アニメ・ゲーム 最速情報 ”ドンドン”

主にONE PIECEの考察や感想記事を投稿しています。

他にもゲーム、漫画、アニメ、声優、玩具、特撮ヒーロー、気になるニュースなどの記事も投稿するので興味ある方はTwitterアカウントのフォローをお願いします。

最新情報をお届け致します。

    タグ:Pokémon


    【ポケモンSV】パモットの進化はパーモットじゃない!?突然の姿に「やめろォ~来んなぁ~!」


     「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」で初登場のポケモン「パモ」を育てていたら、とんでもない進化を遂げてしまった……? 絶妙な立ち位置のおかげで偶然撮れた、奇跡の動画が笑いを呼んでいます。

    【動画】とんでもない姿に進化(?)したパーモット

     パモはレベル18で「パモット」に進化し、さらにある条件を満たしたうえでレベルアップすると「パーモット」に進化します。Twitterユーザーのりおさんの弟さんは、フィールドでのトレーナー戦に勝利したとき、ちょうどパモットが進化する瞬間を迎えました。

     ところが、バトルの起きた場所が、街道沿いでピクニックをしているおじさんの近くだったことでおかしな事態に。進化の途中に突然おじさんがフレームインして、まるでパモットがネコミミのおじさんに化けたような絵面になってしまったのでした。

     弟さんがInstagramのストーリーに上げた動画を、りおさんがTwitterで紹介したところ、「原型をとどめていない」「おやじっち?」「中の人が出てしまったみたい」と話題に。「進化のネタバレを回避しつつ、ネタになる最高の動画」と好評を博しています。

     りおさんはイベント団体「TKG紀南」に参加。和歌山県紀南地方のサブカルを盛り上げようと、ポケモンカードゲームやボードゲームの大会、プラモの展示会などを開催しています。

    動画提供:りおさん

    新ポケモンが進化するドキドキの瞬間……ですが……?
    (出典 news.nicovideo.jp)


    Switch用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター スカーレット』と『ポケットモンスター バイオレット』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の9作目。公式の略称は「ポケモンSV」。 2022年2月27日に『Pokémon Presents 2022.2…
    37キロバイト (5,155 語) - 2022年12月5日 (月) 10:04


    (筆者コメント)
    今、Twitterでも話題になっていますが、パモットの進化のタイミングで突然フレームインしてきたおじさん、パーモットおじさんが増加中とのこと!意外にこれを体験した人は多いようで、まさかのパモットの進化はパーモットかパーモットおじさんの二択というレベルで発生してるみたいです。
    こんなポケモン嫌だ~~~ww

    【【ポケモンSV】パモットの進化はパーモットじゃない!?突然の姿に「やめろォ~来んなぁ~!」】の続きを読む


    【ポケモンSV】ジムリーダー・アオキのボールの投げ方のキレイなことよ!見覚えのあるフォームに「あ、それだ!」と話題に・・・




    YouTubeで見つけたこの動画分かりやすいです↓(動画 01:36 のところ)




    Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に登場するジムリーダー・アオキ。その「モンスターボールの投げ方」に注目が集まっている。


    ■ジムリーダー・アオキ

    ポケモン

    アオキはチャンプルタウンのジムリーダーであり、専門タイプはノーマル。ポケモンリーグ営業部所属のサラリーマンとジムリーダーを兼任しており、痩せ気味なサラリーマン風で、くたびれたスーツ姿が印象的だ。

    シリーズ全体を通してノーマルタイプのジムリーダーは強キャラなのだが、アオキも例に漏れずかなり強いトレーナーとなっている。


    関連記事:『スプラ3』メインキャラに“ポケモンガチ勢”疑惑が浮上 「弱点が少なめだから…」

    ■個性が出る投球フォーム

    そんなアオキだが、戦闘時の「モンスターボールの投げ方」が話題に。ちなみに同シリーズでは、トレーナーによってモンスターボールの投げ方や細かな仕草が異なっており、かわいい系の女性キャラなら両手投げ、クール系の女性キャラなら下投げ…と1人1人こだわりが感じられる仕様となっている。

    アオキのモンスターボールの投げ方は、少し大きめにテイクバックするタイプの右投げサイドスロー。投げ終えたあとは、前のめりになり、全体的に体勢が低めとなっている。

    他にもジムリーダー・ハイダイや、スター団のリーダー・ピーニャもサイドスローなのだが、アオキの投げ方は唯一無二の投球フォームとなっていた。


    ■アオキの投げ方に既視感

    このアオキのモンスターボールの投げ方を見たファンからは「アオキの投球フォームが綺麗だなって思ったら青柳にそっくり」「アオキ、阪神の青柳晃洋の投げ方だな」といった意見が続出した。

    青柳晃洋選手とは阪神タイガースに所属している投手であり、独特なサイドスローが特徴的な選手だ。21年には、東京オリンピックの日本代表にも招集されている。


    ■過去にも激似フォームが…

    ちなみに、『Pokémon LEGENDS アルセウス』に登場したウォロのモンスターボールの投げ方が、元プロ野球選手の岩隈久志氏の投球フォームにそっくりと話題を呼んだことも。

    他にも明らかに野球選手の投げ方を取り入れた投球フォームをするキャラクターが多く存在するため、「開発陣に熱狂的なプロ野球ファンがいるのでは…?」といった声もあがっていた。

    ・合わせて読みたい→小学生の親が語る「ポケモンSV」を絶対子供にやらせるべき理由 教育にも最高

    (取材・文/Sirabee 編集部・北田力也

    『ポケモンSV』アオキの“投球フォーム”が話題に 「謎の既視感」の正体とは…
    (出典 news.nicovideo.jp)


    Switch用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター スカーレット』と『ポケットモンスター バイオレット』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の9作目。公式の略称は「ポケモンSV」。 2022年2月27日に『Pokémon Presents 2022.2…
    37キロバイト (5,155 語) - 2022年12月5日 (月) 10:04


    (筆者コメント)
    今作のポケモンはトレーナーの投球ファームにもこだわっているみたいです。確かに全員同じファームとは限らないし、制作側もそこに着目したのは面白いと思います。アオキさんに関しては「お前野球やってたんかぁ~?」っていうような綺麗なサイドスローですよね。オープンワールドを取り入れ始めていろんな変化があって面白です。今後の『ポケモン』もいろいろな変化とチェレンジをしてくるでしょうから楽しみですね。


    おすすめ記事↓
    ポケモンSV『最強リザードン』は1人で挑んでもゲットできるのか?いざ挑戦!


    【【ポケモンSV】ジムリーダー・アオキのボールの投げ方のキレイなことよ!見覚えのあるフォームに「あ、それだ!」と話題に・・・【全トレーナー動画あり】】の続きを読む


    ポケモンSV『最強リザードン』は1人で挑んでもゲットできるのか?いざ挑戦!!!!!!!!!





     『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』では、12月5日の8時59分までの期間で「最強のリザードン」が出現する★7の黒い結晶テラレイドバトルが開催されていた。

    参考:【画像】筆者が今回育成した、ニンフィアのステータス

     筆者は基本的にストーリーをマイペースに楽しむプレイヤーだが、今回は「最強のリザードンはソロでもクリアできるのか?」という好奇心のもと、挑戦してみた次第だ。ちなみに次回の「最強のリザードン」出現期間は12月16日9:00~12月19日8:59のため、次は(次も)ぜひ挑戦したい、という方の参考になれば幸いだ。

    ■「最強のリザードン」出現条件

     「最強のリザードン」は時期によって出現するポケモンが変化する、イベントテラレイドバトルで戦える。戦うには黒い結晶を調べる必要があるのだが、この結晶を出すにはいくつかの条件を満たす必要がある。

     筆者もなかなか条件を満たせず苦労したので、ひとつずつ確認していこう。

     まず、Switchをインターネットに接続して最新情報を受け取る必要がある。メニューの「ポケポータル」の「ふしぎなおくりもの」から「ポケポータルニュースを受け取る」で、最新情報を受け取っておこう。

     さらに、前提としてメインストーリーをクリアしている必要がある。そして、8人のジムリーダーと再戦して勝利しよう。ジムリーダーとの再戦は1回目と違い、各ジムにレベル差はほぼないので、戦いやすいジムから回るといい。

     その後、解放されるイベントをクリアする。そしてマップ内に表示されている★4以上のレイドバトルを10回以上クリアすると、担任の先生から電話がかかってくる。

     担任の先生からの電話で★7レイドイベントが解放され、黒いテラレイドバトルの表示がマップに登場する。メインストーリー終了後はレベル上げもかねて、サクサクと上記を進めていこう。

    ■手持ちのニンフィアを育成

     次に、バトルに挑むポケモンを準備しよう。「最強のリザードン」のテラスタイプはドラゴンのため、Twitterではタイプ相性で有利なフェアリータイプのニンフィア、マリルリなどのキーワードが賑わっていた。

     筆者は旅パーティでニンフィアを使用していたため、そのまま育成を開始。「最強のリザードン」はレベル100で登場するため、同じくレベル100にした。

     メインストーリークリア時点では70レベルだったが、クリア後のイベントやジムの再戦などを通して80レベルまで上げ、その後はエリアゼロにてレベル上げをおこなった。持ち物には、技の追加効果を受けなくなる「おんみつマント」をもたせた。

     しかし個体値や性格などをまったく気にしていなかったため、性格は「わんぱく(防御アップ、特攻ダウン)」だった。

     特攻ダウンを何とかするため、「ひかえめミント」というアイテムを使用してステータスの補正を実行。ミントはフィールドのモンスターボールから入手したり、ラッキーズというお店でも購入することが可能だ。

     技構成は「うそなき」「サイコショック」「ムーンフォース」「ドレインキッス」に決定。「ムーンフォース」を主力技として、「ひかりのかべ」を「うそなき」に変更して臨むことにした。

    ■いよいよ「最強のリザードン」へ挑む

     フィールドに出現した禍々しい黒い結晶から、レイドバトルをスタート。

     ソロのため、サポートしてくれる仲間たちが参加する。今回は、「バンバドロ」「ヘラクロス」「ノココッチ」の3匹が登場した。

     まずは「うそなき」でリザードンの特防を下げ、トレーナーの「いけいけドンドン」を発動。その後は「ムーンフォース」を打ち続けたが、リザードンの「だいもんじ」と「ぼうふう」にガリガリHPを削られ、ニンフィアがダウン。

     復活し、再度「うそなき」→「いけいけドンドン」→「ムーンフォース」「ムーンフォース」と打っていると、リザードンが防御モードに移行。しかし、その後も順調にリザードンのHPを奪っていく。

     残り時間が半分あたりになったところでニンフィアもテラスタル。

     とにかく「ムーンフォース」で攻撃を続けていくが、リザードンの技のダメージが着実に蓄積し、まさかの2回目のダウン。テラスタルも解除されてしまった。

    ■「がっちりぼうぎょ」で応戦、バトルの行方やいかに!?

     2回目のリスポーン後、リザードンの残りHPも少ないが、やはり受けるダメージは甚大、しかしこれ以上はダウンさせられない。トレーナーの補助技である「いやしのエール」を使用するか迷ったが、「がっちりぼうぎょ」を発動。防御と特防を上げて一気に守りを固めた。

     その後もめげずに「ムーンフォース」を打ち続け、リザードンの防御モードを打ち破ることに成功。同時に、リザードンのHPゲージが赤色に変化。残り時間もわずかだが、このまま倒されず攻撃を続ければ倒せそうだ!

     そして、もはや何度目か忘れそうな「ムーンフォース」にてようやく「最強のリザードン」を撃破。無事にソロで、「最強のリザードン」をゲットできた。

     報酬は、わざマシン「オーバーヒート」や「とくせいパッチ」、各種けいけんアメなどをゲットできた。

     「最強のリザードン」の性格は「ひかえめ(特攻アップ、攻撃ダウン)」。「りゅうのはどう」「だいもんじ」「ぼうふう」「きあいだま」を覚えており、とくせいは天気が晴れると特攻が上がる(ただし毎ターンHPが減る)「サンパワー」だった。

    ■次回のイベントに備えよう

     今回のイベントで登場する「最強のリザードン」は、ひとつのセーブデータにつき一匹までしか捕まえられない仕様になっているが、負けても期間中は何度も挑戦できた。今回の挑戦では、しっかり準備して対策を立てれば、ソロでも十分に攻略できることがわかった。

     ソロで攻略するときには、ドラコンテラスタルに有利なフェアリータイプなどで臨むこと、ポケモンを必ず100レベルまで育成しておくこと、さらにプレイヤーが使用できる補助効果などが重要ということも実感。さらに余裕があれば、アイテムでの補正や調整も行うことをおすすめする。マルチプレイで友達と協力すれば、より幅広い攻略方法もありそうだ。

     冒頭でも述べたが、次回の「最強のリザードン」テラレイドイベントは、12月16日9:00~12月19日8:59の期間で開催される。すでに捕まえた人はもう捕まえることはできないが、レイドバトルへの挑戦は可能だ。

     まだストーリーをクリアできていない人は、ぜひストーリーを進め、「最強のリザードン」に挑戦してみてはいかがだろうか。
    (文=にしなののか)

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』より
    (出典 news.nicovideo.jp)


    Switch用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター スカーレット』と『ポケットモンスター バイオレット』の総称。ポケットモンスターシリーズ完全新作の9作目。公式の略称は「ポケモンSV」。 2022年2月27日に『Pokémon Presents 2022.2…
    37キロバイト (5,155 語) - 2022年12月5日 (月) 10:04


    (筆者コメント)
    初代御三家の1匹で、最高のキャラデザとも言われ未だに人気なリザードン。

    ポケモンSVで行われている星7レイド「さいきょうリザードン」はTwitterなどでトレンド入りするほど話題になっているイベントです。

    レベル100の敵ということもあり、多くのユーザーを苦戦させてきました。

    ほとんどの人がオンラインで協力してゲットするのですが「1人でゲットすることは可能なのか?」という疑問からのチャレンジです。

    結果、私のようなボッチもちゃんと捕まえられるということが分かりました。

    めでたしめでたし・・・ww


    おすすめ記事↓
    【ポケモンSV】バグ修正のアップデート配信!上半身グルグルするトレーナーとか武空術つかう主人公がもう見れないのか・・・(涙)


    【ポケモンSV】人気がネモに傾いてたけど、やっぱナンジャモよな!でも保健の先生も良いよなぁ



    【ポケモンSV『最強リザードン』は1人で挑んでもゲットできるのか?いざ挑戦!!!!!!!!!】の続きを読む



    「ポケモンゲームに声つけろ!」賛成・反対の意見が真っ二つに分かれる!


    ポケットモンスター(Pocket Monsters)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称。また、同作品に登場する架空の生物の総称、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称は「ポケモン(Pokémon)」。 ポケットモン
    77キロバイト (9,567 語) - 2022年11月24日 (木) 09:50
    (筆者コメント)
    実は私もずっと思っていたことです。
    あの電子音も好きなのでポケモンの声だけは音にしてムービーは声を入れて欲しかったですね。
    オープンワールド化もされ、まだこれからポケモンもゲームとして進化していくでしょうから、試しに1作だけでも声を付けてみても良いかも知れませんね。


    おすすめ記事↓
    【ポケモンSV】人気がネモに傾いてたけど、やっぱナンジャモよな!でも保健の先生も良いよなぁ


    【ポケモンSV】星6レイド『ドオー』の倒し方はこれでドォ~う? 



    スレはここから↓
    1 風吹けば名無し :2022/12/05(月) 21:34:51.46 ID:3KZuN47A0.net
    ポケモンを深夜アニメと一緒にすんな

    【「ポケモンゲームに声つけろ!」賛成・反対の意見が真っ二つに分かれる!】の続きを読む



    少年ジャンプ編集部、漫画家のメッセージを間違って掲載してしまうが正解メッセージが「コイルの質感が超良いし・・・」ナニコレ?


    週刊少年ジャンプで『PPPPPP』を連載中の人気漫画家・マポロ3号先生の奥付のメッセージに誤りがあった。週刊少年ジャンプ編集部は公式twitterにて「お詫びと訂正」を掲載。読者に正しいマポロ3号先生の奥付メッセージを伝えた。

    誤って肥田野健太郎先生の奥付メッセージ掲載

    編集部によると、マポロ3号先生のメッセージを掲載するはずが、誤って肥田野健太郎先生のメッセージを載せてしまったという。

    あまりにも予想外な内容

    本来ならば「そうだったんだ」で終わりそうな話だが、正しいマポロ3号先生の奥付のメッセージが「あまりにも予想外な内容」だったため、多くの人たちが衝撃を受けている。

    <正しいマポロ3号先生の奥付のメッセージ>

    「コイルの質感が超良いしデカヌチャン超カワイイしレアコイルの質感超良い~~<3号>」


    内容が内容だけに、ある意味「恥ずかしい仕打ち」といえるかもしれない……。

    意図的に間違えたとしたら編集部は天才か?

    本来ならば、「お詫びと訂正」は編集部にとってネガティブともいえる展開。しかしながら、この「お詫びと訂正」を読んだ多くの人たちはむしろ歓喜しており、楽しんでいるように感じられる。「意図的に間違えたとしたら編集部は天才か?」と思えるほどのポジティブな反応だ。

    マポロ3号と漫画『PPPPPP』に注目だ

    今回の奥付メッセージの間違いによって、むしろマポロ3号先生や作品を知るきっかけになった人もいるのではないだろうか。今後もマポロ3号と漫画『PPPPPP』に注目していきたい。


    (執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

    週刊少年ジャンプ漫画家がミスで恥ずかしい仕打ちを受ける


    (出典 news.nicovideo.jp)

    PPPPPP』(ピピピピピピ)は、マポロ3号による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2021年42号より連載中。同誌の2021年2号に読み切り掲載された漫画『ダダダダーン』を前日譚としており、一部の登場人物が共通して登場している。 2022年8月、「次にくるマンガ大賞2022」コミ…
    19キロバイト (2,993 語) - 2022年11月28日 (月) 14:24


    (筆者コメント)
    正解の方が間違いなんじゃないかというようなメッセージでしたね。

    記事内容の「コイルの質感」というのはポケモン スカーレット・バイオレットに登場するコイルというポケモンが過去作ではツヤのないグレーだったのですが、最新作のゲームではピッカピカに反射したメタリックシルバーに変わっていたんです。

    確かに質感は良くなってましたww


    おすすめ記事↓
    【ポケモンSV】バグ修正のアップデート配信!上半身グルグルするトレーナーとか武空術つかう主人公がもう見れないのか・・・(涙)


    アニメ『ポケモン』サトシ続投!パルデアでは学校行くのか?考えたらサトシって旅ばっかりで学校行ってねぇなwwwwww



    <このニュースへのネットの反応>

    【少年ジャンプ編集部、漫画家のメッセージを間違って掲載してしまうが正解メッセージが「コイルの質感が超良いし・・・」ナニコレ?】の続きを読む

    このページのトップヘ