んじゃうの?」と淡々と実況すると、油断したのか再び壁と爆弾に挟まれて「やだやだ、嫌だ、助けて!あう…」と絶叫し再び自爆してしまった。

 自分の一連のプレイに雨宮は「やばい、これは…見どころがないかもしれない」と苦笑いしていた。


雨宮天


(出典 news.nicovideo.jp)

雨宮 (あまみや そら、1993年8月28日 - )は、日本の女性声優、歌手。ミュージックレイン所属。愛称は(てん)ちゃん。東京都出身。身長160cm。血液型はAB型。 高校2年生の時、アニメが好きな友人から紹介されて、声優の沢城みゆきが演じるキャラクターを集めた動画を動画サイトで視聴する。いろ
213キロバイト (20,871 語) - 2021年6月17日 (木) 07:19


筆者コメント
最近の声優さんってみんなキレイですよね?昔の声優さんは立場ないじゃん。キャラのイメージ守るために顔だしNGにしてる人多いのに・・・・

<このニュースへのネットの反応>

【激かわ声優の雨宮天『ボンバーマン』のゲーム実況はヘタクソだけど声に癒され・・・】の続きを読む